台北旅行

台北B級グルメを食べつくす! 魅惑の夜市で食い倒れ旅

台北といえば夜市!縁日のように屋台がひしめきあう夜市は、台北のナイトスポットとして地元の人にも観光客にも大人気。屋台メニューの定番から、要チェックのご当地ローカルメニュー、台湾式スイーツまで、ストリートフードの宝庫です。

台北旅行探す

台北の夜市で絶対に食べておきたいB級グルメ

台北の夜といったらなんといっても夜市。狭い通りに店も人もびっしりで、まるで毎日がお祭りのようです。行くだけで楽しくなる台北の夜市でぜひとも味わってもらいたいB級グルメを紹介します。

まずは、オーソドックスな一品中華料理、小吃(シャオチー)を食べてみましょう。台湾名物の小吃(シャオチー)で一番におすすめしたいのが胡椒餅(フージャオビン)です。大量のネギと調味料に漬け込んだ豚肉で小麦粉を練った種で包み、炭火の釜に貼りつけて焼き上げるスパイシーな小吃です。お餅というより、パイ生地やおやきに近い食感です。外はパリパリ、中はもちもちという食感に胡椒(コショウ)がきいた肉の餡(あん)は何個でも食べたくなるおいしさです。

また大餅包小餅(ダービン・バオ・シャオビン)という士林夜市の名物もぜひ食べてみて欲しい一品です。店頭に山のように積まれた揚げ餅ですが、注文すると店員さんが揚げ餅を粉々に砕き始めます。何しているの?と思う間もなく粉々になった揚げ餅を手際よく薄いクレープ状のの皮でくるくると包んで完成です。もちもちとした皮と、パリパリの餅が新鮮な食感を感じさせます。

臭いが独特の臭豆腐。勇気を出してチャレンジしてみます?

日本ではなじみが薄い臭豆腐は、中華圏では昔から愛される軽食です。臭豆腐は納豆菌と酪酸菌によって発酵させた漬け汁に豆腐をつけ込んだ食べ物なのですが、まあとにかく臭いが強烈です。大好きな人と大嫌いな人、両極端に分かれる食べ物ですが、大好きという人がいうには、独特な臭いとチーズに似た食感が癖になるようです。生の臭豆腐に比べて、揚げてある臭豆腐の方が臭いはきつくないのではじめての人は、まず揚げ臭豆腐から挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後は夜市のおすすめスイーツで!

近ごろ日本でもブームのかき氷ですが、台湾の夜市でも人気スイーツです。台湾のかき氷は生果肉をたっぷり使っているところが特徴です。夏はマンゴーかき氷、冬はいちごのかき氷が旬なのでおすすめです。店によっては氷にミルクを混ぜていることもあり、ふわふわで甘い氷もいい味わいです。

もうひとつ食べて欲しいスイーツが豆花という豆乳プリンに似たようなスイーツです。これも台湾でよく食べられるデザートです。豆乳に凝固剤を加え、鍋で加熱して固めたものに落花生や白玉団子をトッピングします。最後にシロップをかけて食べるのが代表的。ほかにもトッピングとしてタピオカやタロイモ団子、あずきなど、いろいろな種類があるのでさまざまな味のバリエーションが楽しめます。日本の豆乳プリンと比べると甘さ控えめなので、甘すぎるスイーツはあわないという人にもおすすめです。

台北旅行検索する

世界のグルメ特集をもっと探す

台北の関連まとめ

台湾の近隣の国から探す

台北の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ