ハワイ アクティビティ パドルサーフ

風を感じながらゆったりとした時間を楽しむ 気軽に誰でも楽しめるカジュアルアクティビティ

普通のサーフボードよりも大きめなボードの上に立って、パドルと呼ばれるオールで漕いで緩やかな波に乗ったり、海の上を散歩するスポーツ。バランスを取りながらパドルすることでバランス感覚や下半身なども鍛えられ海外ではポピュラーなフィットネスとして親しまれています。波乗り、レース競技も世界で開催されており、様々な人々が楽しんでいます。
最近は、世界各国のプロサーファーたちも、パドルサーフでのトレーニングを取りいれているそうです。

サーフィンができなくても楽しめるのがパドルサーフの最大の魅力

波がなくとも、漕ぐのはパワーが必要。

パドルサーフは、1960年代にワイキキのビーチボーイズ達によって考えられたスポーツで、全長約3メートル程の大きなボードに乗るため浮力があり、安定性があります。
最初は恐る恐る膝立ち程度でも、コツを掴むとすんなりと立ち上がることができます。

勢いよく漕げばスピードが出ますし、緩やかに風と共に流れるように漕げばゆったりと楽しむことができるので、アクティブ派ものんびり派も満足できるスポーツです。ヨットやサーフィン、水上スキーなど、高い技術が要求されるものよりも、もっと手軽に誰でもトライできるパドルサーフ。マリンスポーツはしたいけれど、何から手を付けてよいのか迷ってる方は、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

体全体を使うのでエクササイズ効果も期待できる

30分もすれば、全身にさわやかな汗をかくほど。

パドルサーフは海外のスーパー・モデルやセレブの間でも流行しています。水面に浮いているボード上に絶妙なバランスを保ちながら立つので、無意識のうちに身体全体の筋肉を使います。骨盤ダイエットに近い仕組みで筋肉によって骨盤が矯正されるのでウエストがすぐにクビれてくるようです。筋力トレーニングでつく派手な筋肉ではなく、内側の筋肉が鍛えられるので、スポーツを楽しみながらしなやかな体を手に入れられるというダイエット効果も期待できます。

疲労感を感じたら、無理をせず鮮やかな空を見ながらボードの上で横になって休憩するのもおすすめ。

おすすめ・関連コンテンツ

ページのトップへ