カナダ旅行

【カナダ旅行の服装】目的地別! 最適コーディネート

カナダへの旅行が決まったら、服装を事前に決めることも大切な旅の準備です。東西南北に伸びる広大な国土を有するカナダは、地域によって気候や気温が大きく変わります。目的地の気温や気候の特徴にあった服装を選ぶことで快適に過ごすことができます。

カナダ旅行の服装と気候

旅行に最適な服装を選ぼう

カナダは年間を通して寒いイメージがあるかも知れませんが、バンクーバーなど冬でもめったに雪が降らないエリアもあります。国土が広いため、地域は太平洋沿岸周辺、平原地帯、太平洋沿岸、カナディアン・ロッキーに分かれ、それぞれ異なる気候をもちます。

太平洋沿岸周辺は年間通して穏やかで過ごしやすく、平原地帯や大西洋沿岸は夏と冬の寒暖差が非常にあります。カナディアン・ロッキーは年間通して気温は低く、5カ月にわたり平均気温が氷点下を下回る長い冬が特徴です。

太平洋沿岸周辺(バンクーバー、ビクトリアなど)

バンクーバーはカナダで最も温暖で過ごしやすい

バンクーバーやビクトリアを主な都市とする太平洋沿岸では、春の平均気温6~13度と、同時期の東京より暖かい日もあります。夏は日中が約20度と過ごしやすいものの日差しが強く、早朝や夜間は冷え込むことも。

秋は平均気温が6~15度で涼しく過ごしやすい気候です。冬の平均気温は3~5度で、雪はほとんど降りません。

夏の旅行でも羽織物は忘れずに

バンクーバー訪問の際は、春は長袖とジャケット、夏は半袖と羽織もの、秋は長袖と厚手の上着がおすすめです。冬は雨量が多いため、日本の冬同様の防寒対策を行いつつ、折り畳み式の傘やレインコートを準備しましょう。

平原地帯(トロント、ナイアガラなど)

平原地帯は、夏は他の都市より暑く、冬は氷点下になるのが特徴

トロントやナイアガラ、ウィニペグを主な都市とする平原地帯は、3月の平均気温が1度ほどで、春から初夏の5月頃にかけて20度近くまで上がり、夏はトロントで最高26度ほどになります。

秋の平均気温は5~17度で、冬は、北部では降雪量が多く、南部では少ない傾向にあり、どちらも気温は氷点下まで落ち込みます。

着回しの聞くパーカーは旅行のマストアイテム

トロントやナイアガラ、ウィニペグに行くときは、春はニットとコートやジャケット、夏は半袖・長袖と羽織もの、秋は長袖と厚手の上着がおすすめです。

冬は雨量が多いため、日本の冬同様の防寒対策を行いつつ、折り畳み式の傘やレインコートを準備しましょう。冬は厚手のニットとダウンコートに加え、マフラーや手袋、帽子などの防寒対策も忘れずに。

東部、大西洋沿岸(モントリオール、シャーロットタウンなど)

カナダ東部の都市・モントリオール

モントリオールやシャーロットタウンを主な都市とする大西洋沿岸は、春の平均気温6~13度、夏の平均気温は26度と年間を通し過ごしやすい気候です。

夏と秋は朝晩の寒暖差が大きい傾向にありますが、冬は氷点下の日が続くものの、海流の影響を受け内陸部より気温は高めです。

冬の旅行では、手袋やマフラーなど防寒対策をしっかりと!

モントリオールやシャーロットタウンに旅行の際は、春は長袖とコート、夏は半袖・長袖と羽織もの、秋は長袖と厚手の上着が服装の目安です。

冬はニットと厚手のコートのほかに、手袋や帽子、マフラーなどの防寒具も準備しましょう。

カナディアン・ロッキー(バンフ、レイク・ルイーズ、ジャスパーなど)

カナディアン・ロッキーの夏は短い

バンフやレイク・ルイーズ、ジャスパーを主な都市とするカナディアン・ロッキーは、冬が長く、年間通して低い気温の地域です。5月上旬まで雪が降り、平均気温が最も高い7月の日中でも20度を上回ることはあまりありません。

夏季も朝晩は冷え込み、10月に入ると平均気温が5度まで下がり、11~3月までは氷点下が続きます。

冬のカナディアン・ロッキーは完全防寒が必要

カナディアン・ロッキーに行くときは、5月~10月は長袖と厚手の上着、11月~3月はニットと長袖、厚手のダウンコートに加え、マフラーや帽子、手袋の防寒グッズの持参が必須となります。

あると便利なグッズ

サングラスや帽子は必ず持参しよう

太平洋や大西洋沿岸、平原地帯では夏季は日差しが強いため、日焼け止めや帽子、サングラスがあると役立ちます。平原地帯や大西洋沿岸の冬は氷点下が続くため、手袋やマフラー、帽子、携帯用カイロ、マスクなどの防寒具を持参しましょう。

太平洋沿岸の冬はその他地域より気温は高めですが、降水量が高いため、折り畳み傘や防水用ウインドブレーカーがあると便利です。

防寒対策をカンペキにして、冬のカナダを満喫!

カナディアン・ロッキーの場合、冬季は本格的な冬服と防寒具に加えて、防寒ブーツや厚手の靴下も検討しましょう。コートは撥水(はっすい)性・防水性があり、丈も長いものがおすすめです。

※本記事は2017年10月時点の情報です

カナダ旅行を探す

更新日:2017/12/12

カナダ旅行を検索する

カナダの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ