ホーチミン旅行

ホーチミンのグルメはレベル高し!おすすめメニューと厳選レストラン

フランスと中国の影響を受けながら独自に発展したベトナム料理。ホーチミン市がある南部地方は、甘辛く濃い味付けが特徴です。屋台やローカルな食堂のほか、気軽に入れるカフェや5つ星の高級レストランまで、グルメスポットも満載。日本語の通じるお店もあります。

ホーチミン旅行探す

ホーチミンのグルメ料理について

ホーチミン旅行・グルメ特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

ベトナム料理は、フランスと中国の食文化の影響もあり、独自の発展を遂げています。特徴として、中華料理ほど辛すぎず、マイルドな味つけの料理が多いことが挙げられます。また、ホーチミン市がある南部地方は、砂糖を使用した甘辛くて濃い味をしているものが好まれるのも特徴です。

街にはレストランやデザートを楽しめるカフェも多く、観光の途中にも気軽に立ち寄ることができます。そのベトナム料理として最も有名なフォーやフランスの植民地時代の名残があるベトナムサンドイッチ(バインミー)、南国のフルーツを使ったフルーツシェーク(シントー)まで、多種多様な料理があるので、旅の思い出として必ず食べると良いでしょう。また、特別な夜には、日本語の通じるレストランや展望の良いレストランで食事を楽しむのもおすすめです。

人気グルメスポットの紹介

ホーチミン市のグルメスポットの中でも、押さえておきたいレストランといえば「マンダリン」。ここは、ホーチミン随一の5つ星の高級ベトナム料理レストランとして知られています。1997年の開業以来、世界中の観光客から指示される有名店で、食好きな人には外せないレストランといえるでしょう。高級ベトナム料理が\4,000~\5,000ほどで味わえるので、少し高いとはいえ、一度は行ってみるべきお店のひとつです。

メニューには、ベトナム料理の定番、生春巻きやフォーはもちろん、ベトナム風のシーフード焼きそばや豚肉を使った料理、ベトナムスイーツのチェーなど、種類豊富なベトナム料理を食べることができます。料理のおいしさに加え、アンティーク調の調度品をモダンにアレンジした店内も、ベトナムの雰囲気にぴったり。場所は、市民劇場(旧サイゴンオペラハウス)から徒歩で約10分のところにあります。屋台や食堂での食事も良いですが、高級レストランでの食事は、より特別な思い出となるでしょう。

※あくまで参考金額となります。渡航時の為替レート、物価などにより異なりますのでご了承ください。

ベトナムの名物料理

ベトナムの名物料理といえば、フォー。ホーチミンに行ったらぜひとも食べておくべき料理です。お店によって味も異なるので、フォー好きであれば、いくつかのお店に行って、食べ比べても良いでしょう。

フォーのほかにも人気なのが生春巻き。生春巻きは家庭で食べるよりもお店で食べることの多い料理です。お店ごとにライスベーパーの種類も違うので、また違う味を楽しむことができます。意外と知られていないのが、揚げ春巻き。現地の人の家庭料理として多く食べられているのは生春巻きではなく、揚げ春巻きなのです。

これらの料理に次いで人気なのがベトナム風お好み焼きです。その名もバインセオ。野菜たっぷりでヘルシーな一品のため、女性に大人気のベトナム料理として徐々に知名度を上げています。 バインセオは、ウコンで黄色く色づけされた米粉を薄く焼いたものに、たくさんの具を挟み、半月状に折りたたみます。中の具は、ばら肉やひき肉、もやしなど。これらを小さく切り分けたものをレタスや香草に乗せ、巻いて食べます。

そのほかにも、フランス統治時代に生まれたベトナムのサンドイッチ、バインミー(Banh Mi)を味わうのもおすすめです。フランスパンにパテとマヨネーズを塗り、ハムや卵焼きなどのメインの具を乗せ、大根と人参のなます、チリ、香草を挟み、仕上げにベトナム醤油をかけたものです。日本人の味覚にも合う、おいしくてヘルシーなベトナム料理をぜひ味わってみましょう。

ホーチミン旅行検索する

世界のグルメ特集をもっと探す

ホーチミンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ