タイ旅行

タイの通貨『バーツ』まとめ:旅行前に相場や両替方法などをチェック!

タイの通貨は『バーツ』。1バーツは約3円前後を推移していますから、「バーツに3をかけた数ぐらい」が日本円への換算の基準になります。物価は首都バンコクで日本の1/2から1/3程度の安さですが、おつりがきっちりしていない場面もありますし、ぼったくりにも注意しましょう。タイに行く前に知っておきたい通貨に関する情報をご紹介します。

タイ旅行探す

タイの通貨はなにか

タイの通貨は『バーツ(英:Baht)』で、価格表記には「B」と書かれていることが多いです。補助通貨はサタン(英:Satang)といい、1バーツは100サタンになります。お札の種類は1,000B、500B、100B、50B、20Bがあり、コインは10B、5B、2B、1B、50Sがあります。

1バーツは約3円(2016年9月現在)なので、バーツの値段表記に3をかけた額が日本円。買おうとしているものが高いか安いかを判断するときは、日本円で考えると相場感がわかるでしょう。

両替はどこですればいいか

バンコク、チェンマイ、プーケットなどの観光客が多く訪れる場所では、空港・ホテル・両替所・銀行など、いろいろなところで両替ができます。深夜まで営業しているので、急にお金が必要になった際にも便利ですね。

しかし、それは中心地の話です。郊外の方へ行くと両替する場所が減り、銀行しかない場合も。銀行の営業時間は20時ごろまでです。日本よりはましというレベルですが、遠出をする予定の人は事前に両替を済ましておきましょう。

注意したいのが、ホテルでの両替です。ホテルの両替は1番レートが悪いため、緊急時以外は使わず、街中の両替所で両替するようにしましょう。

お金の持って行き方

現金

タイでは問題なく日本円で両替できるので、事前に日本でバーツに両替する必要はありません。むしろ日本国内ではレートが悪いことが多いので、基本的には現地で両替するのがお得です。

タイでもクレジットカードは便利

クレジットカードを持っていれば、多額の支払いも安心で。キャッシングを利用すれば、日本から現金を多く持っていく必要がないため便利です。

しかし、タイでATMを使うのは外国人がほとんど。旅行者を狙ってATMにスキミング装置が仕掛けられていることがあります。特に人気が少ない場所の、防犯カメラも設置されていないようなATMは疑ってかかるぐらいがちょうどいいかもしれません。日本とはあらゆる意味で勝手が違うのです。

『トラベラーズチェック(T/C)』

『トラベラーズチェック』は、簡単に言うと旅行用小切手のことです。購入後に自分のサインが必要なので、自分以外の人は使うことが出来ません。

発行の際に手数料はかかるものの、盗まれた場合は再発行ができるなどのメリットも。多額の現金を持ち歩く場合、トラベラーズチェックの利用を考えてみるのもよいでしょう。再発行の際にトラベラーズチェックの番号が必要になるので、あらかじめ控えておくのがポイントです。

バーツが余ってしまったら

現地でお金が不足すると困るからと多めに両替した結果、帰国の際に思いのほか現地のお金が残ってしまったという人は多いです。

余った分は帰りの空港で使ってしまうのが一番いいですが、どうしてもタイバーツが残ってしまう場合は、日本で両替するととてもレートが悪いので、なるべく現地で日本円に両替しましょう。

タイ旅行検索する

ページトップへ