海外航空券/格安航空券TOP > 

仕事が忙しいあなただからこそできる旅がある

仕事が忙しいあなたあなただからこそできる旅がある vol.3 1週間で行ける!?プチ秘境の旅

海外旅行が大好きなあなたに体験して欲しい! 定番ではないプチ秘境の旅

定番の海外旅行は楽しんだ。もっともっと魅力的なところへ行きたい!
そんな思いをもっている方におすすめなのが『プチ秘境の旅』。

『プチ秘境』について、吉田友和氏はこう語ります。
「「秘境」というほど大げさではないが、それなりにこだわりが感じられ、「遠くへ来たなぁ」と実感できるような旅先。
それが「プチ秘境」。

1週間程度あれば、脱定番の旅は実現可能。
さあ、あなたも吉田氏の新刊「めざせプチ秘境!(角川書店)」を手に
『プチ秘境』の旅へ、でかけてみませんか?

トップへ戻る

吉田さんにイチオシを教えてもらいました。 オススメのプチ秘境は?

オススメプチ秘境 パナマ サンブラス諸島

澄み切ったビーチと素朴な街の風景

『プチ秘境』の旅、吉田氏のオススメ第一弾は、パナマ・サンブラス諸島。
サンブラス諸島は、350島からなる、カリブ海の島々です。
パナマの首都パナマシティからは、20分程度のフライトでアクセス可能。
知る人ぞ知るリゾート地です。

特徴的なのは、ビーチを囲む風景。
ハワイのようなショッピングモールや、カンクンのような高級ホテル街はありません。
眼前に広がるのは、素朴な楽園です。
澄み切ったカリブ海のビーチを臨み、都会の喧騒を忘れ、ゆったりとした時間をすごすことができます。

サンブラス諸島において、観光客が宿泊できるホテルはたいていエコノミーレベルのホテルとのこと。
決して高級リゾートではないけれど、だからこそとても落ち着く・・・
そんな空間を吉田さんは満喫されたそう。
『とろけるような幸せな時間だった。なにもない島の暮らしに異文化への好奇心を満たされ、加えてカリブの美しい海に心癒やされる。サンブラス諸島の旅は、一粒で二度美味しい』 (※『めざせプチ秘境!(角川書店)』より引用)

サンブラス諸島には、クナ族という先住民族の方々が住んでいます。
クナ族の民族衣装の特徴は、ぱっと目をひく、彩度が高いカラフルな色で織られた布。
まるでアンデス地方のの山岳民族の衣装のよう。
南米カリブ島で出会った、不思議な文化のつながりでした。

「定番のビーチリゾートを満喫した方には、ぜひ訪れててほしい。
ビーチ好きのあなたへオススメな、サンブラス諸島でした。

PHOTO DATA

  1. @サンブラス諸島のビーチ
  2. Aクナ族の女性たちと、カラフルな布
  3. Bカラフルな柄×カラフルな柄がおしゃれのポイント
  4. C住居近くで遊ぶ無邪気な子どもたち

パナマへのフライト

【パナマシティ】

日本から経由便(乗換時間含む)で約21時間〜。
トキュメン国際空港へ。

トップへ戻る

オススメプチ秘境 その他 スリランカ/マダガスカル

こんなところまで一週間で行けちゃうの!?

他にも、新刊『目指せ!プチ秘境』では、
吉田氏イチオシの、一週間程度でいける
定番じゃない場所を紹介しています。

《 スリランカ 》

お隣の大国インドと近い印象をもちがちなスリランカ。しかし、旅をするとインドとの違いがはっきりわかるそう!

『インドへ行くと、あらゆる混沌が襲ってくる秩序のない雰囲気にいつも圧倒される。(中略) しかしスリランカは違った。大都会コロンボはそれなりに喧騒も感じられるが、ほかの街は牧歌的と形容してもよいほど、実に平和でのどかな光景が広がる。』

『「ハロー!フォト!」子どもたちが集まってきて、写真を撮ってくれとせがまれた。急に自分が人気者になった気分である。撮り終わると「マネー!」などと言うこともなく、またダッシュでどこかへ行ってしまった。』(※『めざせプチ秘境!(角川書店)』より引用)

人との距離感が日本の感覚と大きくずれてなくて、ゆるい感じがオススメだそう。

《 マダガスカル 》

30代になって、植物を育てることが趣味になったという吉田氏。
旅するにあたり「どんな植物が見られるか」が一つの基準になっているほどです。

『マダガスカルなんて世界の果てのイメージがあったが、いざ来てみると、案外アッサリ到着した感じなのだ。
タイのバンコクから直行便があり、九時間弱。近くはないが、決して行きにくい場所ではない』

そして、実際にバオバブの木や動物を期待して見ていったけれども、
実は一番おもしろかったのは首都アンタナナリボ(以降タナと表記)だったそう。
元フランス領だったこともあり、どこかヨーロッパの古都を思わせるタナの町並み。
そして市場めぐりをする中で出会った植木市!

『念願のバオバブをこの目で見て、さらにはアフリカらしい原風景が広がる植木市を堪能する。
植物好きにはたまらないプチ秘境の旅となった。』(※『めざせプチ秘境!(角川書店)』より引用)
ガイドブックには載ってないオススメスポットの植木市!マダガスカル旅行の際に皆様も訪れてみてはいかがでしょう。

たとえ毎日忙しく働いたり、勉強をしていたとしても、
少し勇気をだして、足をのばせば、
定番ではない様々な国へ旅することができます。
まだ見ぬ美しい風景に、出会うことができます。

海外旅行が大好きだけど、なかなか出かけられない私たちへ、
吉田友和氏はその著作で「週末海外」「プチ秘境の旅」という
実現可能な方法を教えてくれます。

同時に、スマホやデジタルツールの活用を通じて、新しい旅の楽しみ方ができることも、伝えてくれます。

吉田友和氏の著作を読んだDeNAトラベル編集部のスタッフや、この記事を書いている編集部員の友人も
口をそろえてこう言います。

「自分でも旅行にいけるんだって思って、旅の準備をしたくなる!」

ぜひ、あなたも、吉田氏の著作を手に取り、忙しい日々の時間をぬって、旅にでかけませんか?
仕事が忙しいあなただからこそ、できる旅がある。
私たちDeNAトラベル編集部は、そう強く、信じています。

PHOTO DATA

  1. @スリランカ 街で出会った人々
  2. Aマダガスカルの市場

スリランカ/マダガスカルへのフライト

【スリランカ】

日本から経由便(乗換時間含む)で14時間〜。
コロンボ国際空港へ。

【マダガスカル】

日本から経由便(乗換時間含む)で17時間〜。
バンコク〜アンタナナリボを飛んでいるマダガスカル航空を利用するルートが一般的。

トップへ戻る

新刊情報 思ったより簡単に行けちゃう「秘境」への旅ガイド 『プチ秘境の旅』 角川書店・刊 単行本

雑誌「野性時代」で連載された旅エッセイの書籍化。
定番ではないこだわりの旅先の魅力を紹介。
イスラエル、パナマ、マダガスカル、モロッコなど、計10の地域の旅行記とマニアックな旅先であっても自由自在に旅する心得を1冊に。

定番じゃない、いっぷう変わった海外旅行をしたい方へ全力でオススメします!

トップへ戻る

DeNAトラベル編集部オススメ♪ 吉田友和氏の著作はこちら

  • 3万5000円で7カ国を巡った旅行記!格安旅行にLCCを活用したい方へオススメです!

  • バンコク、インド、ブータン、そして東京を舞台にした長編旅行記!

  • 吉田氏の奥様、松岡絵里氏の著作。吉田氏は写真担当!困ってなくても神だのみ!

  • 香港&マカオをディープに味わいたい方へ!眠らない町・香港&マカオの楽しみ方を徹底解説

  • 言葉ができなくても、スマホがあれば大丈夫!SIMフリースマホの活用等、スマホを持って旅したくなる技満載

  • 12日間で世界一周という衝撃の旅行記!シルバーウィーク+夏休みの12日間でここまでできるんです

  • 吉田氏の奥様、松岡絵里氏との共著。世界51ヶ国の楽しみ方を、フルカラーであなたへお届け♪

  • 忙しいサラリーマンが海外旅行へ行くためのザ・教科書。これを読んだら海外へ行きたくなる!

  • 世界遺産よりおもしろいかも?!吉田氏の奥様、松岡絵里氏の著作で、吉田氏は写真を担当されています

  • 一人で海外って不安・・・そんな方へ。本書は最初の一歩をふみだす勇気を与えてくれます

トップへ戻る

旅に出よう! Let's Search!

  • 出発地

  • 出発日

    カレンダー
  • 現地出発地

    カレンダー
  • 帰国到着地

  • 大人(12歳以上)
  • 子供(12歳未満)

※幼児・子供も予約が必要です。

  • もくじ
  • プチ秘境の旅
  • プチ秘境の旅オススメ パナマ
  • プチ秘境の旅オススメ その他
  • 新刊のお知らせ
  • 応募しよう!