イギリス旅行

イギリスの空港を賢く使う! 国内・ヨーロッパ旅行はLCCを活用せよ

日本発の直行便はほとんどがヒースロー空港着。一部の便がガドウィック空港に到着します。いずれの空港もロンドン市内へのアクセスは良く急行で30分ほど。空港バスは料金が安く、市内各地に停車するので便利です。イギリス国内線のLCCは、時期によって長距離バスより安いことも。

イギリス旅行探す

日本からイギリスへ

イギリス旅行・空港特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

イギリスへは成田と羽田からロンドンへの直行便が飛んでいます。所要時間は約13時間で、昼前後に日本を出発する便であれば、同日の夕方にはロンドンに到着します。エールフランスやルフトハンザなどヨーロッパ系の便を使用した場合でも、スムーズに乗り継ぐことができれば約14~15時間でロンドンに到着します。

そのほか、ソウルや北京などを経由する便は、所要時間は約16~17時間で、料金は直行便より安く、日本各地の空港からアクセスできるため便利です。一方、東南アジアや中近東経由は、料金が安いものの、南回りであるため所要時間は20時間以上かかります。

ロンドンの5つの空港

日本からイギリスへの直行便はすべてヒースロー空港が玄関口となり、一部のヨーロッパ便は2番目に大きい空港であるガドウィック空港に到着します。

いずれの空港も市内へのアクセスは良好で、列車(ヒースロー・エクスプレスまたはガドウィック・エクスプレス)で30分弱です。そのほか、空港バスはロンドン市内各地に停車し料金も安いため、よく利用されています。さらに、長距離バスの拠点であるヴィクトリア・コーチ・ステーションまでの空港バスが出ており、ロンドン以外の都市へのアクセスも良好です。

ロンドンには、これら2つの空港以外に、スタンステッド空港、ルートン空港、サウスエンド空港があり、スタンステッド空港はガドウィック空港に次ぐ大きな空港です。ヨーロッパ間を結ぶ便やLCC(格安航空会社)の多くがこれらの空港を利用するため、チケットを個人で購入する場合、発着の空港に気をつける必要があります。

イギリス全土に100以上の空港!LCCでアクセス良好

ロンドンからイギリスの各地へ飛行機で行きたい場合には、LCCの利用がおすすめです。イギリスに本拠地を置くイージージェット(メイン空港はガドウィック空港)、あるいはアイルランド国籍のライアンエアー(メイン空港はスタンステッド空港)がロンドン発着の2大格安航空会社となり、ヨーロッパ、アフリカ、中東の近国およびイギリス全土に便を出しています。

事前に購入するほどお得で、ときには比較的値段の安い長距離バスより安いため、ロンドンとスコットランド(エジンバラやグラスゴーなど)間の長距離移動ではコストパフォーマンスのよいLCCが人気です。メインの発着空港としている、ガドウィック空港、スタンステッド空港へは市内から24時間バスが運行しているので早朝深夜の便でも安心して利用できます。イギリスには100を超える空港があり、比較的小さな街の近くにも空港があります。空港から市内へのアクセスも良好ですので、飛行機での移動も便利でおすすめです。

イギリス旅行検索する

イギリスの関連まとめ

イギリスの近隣の国から探す

イギリスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ