フランス旅行

フランス3大空港徹底比較! 旅行をさらに充実させるためのプチ知識

フランス最大のシャルル・ド・ゴール空港、パリ南のオルリー空港、リヨンのサンテグジュペリ空港・・・フランス旅行をより充実させるためには空港をうまく使い分けましょう。規模の大小や空港内施設、空港までのアクセスをよく理解していれば、効率的に旅行を楽しめるはず。

フランス旅行探す

フランス最大の空港、シャルル・ド・ゴール

フランス旅行・空港特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

ヨーロッパを代表するハブ空港であるシャルル・ド・ゴール空港は、日本からパリへと旅行する際に利用されることがもっとも多い空港です。利用する航空会社によってターミナル1~3に分かれており、それぞれは無料の無人電車である「CDGAL」で結ばれています。

空港内は広く、最も速く渋滞のないRERのB線急行であっても、パリ市内までは30分ほどかかるため、トランジットの数時間を過ごす場合には、よほど長時間でない限り出国はしない方がよいでしょう。パリ郊外で食事をするという選択肢もありますが、空港内でもじゅうぶんに楽しく過ごすことができます。ターミナル1では、有名店のお菓子などは手に入りますが免税手続きの窓口がいつも混雑しがちですので、時間には余裕を持った方がよいでしょう。エールフランスが発着するターミナル2は、いろいろなブランドそろい、買い物するのにもっとも適しています。また、空港ではWi-Fi環境も整っているため、休憩をくわえながら飽きずに過ごすことができます。

パリ南のオルリー空港

パリの南にあるオルリー空港は、北にあるシャルル・ド・ゴールとは真逆に位置します。規模は劣りますが、シャルル・ド・ゴールよりも古く歴史ある空港であるため、いまでも各国の政府特別機が発着するなどしています。日本からパリへのフライトでは、シャルル・ド・ゴール空港よりも市内へ近いので、便利な空港です。

ターミナルは南(Sud)と西(Ouest)のふたつがあり、両ターミナルは無料のナヴェットで移動することができます。パリ市内まで出るのであれば、交通手段はタクシー、RERのB線とC線、エールフランスバス、ロワシーバスがあります。オルリー空港に到着し、シャルル・ド・ゴール空港で乗り換えるという便の場合、両空港を結ぶエールフランスバスか、RERのB線を利用するという2通りの方法があります。

リヨンのリヨン・サンテグジュペリ空港

フランス第2の都市であるリヨンのリヨン・サンテグジュペリ空港も利用者の多い空港です。ミシュランの本店のあるクレモン・フェランも近く、電車でスイスに行くこともできる位置にあるリヨンは、旅行の計画によっては拠点として便利です。空港から市内までのアクセスに通常利用される電車は往復で3,000円ほど。費用を抑えたいのであれば、バスを利用するのがおすすめです。電車よりも移動時間は掛かりますが、約5の1の値段で市内に到着します。

このほか、ワインの産地で有名なボルドー地方にはボルドー・メリニャック空港があり、同じくワインの産地として、またクレープやシールドなどの名産品もあるブルターニュ地方にはブレスト・ブルターニュ空港の利用が便利です。フランスはパリだけではなく、地方にも見どころがたくさんあるので、いろいろな街を観光するには近隣の空港をしっかり調べておくことが大切です。

フランス旅行検索する

フランスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ