ベトナム旅行

ベトナム世界遺産の旅で必ず行くべきところ3つ

ベトナム最後の王朝の都であり、ベトナム初の世界遺産となったフエ、ベトナム最高の景勝地といわれ神秘的な伝説が残るハロン湾、かつての日本人街の面影が今も残っている古都ホイアン。世界遺産からベトナムの歴史をひもとく旅へ出かけませんか?

ベトナム旅行探す

ベトナム、最後の王朝フエ

ベトナム旅行・世界遺産特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

壮大な建造物が並ぶフエは、ベトナム最後の王朝であるグエン朝の都として栄えました。ベトナムの最初の世界遺産として毎年多くの観光客がこの地を訪れています。

昔の市街の跡が残る王宮は圧巻で、鳳凰をかたどった門をくぐると正面に太和殿があります。中国の影響から龍の装飾が施されており、ベトナムの歴史的背景を肌で感じることができます。美しい池の傍にベンチが用意されており、ゆっくりとした時間を過ごしながら、100年以上続いた王宮の雰囲気を楽しむことができます。ガラス細工が名産品なのでお土産を購入することもできます。ホーチミンから飛行機で約1時間。そこからバスで30分ほど移動すると到着します。

神秘的なハロン湾

ベトナムの北部、ハノイからバスで3時間30分のところに、多くの奇岩が残るハロン湾があります。荘厳な雰囲気のこの地は、ベトナム最高の景勝地といわれ、龍の吐き出した宝玉が岩となったという神秘的な伝説とあわせて人気の観光スポットとなっています。世界中からの観光客も年々増加傾向にあります。

ハノイから日帰りも可能なのですが、クルーズ船で一泊するツアーも用意されていますので、ぜひ体験したいものです。夕日やすばらしい星空、そして朝日をゆっくりと眺めてハロン湾のさまざまな表情を味わいましょう。世界遺産に登録されてからは、ホテルやマーケットなどもオープンしさまざまな設備も充実してきました。また岩に移動して鍾乳洞(しょうにゅうどう)を探索する体験ツアーや、海岸でのバーベキューなども人気です。水上で生活する人々を眺めながら、大自然の遺産を存分に楽しんでください。

港町ホイアンを歩く

ベトナムの中部、ダナンから車で1時間のところに古都ホイアンがあります。この水辺の町はかつて1,000人を超える日本人が暮らしていた場所であるため、どこか懐かしい雰囲気を感じとることができます。

ホイアンのチャンフー通りにある来遠橋は、1593年に日本人によって架けられた屋根付きの橋です。かつては川の両サイドにあった中国人町と日本人町を結んでいました。江戸幕府の鎖国によって中国人町の方が栄えていったので、建物には鮮やかな中国様式が目立ちますが、ところどころに日本の建築様式が垣間見えます。散歩の延長ですべてを見て回れるほどの小さな町ですが、深く長い歴史と懐かしさが詰まっています。

ホイアンの旧市街は、自動車やバイクの乗り入れが禁止されている時間帯があるので、ゆっくり町と向かいあうことができます。この地と日本の歴史を勉強してから訪れれば、更に深い体験になるでしょう。

ベトナム旅行検索する

世界遺産特集をもっと探す

ベトナムの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ