海外航空券/格安航空券TOP > 

世界のイベント > 

上海国際映画祭を見に上海へ行こう

世界のイベント vol.01 毎年6月に開催! 中国最大の都市上海で楽しむ、上海国際映画祭 中国・上海

上海国際映画祭は、中国の上海市で毎年6月に開催される映画祭です。
上海は国際都市らしい新しい高層ビル群と、かつて租界が置かれたノスタルジックな街並みに当時の面影の両方が感じられる都市です。映画とはかかわりが深く、中国で初めて映画が上映された都市でもあります。

2015年は、6.13(土)〜21(日)開催!FIAPF公認、最も新しい主要長編映画祭

2014年度に上海国際映画祭が開催された、上海グランドシアター(上海大劇院)です。

ここに注目①国際映画製作者連盟公認の長編映画祭

中国の映画史と関係深い上海で、開催されている上海国際映画祭。1993年に第1回が開かれ、2015年には第18回を迎えます。開始当初は隔年開催でしたが、2002年の第6回より毎年開催に変更となりました。
開始当初は国家広播電影電視総局と上海市の主催で行われていましたが、1994年よりFIAPF(本部がパリにある世界各国の映画製作者の権利を代表する唯一の組織、国際映画製作者連盟、英語:International Federation of Film Producers Associations)公認となり、長編作品のみ取り扱う長編映画祭 (Competitive feature film festival) となりました。

上海行き航空券を見る

上海ツアーを見る

ここに注目②中国で初めて映画が上映された上海

中国に映画が持ち込まれたのは1896年、上海で上映されたバラエティ映画が初めてでした。初期の中国映画は上海を中心に発展し映画会社などがいくつも設立されました。古くから海外との交流が盛んだった上海の街はラマや歴史が多く、これらをテーマに上海を舞台にした映画も数多く作られており上海は映画の街としても有名です。
上海は活気があり、近年もっとも変貌を遂げた国際都市のひとつ。また近代的な建造物群と、未だ残っているレトロでノスタルジックな雰囲気が共に味わえる非常に魅力的な街です。そんなフォトジェニックな上海で中国映画が発展し、また映画のロケや国際映画祭が行われているのは非常に趣深いところです。

上海行き航空券を見る

上海ツアーを見る

上海行き航空券・上海ツアーを探す

ゴールデンゴブレット(金爵奨)をはじめとする複数部門の賞

上海のおすすめ観光地

PICK UP !上海蟹 - 一度は食べてみたい上海の高級グルメ

上海蟹(上海ガニ)は上海を代表する料理のひとつで、一般的にタコ糸で縛り上げた蟹をセイロで蒸す蒸蟹が有名です。正式名称はイワガニ科のチュウゴクモクズガニで、10月は雌、11月は雄の旬とされます。最も有名な産地は蘇州にある陽澄湖で、その上海ガニが一番おいしいといわれています。繁殖時期の蟹味噌はグレーではなく黄色なのが特徴。蒸して鮮やかな赤色になった蟹を割って、熱いまま刻んだ生姜と黒酢を付けて頂きましょう。価格は1パイなら150元以上を覚悟した方がよいかもしれません。コースを扱っている店舗もあるので、予算にあったお店を選びましょう。また、上海蟹と呼ぶのは日本だけで現地の方は大閘蟹(ダージャーシエ)と呼びます。

※2015年3月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

世界のイベントをもっとみる 世界のイベントをもっとみる