釜山旅行

釜山厳選グルメ!よそでは味わえない釜山ならではのメニュー3つ

釜山のご当地グルメ・テジクッパ(豚骨スープご飯)、海産物たっぷりの東莱パジョン(ネギチヂミ)は、必ず食べておきたいメニュー。釜山市内から少し離れた機張の名物ヌタウナギの藁(わら)焼きは、なかなか日本ではお目にかかれない貴重な一品。

釜山旅行探す

釜山に来たらまず食べたい、テジクッパ!

しっかりと煮込んだ豚骨スープに豚肉をたっぷり入れて、さらにご飯を入れたテジ(豚)クッパは、釜山のご当地グルメです。意外に淡泊でさっぱりしていて食べやすく、出汁のきいた温かいスープは日本人にも人気の味です。

海雲台名家テジクッパプ(ヘウンデミョンガテジクッパプ)は、24時間営業のレストランで、いくつかのおかずとしっかり味の温かいスープが絶品。スンデクッパブや内臓クッパなど多様なクッパでもてなしており、スンデや湯で肉も味が良いと評判です。民家をリフォームして造ったレストランで、内装は素朴ですが清潔感があり、地元でも人気のお店です。

また、地下鉄西面駅からでて裏通りに入ったところにある、西面モクチャコルモッ(??????)のなかに数件並ぶテジクッパ屋さんの一画は、西面テジクッパ通りとも呼ばれています。こちらもぜひ訪れたいおいしいもの横丁ですね。

釜山の歴史、伝統の味。東莱(トンネ)ネギチヂミ

古くから桃の節句に、東莱(トンネ)の官職が王様に献上したという伝統料理・東莱ネギチヂミ(トンネパジョン)。このチヂミは、コクのあるダシ汁に米粉を混ぜ、機張で栽培されていた朝鮮のワケギと彦陽のセリの上に、近海でとれたさまざまな海産物や牛肉をのせます。しゃきっとした歯ごたえともちもちの食感が特徴です。

庶民の味としても深く根付いた東莱ネギチヂミは、東莱市場で買い物客や行商人にあっというまに人気になり、釜山周辺では「チヂミを食べに東莱市場に行く」というくらいの人気だったそうです。東莱ハルメパジョン(??????)は、その伝統の味を4代にわたって引き継いでいる老舗レストラン。地下鉄4号線スアン(寿安・Suan・403/??)駅5番出口から徒歩5分、または、地下鉄1・4号線トンネ(東莱・Dongnae・402/??)駅2番出口から徒歩約10分。

釜山郊外、機張の郷土料理、ヌタウナギの藁(わら)火焼き

釜山(ぷさん)市内から少し離れた、機張の名物、ヌタウナギの藁(わら)焼き。なかなか日本ではお目にかかれない食材ですよね。機張の海産物は昔から有名で、ワカメや太刀魚、カタクチイワシ、そしてコムジャンオ(ヌタウナギ)が特産品。古くから藁や松の葉で焼く調理法で庶民に親しまれていて、最近では香味野菜といためたり、コチュジャンベースのたれをくぐらせながら日本のうなぎのようにかば焼きにしたり、屋台でホイル焼きにしたりと、バリエーションも豊かです。

機張邑にある機張コムチャンオ(本店)では、昔ながらの藁火焼き(チップルクイ)を食べることができます。コムジャンオ専門店で釜山の郷土料理店に指定されているレストランです。

釜山旅行検索する

世界のグルメ特集をもっと探す

釜山の関連まとめ

釜山の近隣の国から探す

釜山の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ