香港旅行

香港で屋台飯が食べたい!おすすめ屋台はどこにある?

アジア旅行の醍醐味の一つが屋台巡りですが、香港では少々状況が異なるようです。もちろん街角で屋台のおいしそうなにおいに釣られることもありますが、それ以上に日本でいうファミレスのような、いろいろなメニューが楽しめる『茶餐廳』に人気が集まります。そうした中、地元の人にも人気の屋台が『ダイパイドン』です。昔ながらのお店は数少なくなりましたが、今はビルの中の屋台レストランとしてにぎわいを見せます。広東語が飛び交う中で食事をすればローカルな雰囲気が楽しめることでしょう。

香港旅行探す

美食の地・香港でグルメを堪能

昼夜問わずエネルギッシュに活動する香港人は食に対する強い情熱があり、夜遅くまでおいしいものにありつけます。香港はビジネスの町でもあり、観光客も押し寄せる町。

残業や遊びでクタクタという人にありがたい、深夜から朝まで営業している飲食店も多く見かけます。せっかくですから、地元の人が集う香港スタイルの屋台へ足を運びましょう。

年々少なくなる香港のダイパイドン

香港映画で屋外の屋台で食事をしている風景を観たことがありませんか?それは『ダイパイドン』です。といっても、空の下で営業しているわけではなくビルの中での営業。屋台風食堂/フードコート、といったような表現が近いかもしれません。

本来は屋外の屋台で調理したものを提供できるライセンスを持ったお店のことです。現在ではライセンスがない屋台もこのように呼ばれています。香港政府が衛生面から屋外ではなくビルの中へ移転を進めたため、街中のビルの中で営業する「ダイパイドンレストラン」が誕生しました。

古き良きスタイルを残すダイパイドンですが、本家のダイパイドンでは新規のライセンスが発行されず、店主の高齢化も進み年々その数は減少しています。その代わり、グルメな香港人を楽しませるのが茶餐廳(チャーチャンテン)。カフェと食堂を一緒にしたような、日本でいうファミリーレストランに近いお店です。早朝から深夜まで、食事やスイーツなどいろいろなメニューを良心的な値段で楽しめるので、今日の香港人の食文化の象徴といえそうです。

ダイパイドンを探してみよう

今でもダイパイドンが残るのは香港島のミッドレベルズ・エスカレーターや九龍の深水ホ(ホ=つちへんに歩、読み:シャムスイポー)といった中環(セントラル)周辺です。常連の多い老舗が出店しています。

ここ以外にも香港のあちらこちらに点在しているので、積極的に脇道や路地ものぞいてみましょう。中心部よりも郊外で出会うことが多いでしょう。

地元の人と相席で、にぎやかな広東語が飛び交う中で食事をすれば、香港の暮らしに溶け込んだような感覚に陥るかもしれません。

ミッドレベルズ・エスカレーター
  • 【住所】From Market atCentral to Condut Rd
  • 【アクセス】中環D出口すぐ

ダイパイドンでは炒め物や揚げ物を食べたい

まず食べておきたいのは炒め物や揚げ物ですが、それ以外にもお店によってメニューはさまざまです。屋外の店ならば近くのほかの屋台からオーダーしても問題ありません。

街の喧騒をBGMに、熱気のある空気の中で出来たてを味わうのは、高級レストランやホテルとははった楽しさがあります。

満腹になるまで飲み食いしてもレストランより安いので、気になるメニューがあったら頼んでみましょう。一品ごとの盛り付けが多めなので、できるならば何人かで行く方がたくさんの種類の料理を試すことができますよ。

人気店は遅い時間にはいっぱいに

ありきたりのお店では満足できない人はローカル色満載のダイパイドンに挑戦を!手頃な料金でおいしい地元の中華料理を食べられます。人気店はいつも満員のことが多いので早い時間に行きましょう。

※本記事の内容は、2016年10月時点の情報です。

香港旅行検索する

ページトップへ