キューバ旅行

キューバ一人旅!首都ハバナでヘミングウェイやゲバラの軌跡をたどる

キューバを愛した文豪ヘミングウェイゆかりのバー、キューバ独立の立役者チェゲバラゆかりの博物館やモニュメント。キューバの首都ハバナには、ひとりでじっくり見て回りたいスポットがたくさんあります。歩き疲れたらラム酒を片手にキューバ料理をどうぞ。

キューバ旅行探す

ヘミングウェイゆかりの地を巡る一人旅

キューバ旅行・一人旅特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

「老人と海」で有名なノーベル賞作家ヘミングウェイ。キューバは彼が愛した国としても知られ、彼は一時期キューバの首都ハバナに住んでいたほどです。一人旅の醍醐味といえば、現地の人との会話と自由気ままなスケジュールです。ヘミングウェイが愛したバーを一人で巡れば、現地の人との会話を楽しむことができ、そのうえ中米独特ののんびりとした雰囲気にどっぷりと浸かれることでしょう。

まずは「フロリディータ」というキューバの首都ハバナになるバーです。彼はここで毎回「ダイキリ」というカクテルを飲んでしました。日本でもバーに行くと必ずと言っていいほどあるカクテルです。ラム酒と砂糖と氷をクラッシュしたカクテルで、暑いキューバにぴったりのお酒です。またヘミングウェイ特性のラム酒ダブル・砂糖抜きのダイキリを注文することもできます。フードメニューにはEl biejo y el mar(老人と海)というメニューがあり観光客にとても人気です。新鮮でプリプリのシーフードの盛り合わせで塩が効いていてダイキリにとてもよく合います。

次におすすめなのが、本場のモヒートが楽しめる「La Bodeguita del Medio」です。最近日本でも人気が出ているモヒート発祥のお店としても有名です。ここでヘミングウェイは、葉巻をふかしながらモヒートを飲んでいたと言います。料理が美味しいことでも人気のお店で、特代表的なキューバ料理プエルコ・アサードがオススメです。

チェゲバラゆかりの地を巡る一人旅

チェゲバラといえば、キューバ独立の立役者として有名です。もともとチェゲバラは医学生で、南米を横断していました。そしてキューバに立ち寄り、カストロと出会います。カストロはキューバを独立させようと革命を切り出し、チェゲバラはその革命に医者として参加したのが二人の出会いでした。カストロはその愛情と志の高さで見事革命を成功させ、世界的にも人気の革命家として広く知られています。一人旅だからこそ、独立革命という大きな歴史の境に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

そんなチェゲバラゆかりの地として立ち寄りたいのが、「チェゲバラ博物館」です。大砲の儀式が行われるカバーニャ要塞内にあります。執務に使用していたテーブルと椅子、戦闘時に使った銃や愛用のカメラなど、彼が実際に使った品々が収蔵され、規模は小さいながらも見応えある展示が楽しめます。

そのほかにも有名なのが、革命広場です。チェゲバラの大きな肖像のモニュメントが建物の壁に飾られているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。キューバはとても日差しが強いので、綺麗にモミュメントの写真を撮るなら日没前がおすすめです。

一人旅におすすめなキューバのレストラン

ハバナに行くなら絶対におすすめなのが、「habana61」です。キューバ料理のレストランで、リーズナブルに現地の味を堪能できます。特に新鮮なロブスター料理がおすすめです。ラム酒の種類も豊富で、ボーイさんに頼むと好みのラム酒でカクテルを作ってくれます。店内は陽気な雰囲気なので一人旅でも気軽に入ることができます。

次におすすめしたいのが、「ドナ・ユーティミア」です。テラス席が開放的で常に予約しないと入れないという、ハバナでも人気のレストランです。どのメニューも10CUC(約\1,000)以下とお手ごろなのが人気の理由です。エビのアヒージョや豚肉の煮込みが人気のメニューです。テラス席でひとり、モヒート片手に食事を取れば、ハバナの雰囲気を満喫できること間違いなしです。

キューバ旅行検索する

一人旅におすすめの旅行先をもっと探す

キューバ近隣国のまとめ

キューバの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ