イギリス旅行

イギリスの世界遺産は30個!? 全て回れなくてもココだけは行こう!

謎に包まれたストーンヘンジ、中世の面影が残るエジンバラの旧市街と新市街、広大な敷地に広がるキュー王立植物園。イングランド、スコットランド、アイルランドからなるイギリスには約30の世界遺産があり、観光スポットとしても人気です。

イギリス旅行探す

ミステリーに包まれたイギリス世界遺産ストーンヘンジと遺跡群

イギリス旅行・世界遺産特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

イングランド、スコットランド、アイルランドからなるイギリスには、地域性を反映した歴史と豊かな自然に恵まれ、現在、文化、自然、複合の分野でおよそ30の世界遺産が登録されています。そのなかで最初に登録された文化遺産の1つに、ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群があります。

ストーンヘンジは、イギリス南部の平原にサークル状に立ち並ぶ巨大な岩石群。約4500年前に、祭祀(さいし)場、あるいは埋葬場として造られたのではないかと推測されていますが、明確な目的は解明されておらず、その存在はいまだミステリーに包まれています。ロンドンからは電車とバスに乗り継いで3時間弱かかる場所にあるため、ロンドンからのバスツアーを利用したり、レンタカーでドライブを楽しみながら訪ねたりするのもおすすめです。

古い街並みや城がすてきなスコットランド首都の世界遺産

スコットランドの首都エジンバラの旧市街と新市街は、イギリスの世界文化遺産の1つ。中世のたたずまいが残る旧市街と、18世紀に造られた新市街の2つの街がつくり出すエジンバラ独特の風景が訪れる人々を魅了しています。

南の高台に建つ街のシンボル、エジンバラ城は人気のある観光スポットです。城内で最も古い聖マーガレット礼拝堂や王家の至宝、月~土の午後1時に行われる空砲を撃つワン・オクロック・ガンの儀式は見物。ここから見下ろす街の眺望も一見の価値があるでしょう。

また、エジンバラ城からホリールード宮殿へと続くロイヤル・マイルは、旧市街の目抜き通り。散策しながらウィスキーやキルトなど、スコットランドの名品を買い物したり、パブやカフェで休憩したりするのにぴったりのエリアです。

キュー王立植物園は地元民が憩う世界遺産

キュー王立植物園はロンドン市内にある世界文化遺産の植物園です。120ヘクタール以上もの広大な敷地に広がる植物園には、2万5千種を超す植物が栽培されており、世界でもトップクラスの植物学の研究機関であるとともに、地元民たちの憩いの場として大変親しまれています。

来場者がここで観賞できるのは四季折々の草花や世界の希少な植物だけではありません。ビクトリア朝建築のパーム・ハウスやテンペラート・ハウスなどの温室、ウィリアム・チェンバースによる中国式建築物のパゴダ、京都西本願寺勅使門のレプリカといった多彩な建築物が敷地内に散在しており、これらを見物するのも一興です。オランジェリーやパビリオンのカフェで食事やお茶を味わうこともできますし、サンドイッチやスコーンなどを持参してイギリス風ピクニックを楽しんでもいいでしょう。

イギリス旅行検索する

世界遺産特集をもっと探す

イギリスの関連まとめ

イギリスの近隣の国から探す

イギリスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ