フランス旅行

フランス世界遺産巡りの旅! リピーター納得の価値あるスポット3選

誰しも一度は聞いたことのあるパリのセーヌ川、「見ずして死ねず」といわれる欧州最大級の城塞カルカッソンヌ、ゴシック建築の最高峰シャルトル大聖堂・・・フランスの世界遺産は宮殿やお城ばかりではありません。パリの観光地を見つくしたら、次は世界遺産を巡りませんか?

フランス旅行探す

ここを見ずして死ねない!?欧州最大級の城塞、カルカッソンヌ

フランスの世界遺産にはベルサイユやフォンテーヌブローの宮殿、ロワール渓谷の古城といった華やかで優美な趣のある宮殿や城が登録されていますが、ここで注目したいのは堅実ながらもミステリアスな雰囲気が漂う歴史的城塞都市カルカッソンヌです。

古代ローマ時代にその歴史が始まり、13世紀にフランス王国の手に渡り難攻不落の城塞となったカルカッソンヌは、全長3キロメートルに及ぶ二重城壁に囲まれた欧州最大級の城塞で、カルカッソンヌを見ずして死ねずといわれるほどに人気のある歴史的遺跡です。城塞内のコンタル城、美しいステンドグラスで知られるサン・ナゼール・バジリカ聖堂、城外の下町を散策して中世を体感してみてはいかがでしょうか。

フランスで最も有名な世界遺産の河川、セーヌ川

パリ市内を流れるセーヌ川はさまざまな映画や小説の舞台ともなり、パリを訪れたことはなくても、知らない人はいないといっても過言でないくらい有名な河川です。川にかかるシュリー橋からイエナ橋に及ぶ約8キロメートルのセーヌ河岸が1991年に世界遺産に登録されています。パリへ行くなら必ず行かないともったいないスポットです。

セーヌ河岸には、ノートルダム大聖堂やパリ市庁舎、エッフェル塔、シャイヨー宮といった歴史的建造物や、ルーブル宮殿やオルセー、プティ・パレといった美術館も建っており、河岸を散策しながら観光スポットを巡るのにも最適のエリアです。また、遊覧船に乗ってセーヌ川をクルーズし、ポンヌフ橋やポンデザール橋といった有名な橋をくぐりつつ、パリの街並みを下から見上げてみるのも一興です。

美しいステンドグラスに魅せられて。シャルトル大聖堂

フランスで世界遺産登録されているいくつかの大聖堂のなかで、大変人気が高いのはシャルトル大聖堂です。パリのモンパルナス駅から列車でおよそ1時間の地にあるシャルトルに建ち、フランスゴシック建築の最高峰とも称されています。

12世紀中盤に建築が始まったシャルトル大聖堂ですが、1194年の火災を経て、1220年に完成しています。大聖堂の正面にそびえ立つ塔の建築様式が異なるのはこの火災のためで、焼失を免れた右の塔はロマネスク様式、新たに建築された左の塔がゴシック様式となっています。大聖堂内でのハイライトは、聖書のなかの物語を描いた170枚を超すステンドグラスです。神秘性を伴うような美しい青い色が特徴で、シャルトル・ブルーという名前もつけられています。旅行では、このように歴史を感じて当時の人々の生活や情景を創造することも醍醐味ですね。

フランス旅行検索する

世界遺産特集をもっと探す

フランスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ