日本の世界遺産を巡ろう

琉球王国のグスク及び関連遺産群

一覧に戻る

登録
2000年
登録区分
世界文化遺産
アクセス
首里城跡:那覇空港からゆいレールで27分、首里駅下車、徒歩約15分
今帰仁城跡:那覇空港から車で約1時間50分

沖縄本島のおもに南部を中心としたエリアに点在する今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽の9件が登録範囲となっており、日本の世界遺産として11番目に登録されました。

世界遺産登録された主な理由

  • 資産を形作る数々の記念工作物や遺産は、中国やアジア諸国との文化や経済、政治の交流のプロセスで成り立ち、琉球独自に作り出されたものであり、日本では類を見ない特異性を持つ事例群である点。
  • グスク跡は、農村基盤の豪族が築いた考古学的にも非常に大切な事例群であり、現在でも崇められる存在であるという点。
  • 土木や建築、造園に対して高度な技術を持っていたことが分かる点。
  • 数多くあるグスクの中では、信仰の対象になっているものも多く、現在でも祭祀が行われているという点。

グスクとは、 古琉球(ぐすく)時代の遺跡のことで、一般的には城を指すものとされています。首里城の守礼門は二千円札の絵画としても有名です。

地図から探す

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 静岡
  • 三重
  • 愛知
  • 岐阜
  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山
  • 岡山
  • 広島
  • 島根
  • 鳥取
  • 山口
  • 香川
  • 徳島
  • 愛媛
  • 高知
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄
  • 条件から探す条件から探す
  • 今夜の宿を探す今夜の宿を探す

日本全国の都市を毎日運行!高速バス ついに誕生! スマホサイトで好評販売中

ページトップへ