海外航空券/格安航空券TOP > 

世界のイベント > 

ジロ・デ・イタリアを見にイタリアへ行こう

世界のイベント vol.3 毎年5月開催! ジロ・デ・イタリアを追いかけよう! ジロ・デ・イタリアは1909年から始まった、イタリア全土を駆け抜ける自転車レース。
世界3大自転車レースの中でもシーズンの最初に行われるジロ・デ・イタリアは、今期の選手成績やチーム動向など今後を占う非常に大事なレースだと考えられています。
山岳の斜面に細くうねるように続く険しい坂を舞台とするレースでは、登りでの肩が並ぶような熾烈な争いや、下りでの猛スピードの駆け引きが見どころのひとつです。

至近距離で駆け引きが繰り広げられるイタリア全土を走りぬけるジロ・デ・イタリア

ここに注目①自転車レースとイタリア各地の風景を同時に楽しむ

「グランツール」と呼ばれる世界3大自転車レースのうち、シーズン頭の5月に行われるのがこのジロ・デ・イタリア。
この後に7月のツール・ド・フランス(フランス開催)、8月のプエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン開催)が続きます。
2015年のジロ・デ・イタリアは5月9日から31日までの22日間開催され、途中2度挟まれる「休息日」以外の20日を掛けて3481.8kmを走ります。
他のグランツールはバカンスシーズンに開催されることに対し、ジロ・デ・イタリアはまだバカンス前の5月に行われるため、観戦客も比較的地元の人々が多いのもちょっとユニークなポイントです。

ミラノ、ローマ行き航空券を見る

ここに注目②緑の山々に映えるカラフルなジャージ

日々のレースには数種類の賞があり、それぞれの固有の色のジャージが用意されています。
まずは最小時間で各レースを走り抜けた選手に贈られる「個人総合時間賞」、ジャージの色はピンクの「マリア・ローザ」です。これは当日の走行時間だけではなく、前日までの累計によって決定されるため、最終日のゴール時にマリア・ローザの着用権利がある選手が総合優勝者となります。
勝者のみが着用できるものの、これによってかかるプレッシャーや他チームからのマークもまた一層厳しいもの。途中まで維持したジャージを最終日前に手放すことも珍しくありません。

他には中間ポイントの通過順位が1位の選手に与えられる真っ赤なジャージ「マリア・ロッソ・パッショーネ」、険しい山岳部の難易度毎に設定されたポイントの加算で1位になった選手に与えられる山岳賞の青いジャージ「マリア・アッズーラ」、また新人賞にあたる白いジャージ「マリア・ビアンカ」などがあります。

ミラノ、ローマ行き航空券を見る

イタリア行き航空券・ツアーを探す

ジロ・デ・イタリアを彩るルート周辺の風景

旅におすすめのジロ・デ・イタリア観戦エリア

食彩の国イタリアで食べておきたいローカルメニュー

観戦エリアを目指そう!イタリアの玄関、フィウミチーノ空港から各地へ

アドリア海側や南部へ行くなら鉄道を利用して各地へ向かうルートを。空港からローマ中心のテルミニ駅までは電車で1本。テルミニ駅からアドリア付近のリミニの街までは最短約3時間半で到着できます。 北部へ向かう場合はミラノ着の航空便を利用する方法と、フィウミチーノ空港から国内線に乗り換えて各地へ向かう方法があります。国内線でトリノ(カゼッレ空港)へ向かう場合、国際線のゲートからかなり距離があるので時間の余裕を持ったフライトプランでお出かけ下さい。

※2015年3月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

世界のイベントをもっとみる 世界のイベントをもっとみる