タイ旅行

【タイのビーチリゾート】人気スポットから穴場までおすすめ7選

タイのビーチリゾートと言えば、プーケットのような世界的な有名スポット以外にもパタヤやサムイ、王室の保養地で有名なホアヒンやチャアムなど、その種類も見どころも、遊び方もさまざまです。おすすめのスポット以外にも、離島などの穴場スポットへの旅行プランも立ててみましょう。スパでの極上ステイもおすすめです。

タイはビーチリゾートの宝庫!

どこまでも美しい海と砂浜がタイのビーチリゾートの魅力

透明で美しい海と白い砂浜に、緑豊かな恵まれたビーチリゾートの宝庫タイ。その過ごし方はエリアによって実にさまざまです。

心身ともに癒やされるスパやラグジュアリーなホテルステイ、トレッキングやゴルフなども、比較的リーズナブルに楽しめるのも魅力です。

世界的に有名なビーチリゾート

サムイのリゾートでのんびりステイ

タイのビーチリゾートといってまず思い浮かぶのは、「アンダマン海の真珠」プーケット。パタヤやサムイも、一度は聞いたことのあるリゾートですね。

プーケット

タイ最大の島であり、世界的にも有名なビーチリゾート地プーケット。日本からの直行便もあり、年間を通してマリンスポーツやゴルフ、ジャングル探検やトレッキングなども楽しめます。宿泊施設やスパが多種多様なのも魅力的です。

プーケット(Phuket)
  • 【アクセス】バンコクから飛行機で約1時間20分

パタヤ

バンコクからのアクセスも比較的良いパタヤ。この人気ビーチリゾートも、マリンスポーツなど楽しめる要素がたっぷりあるので、初めてのビーチリゾートにもおすすめ。

海岸線沿いにショッピングセンターなども多いので、ショッピングも一緒に満喫できますよ。

パタヤ(Pattaya)
  • 【アクセス】バンコクからバスで約2時間30分

サムイ

豊かな森に抱かれたサムイ島も、自然と調和した見逃せないリゾート。ビーチ周辺には高級ホテルが多く、一方隠れ家リゾートではプライベート感満点のステイも楽しめます。

サムイ島(Ko Samui)
  • 【アクセス】バンコクから飛行機で約1時間20分

王室の保養地で有名なリゾートスポット

ホアヒンやチャアムの王族のリゾートで豪華な旅を

バンコクの南にあるホアヒンとチャアムは、王室ゆかりの建物が残るビーチリゾート地。王室や別荘が並ぶように建っており、落ち着きのある街並みにゆったりとした時間が流れているエリアです。

ホアヒン

約5kmにわたり白い砂浜が続くロイヤルリゾート。ビーチでは、潮風を浴びながら海辺を歩く乗馬も人気です。夏の離宮も、その壮麗さで見どころのひとつ。駅には王族専用の待合室まであります。

ホアヒン(Hua Hin)
  • 【アクセス】バンコクからバスで約3時間

チャアム

ホアヒンの北にある、透明度の高い海と真っ白な砂浜が印象的なビーチリゾート。こちらの王族の別荘は、東洋と西洋の様式を折衷した優雅な雰囲気が魅力です。タイ国内有数のゴルフリゾート地としても有名で、さらにスパリゾートも充実しています。

チャアム(Cha-am)
  • 【アクセス】ホアヒンから車で約30分

穴場なビーチリゾートもチェック!

開放的に楽しむなら離島も見逃せない

日本人が少ない場所に行きたい人は、穴場のビーチリゾート地に行ってみてはいかがでしょうか。手つかずの大自然の中で、マリンスポーツやトレッキングなどのアクティビティを楽しむのもおすすめです。

チャーン島

タイ南東部にある、全体が海洋国定公園に指定されている秘境の島。特にダイビングやシュノーケリングなどのマリンレジャーを楽しむのがおすすめです。ゲストは欧米人が多めで、近年はビーチリゾートとしても発展中です。

チャーン島(Ko Chang)
  • 【アクセス】バンコクから飛行機でトラート空港まで約1時間、空港からはフェリーを利用

カオラック

カオラックは、プーケット島周辺のアイランドホッピングの拠点にもなっているビーチ。高級リゾート施設やバンガローなど、多様な宿泊施設が建ち並びます。マリンアクティビティに、エレファントトレッキングやラフティングなども楽しめるのが魅力です。

カオラック(Khao Lak)
  • 【アクセス】プーケットから車で約1時間

※本記事は2017年11月時点の情報です

あわせて読みたい

タイ旅行を探す

更新日:2017/12/18

タイ旅行を検索する

この記事のキーワード

タイの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ