イタリア旅行

ほっぺが落ちそう!イタリアのジェラートで旅の疲れを癒やしたい!

ジェラートはイタリアを代表する、由緒正しいスイーツです。本場だけあって、現地のジェラテリアはフレーバーも豊富にそろっています。無料でホイップクリームをのせてくれるサービスもあり、さまざまな楽しみ方ができます。

イタリア旅行探す

あなたのベストフレーバーを探そう

イタリアといえばジェラートの本場です。定番フレーバーからホイップクリーム追加まで、本場ならではの味わい方と現地のジェラート事情をご紹介しましょう。

旧約聖書にも登場するジェラート

ジェラートの歴史は古く、2500年前には存在していたといわれています。ジェラートに関するもっとも古い記録は旧約聖書。ここに出てくる「乳と蜜」は、牛乳や蜂蜜を混ぜたものを天然の雪や氷で冷やした、ミルクシャーベット状の食べ物のことだといわれています。

古代ローマ時代にも、ジェラートの原型となる食べ物は脈々と受け継がれていき、ルネサンス時代には、現代のジェラートに近い形になったと考えられています。

ジェラテリアでのオーダーのしかた

ジェラテリア(ジェラート専門店)に入ったら、テーブル席に座るか、テークアウトするかをまず選びます。テーブル席でゆっくり食べたい場合は、お店の人に伝えましょう。

テークアウトする場合は、レジでジェラートのサイズと数を伝えて料金を支払います。サイズはスモール、ミディアム、ラージでOK。本場のジェラテリアは盛りがいいので、日本人ならスモールで十分かも。

支払いが済んだらレシートをもらい、ショーケースの前へ。店員にレシートを渡し、カップかコーンを選択した上で、好みのフレーバーを選びましょう。

本場でおすすめのフレーバーは?

ジェラート大好きイタリア人。彼らがこよなく愛する定番フレーバーと言えばバニラ、ストロベリー、チョコレートといった、日本人にとっても鉄板のチョイスです。他にも香ばしい風味のヘーゼルナッツや、口の中をさっぱりさせてくれるレモンも人気ですね。

コクのあるものからさっぱり系まで、多種多様なフレーバーが楽しめるので、気分に合わせて滞在中に毎日違うフレーバーを試してみるのも面白いですね。

「コン・パンナ」=ホイップクリーム追加!

ジェラテリアでは、甘さ控えめの生クリームをのせてくれるサービスがあります。しかもこのサービスはイタリアでは無料。

オーダーの最後に「コン・パンナ(生クリームを添えてください)」と伝えれば、ジェラートが食べごたえある一品に。お店によっては店員の方から聞いてくれることもあります。

選ぶならアルチザン・ジェラートがいい

おいしいジェラートを見つけるコツは、アルチザン・ジェラートを扱う専門店を選ぶこと。アルチザン・ジェラートとは、それぞれのお店で手作りしているジェラートを指します。

ジェラート職人の手によるアルチザン・ジェラートは、工場で生産される大量生産のものとは一味も二味も違います。特に、ジェラート好きの地元客で賑わうジェラテリアは、当たりの確率が高いです。

旅のおともに本場のジェラートを!

食べ歩きにも向くジェラートは、旅のおともにおすすめのスイーツ。あっさり系でまとめたり、コン・パンナでパフェ風にしたりと楽しみ方も自在で、毎日食べても飽きません。

※本記事の内容は、2016年11月時点の情報です。

イタリア旅行検索する

イタリアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ