香港旅行

香港での服装のポイントは?

亜熱帯気候の地域である香港は、春から夏にかけての蒸し暑さが有名です。とはいえ、四季があることから一年中暑いわけではありません。日本よりは平均的に暖かいですが、気温の日中格差があるので温度調節ができるように羽織るものをもってでかけましょう。台風シーズンには気象情報を要確認!

香港旅行探す

香港旅行に最適な服装とは

旅先では普段よりも多く動き回るだけに、温度差などで体調を崩しやすくなります。街中どこへ行っても冷房が効いている香港では、外気との温度差に驚くこともしばしば。事前準備をしっかりして温度調節のできる服装を心がけましょう。

香港には四季もある!

亜熱帯に位置する香港でも、日本ほどはっきりとしてはいませんが四季があります。春から夏にかけては季節風と熱帯低気圧の影響から、蒸し暑い日が続くため、ショッピングなど室内で過ごす観光を中心に考えるようにしましょう。

そして秋ごろから冬にかけては乾燥し、晴天が続く温暖な気候に移り変わることから、観光を存分に楽しめます。また、注意が必要な時季としては7月から9月の台風シーズン。香港天文台の台風シグナルをチェックしつつ旅行計画を立てましょう。

春の日中は温かいけど、夜は上着が必要

3月頃から気温湿度ともに少しずつ上がり始めます。日中は暑く感じても夜は冷え込むこともあるので、上着の1枚くらいはスーツケースに入れておく方が安心です。意外に湿度が高く雨や霧の日もあるため、急な雨に備えて折り畳み傘の用意をしておけば安心です。

高温多湿の夏は冷房に注意

雨がよく降り、かなり蒸し暑い日が続きます。真夏の気温は30℃から33℃くらいですが、湿度は90%を超え、時には100%という日も……。

この時期に香港に行くなら、まずは風通しがよくて汗を吸いやすい服を用意しましょう。年中冷房が効いている香港ですが、夏場の冷房はキツめの設定なので、薄手の上着やスカーフを持ち歩きます。

室外との寒暖差で体調を崩さないように注意がいりますから、カフェタイムには温かい香港ミルクティーがおすすめです。

秋の気温差は重ね着でカバー

秋は1年でもっとも気候のいい季節です。平均気温は15℃程度です。9月は残暑が厳しいですが10月から11月は晴れる日が多く、気温、湿度ともにそれほど高くありません。

秋の終わりころには気温が下がり出し肌寒く感じることも増えてきます。日中は半袖で大丈夫ですが日が落ちたら薄手の長袖があるとよいでしょう。

冬はアウター必須!

冬の平均気温は16℃前後と、数字だけ見れば日本よりも暖かいですが、10℃を下回ることもざら。羽織れるものを持参しましょう。厚手のコートが必要なほどではありませんが、ダウンジャケットは軽くて持ち運びもラクなのでおすすめです。

また、郊外では中心部よりも気温が数度低くなっている上に、大半のホテルに暖房設備が設置されていません。そこで郊外を中心に動く場合、しっかりとしたコートが重宝する場合もあるでしょう。

衣料は現地で買うのもアリ

日本にあるほとんどのものは香港にもあるので、現地調達することもできます。セール時期の買い物目的の旅なら、あえて現地で買うことを前提に荷物を軽めにしておくのも旅慣れた感じですね。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

香港旅行検索する

ページトップへ