スイス旅行

スイスといえば山でしょ!登山初心者から上級者までおすすめ名峰徹底ガイド

スイスといえば登山!名峰に囲まれたスイスには、ビギナー向けの山から中級・上級者向けまで、 様々な山々があります。登山好きにおすすめのベルニナ山群は、日本での知名度は低いですが、リゾート地や有名鉄道が走っていることで、トレッキングツアーにも組み込まれています。

スイス旅行探す

はじめてでも楽しめる! 初級登山者向けのスイスの山

スイス旅行・山特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

スイス旅行の醍醐味といえば、雄大な自然の空気を思い切り感じられる、名峰登山。ここでは登山初心者から上級者まで、それぞれに合ったおすすめのスイスの山々をご紹介します。

スイスで比較的登山初心者におすすめの山は、スイスとイタリアの国境に位置するヴァリス山群に集まっています。この山群にはメジャーな山が多く、これらの峰を背にした観光地、ツェルマットを中心にたくさんの観光客が訪れています。また、トレッキングのコースが短いものから長いものまであり、選択肢の幅があるのが特徴です。

そんなヴァリス山群のなかでも交通の便がよく、気兼ねせずに登ることができるのが、ブライトホルン。コースが短く、アルプス登山の入門としてよく登られている山です。氷河と雪を存分に楽しむことができる、アラリンホルンやアルプフーベルもイチオシ。 標高が高いにも関わらず設備がしっかりと整っているので、疲れた場合には山上ホテルや湖の近くまで登山鉄道で行くことも可能です。

少し登山に慣れてきた人は? 中級登山者向けのスイスの山

ある程度登山経験を持っている方におすすめしたいのはスイスでも特に有名な山々。まずはスイスとイタリアの国境に位置し、山頂が氷食によって四角すいの形をしているマッターホルンです。岩登りに慣れた人向けなので初心者には難しいとされています。

次にアレッチ、ビーチホルンとともに世界遺産登録されているユングフラウ。若い女性という意味の山で、尾根が美しく連なっているベルナーオーバーラント3山にも数えられています。マッターホルン同様少しの岩場があるので中級者向け。

そしてイタリア・スイスの国境にあり、モンブランに次いでアルプス山脈で2番目に、そしてスイスでは最も標高が高い山であるモンテローザ。鋭い山頂が印象的なマッターホルンとは異なり、女性的な丸みを持っていますが、高さがあるので登山時体力が必要です。

思い切って挑戦してみよう! 上級登山者向けのスイスの山

登山に慣れている方におすすめしたいのがスイスの東南に位置し、イタリアとオーストリアに隣接しているベルニナ山群。日本での知名度は低いものの、山間のエンガディン地方にはリゾート地であるサンモリッツがあったり、ロープウェイやケーブルカーで景色を楽しめたりと美しい自然を堪能できるエリアです。有名なベルニナ鉄道が走っている場所でもあり、頻繁に登山のトレッキングツアーに組み込まれます。

標高4,000メートル級のピッツ・ベルニナを主峰とし、ピッツ・シェルシェン、ピッツ・パリュといった標高3,900メートル台の山々が続いています。これらの高峰はピッツ三山と呼ばれ、どの山も長いルートなので上級者向けです。ディアヴォレッツァ展望台や、コルバッチ展望台からはベルニナ山群の全容を眺めることができます。

スイス旅行検索する

スイス近隣国のまとめ

スイスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ