アメリカ旅行

アメリカのクリスマスを楽しむ! 全米各地のクリスマスイベントまとめ

過半数がクリスチャンのアメリカでは、クリスマスはいわば日本のお正月のようなもの。一年のうちでもっとも盛大に祝う大切なイベントです。ニューヨークのロックフェラー・センターをはじめ、全米各州に毎年登場する趣向を凝らしたクリスマスのデコレーションは見る価値ありです。

アメリカ旅行探す

アメリカのクリスマスの定番!ロックフェラー・センター

アメリカ旅行・クリスマス特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

過半数がクリスチャンを占めるアメリカという国にとって、クリスマスは一年のうち一番大切な祝日。いわば日本のお正月に匹敵するこの祝日の準備は、11月末の感謝祭を終えた翌日に始まります。感謝祭翌日は『ブラック・フライデー』と呼ばれ、アメリカの小売店は大規模なセールを行いますが、各都市がそれぞれ趣向を凝らしてクリスマスのデコレーションを始めるのもまたこの日以降。クリスマスの時期にはぜひ訪れてみたい場所をご紹介します。

まずはニューヨーク、ロックフェラー・センター。20メートルを超す大木にきらびやかなデコレーションがほどこされたクリスマスツリーは、感謝祭の翌週の点灯式をもって毎晩、ロックフェラー・センターを照らします。ツリー下の広場にはこの時期限定でアイススケートリンクも登場。深夜0時まで営業しているので、観光やディナーの後でも立ち寄ることも可能ですね。ロックフェラー・センター向かいのデパートやビルにほどこされたデコレーションもロックフェラー・センターを華麗に彩り、クリスマスのフェスティブな気分をグッと盛り上げてくれます。

ワシントン州のドイツ村、レベンワース

ワシントン州シアトルから東に向かうこと2時間、カスケード山脈は山間いの小さな町、レベンワース。ここは小さなドイツ村として有名です。メインストリートには漆喰(しっくい)の壁と太い梁を持った建物が立ち並び、さながら中世ヨーロッパの村にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。クリスマスの時期は『ライティングフェスティバル』が行われ、レベンワースの目抜き通りは、つららや雪の結晶の電飾で温かな暖色に飾られます。夜になれば降り積もった雪がキラキラと電飾に反射し、幻想的で美しい光景が広がります。

作り立てのソーセージやドイツ料理やビールだけでなく、ワシントン州で作られたワインも味わうことができるレベンワースは、スキーリゾートにほど近いこともあり、夕方から夜にかけてはスキー客で特に混雑しますが、一見の価値ありです。シアトル市内からは日帰り観光バスも運行しており、ビールもワインも思う存分楽しめます。

ハワイのサンタはイルカのソリに乗ってやってくる

クリスマスと言えば雪というイメージが強いですが、アメリカでもいつも暖かいハワイのクリスマスは一味違いユニークですので、ご紹介します。

ハワイのサンタはアロハシャツにハングルーズのポーズを決め、ミセス・クローズと共にイルカが引くソリに乗って海を渡ってくるのです。サーフボードに乗ったサンタもいます。ロイヤル・ハワイアン前のディスプレイをはじめ、繁華街に出るとハワイならではの素敵なサンタ像がクリスマスツリーと共に飾られており、これらのユニークなディスプレイを巡るのもハワイの楽しみ方の一つですね。

ホノルルのダウンタウンの市庁舎とその周辺では、『ホノルル・シティライト』というイルミネーションイベントも開催されていて、12月の第一土曜日はライトアップイベントを兼ねたパレードが行われます。また、ハワイならではのオーナメントをお探しなら、ビーチやハワイアンキルト柄がおすすめ。モールやデパートでもオーナメント専門のお店が立つことがありますので、チェックしてみてください。ハワイでは『メリークリスマス』を『メレカリキマカ』と言います。この季節にハワイを訪れることがあったら、ロコにならってこう声をかけましょう。

アメリカ旅行検索する

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ