ハノイ旅行

ハノイでご当地グルメを満喫!独特な甘酸っぱさに感動

ハノイ名物牛肉スープのフォー、ハノイの伝統料理ブンチャー(ベトナム式つけ麺)、そしてハノイでもっともポピュラーなチャーカー(揚げ魚)。香草とフルーツをたっぷり使うベトナム料理は、独特の甘酸っぱさが食欲をそそります。ぜひハノイのご当地料理をお試しあれ。

   

ハノイ旅行探す

ハノイのソウルフード、チャーカー

ハノイ旅行・グルメ特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

ベトナム料理は、香草野菜とフルーツがふんだんに使われた料理が多いです。脂っこい料理も多いのですが、香草とフルーツのさっぱり感が脂っこさを吹き飛ばし、ライスペーパーがマイルドな味わいを醸し出します。辛い料理が比較的少なく、その分甘酸っぱい味が多いので食欲をかきたてられることでしょう。普段よりも食べ過ぎてしまうかもしれませんが、香草やお酢のお陰で胃もたれも感じにくいのが嬉しいところです。

ハノイで一番有名なのは、揚げた魚に香草をドバっとかけた鍋料理を、ライスヌードルの上にソースとともにかけて食べるチャーカー(揚げ魚)です。チャーカー専門店はいつも地元の人でにぎわっています。ソースは数種類のなかから選べるので、カップルや家族で来ても安心です。チャーカーの見た目は大きな鍋のような入れ物に、揚げた魚の切り身とスープが入っており、その上からディルとよばれる香草といったものがたっぷりとかかっています。香草が大量に乗っているため、鍋の器にサラダが山盛りになっているようにも見えます。肝心のお味は、油っぽさが控えめであっさりとした舌触り。食が進みます!

ハノイ名物、フォーボー

ベトナムのフォーは世界的にも有名ですが、そのほとんどがチキンからスープを取っているチキンフォーです。しかし、ハノイ名物は牛肉からスープを取っているフォーボーが有名です。チキンフォーよりもコクがあり、食べているうちに病みつきになるおいしさです。

また、メニューには煮込み肉、ローストビーフのような半分だけレアの肉、両方の3種類のメニューがあります。煮込み牛肉は独特な香草とともに煮ているため、好みは分かれるかもしれませんが、ローストビーフのような半分だけレアのお肉はコクのあるスープとよく絡まって大変美味しいです。また、フォーの良いところはお腹に優しいところ。夜遅くに食事をする場合にもおすすめです。

ハノイの伝統料理、ブンチャー

ハノイに来たらぜひ食べたいのが、ブンチャーです。ブンチャーは細いライスヌードルを肉団子やつけあわせでくる大量の香草類と一緒に、甘酸っぱいタレをつけて食べるハノイの伝統料理です。ブンチャーの有名店では肉団子のほかに、揚げた春巻きもついて来て一緒に食べます。

基本的に肉団子や揚げ春巻きは日本のものに比べるとかなり脂っこいのですが、つけあわせで大量に来る香草類が口の中を爽快にし、細いライスヌードルがしっとり口の中で溶けあう様は何とも形容しがたい幸せを感じる料理です。

また、甘酸っぱいタレが食欲を誘い、毎食食べたくなる魅惑のフードです。特に女性はその酸っぱさと香草の爽快感から病みつきになる人も多く、パクチーといった香草が好きな人にはぜひ試してみてください。

ハノイ旅行検索する

世界のグルメ特集をもっと探す

ハノイの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ