上海旅行

上海の空港使い分け術! アクセス重視? 便数と施設重視?

日本発のフライトはほとんどが浦東国際空港着、一部のフライトのみ虹橋国際空港に発着します。 虹橋空港は市中心部から近く、観光地へのアクセスも良好。浦東空港はやや離れたところにありますが、発着便数が多くショップ、レストランともに充実しています。

上海旅行探す

浦東空港と虹橋空港

上海旅行・空港特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

上海には2つの空港があります。1つは沿岸部の浦東地域にある上海浦東国際空港です。もう1つは国内線がメイン(一部日本からの直行便もあり)の上海虹橋国際空港です。浦東空港は、国際線、国内線ともに発着しており、規模も大きいですが、市中心部から少し離れています。

一方、虹橋空港は、市中心部から近い場所にあり、観光地へのアクセスも良好です。浦東空港と虹橋空港間の移動は、エアポートバスに乗るか、地下鉄2号線で向かうことになります。入国に際し、日本のパスポートを持ち、観光・商用の目的で15日間以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。15日以上滞在する場合はビザが必要になるので、日本にある中国大使館や中国領事館で手続きを行ってください。

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。事前に大使館、領事館などでご確認ください。

空港へのアクセス

上海浦東国際空港からは、リニアモーターカーや地下鉄2号線で移動することができます。リニアモーターカーと地下鉄2号線の乗り場は、第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶ連絡通路沿いにあります。リニアモーターカーは、地下鉄2号線の龍陽路駅と浦東空港を約8分で結んでおり、最高時速は時速430キロメートルです。スピーディーに市内へ出たい場合はとても便利です。終着駅の龍陽路からは、地下鉄2、7、16号線に乗り換えることができます。地下鉄2号線は、浦東空港と虹橋空港第2ターミナル(終着駅は徐けい東)を結ぶ路線で、途中、陸家嘴(りくかすい)や南京東路、人民広場といった市中心部を通っています。市内を横断しているため、観光には重宝します。また、空港からは、上海駅、上海南駅、虹口足球場、静安寺といった市内各地に向けてエアポートバスも出ています。始発の停留所は第1ターミナルで、第2ターミナルを通って各目的地へ行きます。料金は車内で支払いますが、行き先によって料金が異なるので確認しましょう。

虹橋空港には、地下鉄10号線が直結しています。10号線は第1ターミナル、第2ターミナルともに駅がありますが、地下鉄2号線は第2ターミナルの駅しかないので注意してください。虹橋空港からも、エアポートバスが各地へ運行しています。また、近くには高速鉄道駅である上海虹橋駅もあります。

空港施設やショップ

浦東空港はショップ、レストランともに充実しています。免税店やブランドショップ、化粧品専門店、スカーフやヒスイの専門店、上海博物館の記念品を集めたショップ、書店、薬店、コンビニなどなど、多種多様なお店が並んでいます。食事は、スイーツ店やハンバーガーショップから、中華料理店、イスラム料理、定食やヌードルなどを揃えたレストランまで豊富にあり、その時の気分に合わせたグルメが楽しめそう。第2ターミナルにはマッサージ店もあるので、時間に余裕があれば、ここで旅の疲れを癒すのもいいですね。

虹橋空港にも、免税店やブランドショップ、お茶やお酒といったお土産が買える店、コンビニなどが一通り揃っています。レストランは中華料理店、日本料理店、ファーストフード店などがあります。

上海旅行検索する

上海の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ