海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  アジア旅行  >  インド  >  コルカタ(カルカッタ)格安旅行の特価セール!

コルカタ(カルカッタ)旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。コルカタ(カルカッタ)の観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

コルカタ(カルカッタ) 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

コルカタ(カルカッタ)行きの旅行を探す

東京発
大阪発
名古屋発
福岡発

コルカタ(カルカッタ)の観光情報

見どころ

ヴィクトリア記念堂

白い大理石で建てられたヴィクトリア記念堂は、西欧の宮殿を思わせてくれます。コルカタは20世紀前半までイギリスの領土となっており、街中にはその面影のある建物が少なくありません。ヴィクトリア記念堂も1921年、イギリスのヴィクトリア女王を記念して建てられたので、建物から西欧の雰囲気を感じさせます。

ヴィクトリア記念堂の建物の中は、博物館として使用されており、インド各地の美術品、ヴィクトリア朝時代の絵画などの観賞が可能です。また建物のまわりには、緑の芝と木が立ち並ぶきれいな公園が整備されています。静かな雰囲気なので、落ち着いた気分で過ごすインドの人も多いです。

インド博物館

インド国内でも最古の博物館として知られているのがインド博物館です。緑の芝が整備されている庭園のまわりをコロニアル風の建物が取り囲む外観が特徴的だと言えます。白い王宮のような建物は、中世の西欧を思わせ、イギリスの領土時代の名残を感じさせてくれるでしょう。

博物館内には、ガンダーラ美術などのインドの美術品が多数展示されています。館内もきれいに整備されているので、より美しく感じられることが多いです。1階には、人類の歴史に関する写真、パノラマが展示されています。2階には、昆虫や恐竜などの化石や絵画を観賞することが可能です。

世界遺産・自然遺産

スンダルバンス国立公園

西ベンガル州南部にあるスンダルバンス国立公園は、世界最大規模を誇るデルタ地帯の中にあります。1984年に国が国立公園に指定し、その3年後の1987年、世界遺産へ登録されました。コルカタからは南東方面へ向かって、約60キロメートルのところに位置しています。

公園内はマングローブの密林地帯となっていて、サイクロンによる暴風雨の被害を防ぐ役割を果たしているのです。また多種の海洋生物が公園内で過ごしています。水生の哺乳類であるガンジスガワイルカやニタリクジラを始め、ベンガルヤマネコやヒョウなどの陸生の哺乳類などその種類は豊富です。

グルメ情報

コルカタ(カルカッタ)のグルメ情報

魚介、米、カレーなどを中心としたベンガル料理を始め、国外の食事も楽しめるのが、コルカタグルメの特徴です。コルカタの繁華街であるパーク・ストリートでは、高級レストランが多く、豪華なベンガル料理を楽しめます。カジュアルなカフェもあるので、気軽にコーヒーを飲みながらくつろいでいる人も少なくありません。

これに対して、サダル・ストリートでは屋台や一般のレストランが多く、インド風の焼きそばなどを食べられます。また、中国人が多く住んでいることから、中華料理店も目立ちます。そのため、ラーメンや餃子を味わうことも可能です。

ショッピング情報

コルカタ(カルカッタ)のショッピング情報

コルカタの中心街では、特産物であるカンタという布を、お土産として購入するのに最適です。その他、良質なアクセサリーや手工芸品なども、低価格で手に入れられるでしょう。ダージリン地方やアッサム地方へ足を運ぶと、特産品であるお茶を購入できます。

特に上質で知られるダージリンティーの値段が安いのが特徴です。コルカタから南方面にあるシャダフプールは、庶民的な値段で日常品を購入できるショッピングモールがある場所として有名です。シャダフプールから北側へ移動すると高級志向のショッピングモールがあるので、ブランド品をお土産として購入できます。

ホテル情報

コルカタ(カルカッタ)のホテル情報

コルカタの中心街にあるホテルでは、1泊1万円前後の料金で宿泊できるのが一般的です。日本のビジネスホテルより、割高になりますが、屋外プールやフィットネスジムなど施設が充実しているので、費用対効果はよいと言えるでしょう。

コルカタから南部のシャダフプールやバガジャティン付近には、格安ホテルが目立ちます。1泊2,000円台で宿泊できるところも少なくありません。コルカタから南西方面にあるファルタにあるホテル料金も安いのが特徴です。ただフーグリ川付近にあるホテルは高級クラスが多く、1泊2万円以上するところもあります。

コルカタ(カルカッタ)の旅行特集を探す

コルカタ(カルカッタ)の基本情報

西ベンガル州の州都であるコルカタは、インドの北東部にあります。バングラデシュの国境が近く、デリー、ムンバイとともにインドの大都市として有名です。コルカタ付近には、フーグリ川が流れており、街はその自然堤防上にあります。コルカタの東側は湿地帯に囲まれており、7月から9月の時期は、湿度が80パーセント以上になるのが特徴です。

都市名 コルカタ(カルカッタ)
言語 公用語:ヒンディー語 その他、憲法公認で州の言語が21存在する
観光時には英語も使用可
通貨 ルピー、パイサー
時差 マイナス3時間30分
飛行時間 直行便で8時間35分〜
主なルート 飛行機で乗継便でネタジ・スバス・チャンドラ・ボース国際空港へ
最寄りの空港 ネタジ・スバス・チャンドラ・ボース国際空港
主要な駅 ハウラー駅、シアルダー駅

コルカタ(カルカッタ)の交通事情

コルカタ(カルカッタ)の交通事情

鉄道、地下鉄

コルカタではデリーやチェンナイ方面へ走行する長距離鉄道やニュージャルパイグリ行きの近郊鉄道があります。また、1984年に地下鉄のMetroがインドで初めて開通しました。

バス

コルカタの街内を走行するバスの他に、バングラディッシュのダッカまで国際バスが走行しています。

タクシー

街内の他、空港まで走行しており、メーター制が基本ですが、運転手との事前交渉で決まることも少なくありません。

チャトラパティ・シヴァージー国際空港から市内までのアクセス

地下鉄

空港の国内ターミナル付近の駅から鉄道を利用し、ドムドム 駅で地下鉄のMetroへ乗り換えるのが一般的。

バス

空港の国内ターミナルの前からエスプラネード(Esplande)行きの市バスを利用してアクセスします。

タクシー

一般タクシーを利用するのは難しく、プリペイドタクシーを利用するのが通常です。空港からの利用もできますが、ドムドム駅まで鉄道を利用し、そこからタクシーを利用する方法もあります。

インドの主要都市を探す

インドの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ