ビザ・パスポートの準備から携帯・スマホ・wifi事情まで-出国から帰国まで旅行のギモンを解決!

買う前に待った!スーツケースの選び方

海外旅行の行き先が決まったら、いよいよ荷造りに。
ただ旅行準備に「海外旅行=大きなスーツケース」と思い込んで購入してしまう前に、旅のスタイルや日程をふまえて、どんなスーツケースがよいのか考えてから選びましょう。
大まかに選択肢は3つ。

スーツケースキャリーケース バックパック

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。自分の旅行にとってどれがよさそうか検討してみてください。

スーツケース

メリット

収容力があるので多くの荷物を持っていける
収容力があるので現地でショッピングしたものをたくさん入れられる
丈夫で壊れにくい

デメリット

大きいため現地での移動に不便
大きなものは機内に預けなくてはならない

こんな旅行向け!

  • パッケージツアー旅行
  • 長期旅行
  • 現地での移動が少ない1都市滞在型の旅行

キャリーケース

メリット

収容力もそこそこあり、かつ移動時にもそんなに不便ではない
小さなものなら機内に持ち込める

デメリット

現地での移動時にはやや不便
収容力はそれほどない

こんな旅行向け!

  • それほど現地での移動は多くない旅行
  • 短期旅行

バックパック

メリット

背負えるので現地での移動に便利
両手が空くので荷物を持ちながらいろいろなことができる

デメリット

自分で持たなくてはならないので重い
壊れものなどの荷物の管理に注意が必要

こんな旅行向け!

  • 移動が多い個人旅行
  • 荷物が少ない旅行者

どんな旅行をするのかを考えた上で、スーツケース/キャリーケース/バックパックのどれがよいか選びましょう。
海外旅行に頻繁に行く予定がない人は、購入にこだわらず、知人から借りたり、レンタルで利用する手段もあります。

豆知識

自分の荷物には目印を!
荷物を飛行機に預けた場合、空港のターンテーブルから荷物が出てきます。
その際、似たような形や色のスーツケースが多いため、自分の荷物がどれかわかりにくいことがあります。
時には、他の人が間違って持っていってしまう場合も!
自分の荷物にひと目見てわかるよう、ステッカーを貼ったり、目立つ色にするなど、工夫しておくと便利です。

豆知識

アメリカ旅行の際はTSAロックを!
アメリカ旅行の場合、テロ対策のため飛行機に預ける荷物の施錠が禁止になっています。
鍵をかけると壊されて荷物の中身を検査される可能性がありますが、鍵をかけないでいると荷物の中身がなくなってしまう心配もあります。
そこで登場したのがTSAロック。アメリカ運輸保安局(TSA)が許可したロック機能で、TSAロック付のスーツケースなら鍵を掛けたまま預けることができます。
ハワイやグアムアメリカ本土など、アメリカに行く方はTSAロックのついたものがよいでしょう。

SNSでフォローする