ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

現地の空港で戸惑わないために

海外旅行に出かけた際に必ず発生する国外の空港での手続き。
帰国する場合や、次の国に移動する場合など、避けて通ることはできません。
海外の空港での出国手続きも基本的には日本と同じ。
チェックインや手荷物検査など出国するために必要な手続きを行います。
以下のチェックポイントを覚えておけば、むやみに呼び止められることもなく安心です。

日本帰国の際は異国の空港で手続きをします。
基本的に日本の空港での出国手続きと同じ流れです。

日本の空港と同じ!手続きの流れ

<手荷物検査の注意点>

  • 液体類の機内持ち込みは制限されています。
  • それぞれ100mℓ以下の容器に入れ、すべて足して1ℓ(1,000mℓ)以下で、縦横の辺の合計が40cm 以内の透明なプラスチック袋に入れて、手荷物検査を受けなくてはなりません。
    このためペットボトル飲料を持ち込むことはできません。

  • パソコンは荷物から取り出し、トレーに出しましょう。
  • ジャケットなどの上着は脱いでトレーに出しましょう。
  • 危険物(刃物類・先のとがったもの・バット類)は持ち込みNG。
  • 花火やクラッカーなどの火薬類、オイルライター用の燃料などの引火性液体、殺虫剤などのスプレー缶をはじめとする高圧ガスなどは持ち込みだけでなく、預け入れもNG。
  • ボディチェックを受ける際は、携帯電話やお財布などは服から出してトレーに出しましょう。

▼こちらもチェック
知っておきたい!空港で荷物を預けるときの注意点まとめ
空港で困らない!預け入れ荷物の重さ制限ルール
制限に注意!空港の手荷物検査をスムーズに通過する方法

セキュリティ・チェックが終わったら出国審査に

パスポートと搭乗券を提示し、スタンプをもらったら出国手続き完了です。国によっては出国カードの記入が必要になります。
出国審査を終えたら、搭乗時刻までは自由時間です。
空港内の免税店やカフェなどで時間を調整しましょう。
搭乗時刻が近づいたら早めに搭乗ゲートに、トイレも済ませておきましょう。

▼こちらもチェック
出国・入国審査時に使える、基本的な英語表現まとめ
入国審査のときの答え方・知っておくと便利な英語の表現まとめ
いよいよ海外!意外と時間がかかる入国手続き
空港乗り継ぎのときに注意すべきポイント
日本に戻って入国審査

SNSでフォローする