シンガポール旅行

シンガポールのコンセント事情はどうなってるの?対策は必要?

シンガポールのコンセントタイプはBF型で電圧は230V、周波数は50です。プラグの形状が日本のものとは違うので、変換プラグが必要になります。電圧の異なる電化製品を持ち込む場合は、変圧器も必要になりますね。ホテルによっては用意してあるところもあるので、事前に確認してみましょう。

シンガポール旅行探す

普段なにげなく使っているコンセントですが、世界中にはさまざまな型のコンセントが存在しており、タイプが異なるものは使用できません。国ごとに使用できるタイプが決まっているので、旅行に行く際には事前に調べる必要があります。ここではシンガポールのコンセントや電圧事情をご紹介します。

シンガポールと日本の電圧の違いは『変圧器』で対応

シンガポールの電圧は230V(ボルト)、周波数は50です。一方、日本は100V、50から60の周波数ですが、日常的に使っている電気製品のアダプターを見てみましょう。

たとえばiPhoneなどは「INPUT:100から240V」と、100Vから240Vに対応しているという記載があります。100Vから240Vに対応するというのはつまり「全世界対応」。最近の電化製品はiPhoneのようにグローバル対応が進み、海外でも変圧が不要になりつつあります。

そこで、持っていく電化製品が230Vに対応するものかどうかを事前に確認しましょう。たいていの電化製品は充電用のアダプターに電圧が表示してあります。「AC100V-240V」と記載してあればシンガポールでも使用できます。

もし対応していない製品の場合は『変圧器』が必要になります。事前に電化製品店で購入していくことをおすすめします。ほとんどのスマートフォンやデジタルカメラ、パソコンなどは240Vまで対応しているので変圧器は不要です。

この心配りがにくい!『マリーナベイ・サンズ』のコンセントサービス

シンガポールにいけばいつかは泊まってみたい5つ星ホテル『マリーナベイ・サンズ』。世界最大の屋上プールがあることで有名ですね。『マリーナベイ・サンズ』では各部屋にBF型の変換プラグがひとつ付いており、もし足りない場合はフロントでの貸し出しもあるようです。

数に限りがあるので、確実に借りられる保証はないため、事前にホテルに問い合わせるか、同時に3つ以上の電源が必要になりそうな場合は、日本から変換プラグか電源タップを持参しましょう。また電圧が230Vに対応しているかも確認してくださいね。

まとめ:海外のコンセントで見落としがちなこと

スマートフォンやデジタルカメラ、ドライヤーなど、快適な旅行には電化製品が不可欠です。シンガポールは海外からの観光客が多い国なので、ホテルに変換プラグが用意してある場合もあります。事前に宿泊先に確認してみましょう。また、海外でコンセントを使用する際には、コンセントの横にスイッチがあることが多いので気を付けて見てみてください。プラグタイプや電圧が合っていても使用できない場合は、このスイッチを入れ忘れていることが多くあります。

シンガポール旅行検索する

シンガポールの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ