海外航空券/格安航空券 > ヨーロッパ査証(ビザ)情報

査証(ビザ)情報

査証(ビザ)の要否、旅券残存有効期間をお忘れなくご確認ください。

(最終更新日:2017/10/04)

○:観光査証・渡航認証要  ×:観光査証・渡航認証不要
国・地域名 査証要否 備考 旅券残存有効期間
アイスランド 共和国 × 6カ月間で3カ月以内の観光は査証不要。
シェンゲン協定加盟国。旅券の未使用査証欄が2頁以上要。出国用航空券要。海外旅行保険の加入が望ましい。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
アイルランド × 滞在期間・目的に関わらず査証不要。
3カ月を超える滞在の場合は現地で外国人登録が必要。
アイルランド出国時6カ月以上必要。
アゼルバイジャン共和国 現地手配会社を通じてe-Visaを取得する。
その都度確認する。
アルバニア共和国 × 90日以内の滞在は査証不要。
査証料としてEUR10、滞在中の費用証明、次の目的地への必要書類が必要。
都度確認する。
アルメニア共和国 アルメニア外務省HPよりe-Visaを申請する。
査証詳細はその都度大使館に確認する。
査証申請時90日以上必要。
アンドラ公国(フランス) × 90日以内の観光は査証不要。
フランスまたはスペインから陸路入国。出入国審査はない(旅券・航空券の提示を求められる場合がある)。
フランスまたはスペインの入国条件を満たしていること。
イタリア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から6カ月間に合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。
過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。出国用航空券が必要。
シェンゲン協定加盟国出国時90日以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ウクライナ × 90日以内の滞在。滞在費用証明が必要(証明書の提示を求められる場合がある)。
旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。滞在費用証明(1日US$100相当の現金、ホテル予約証明書等)が必要。提示を求められる場合あり。
帰国時まで有効なもの。
ウズベキスタン共和国 滞在可能日数は申請日数により、最長30日。
出国時3カ月以上必要。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。
エストニア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から6カ月間に合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。
過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。入国時、海外旅行傷害保険加入証書(滞在期間をカバーするもの、クレジットカード付帯も可)の提示が求められる。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上。旅券の未使用査証欄は連続3頁以上。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
オーストリア共和国 × 6カ月未満の観光は査証不要。
シェンゲン協定加盟国。海外旅行保険の加入が望ましい。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
オランダ王国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から6カ月間に合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。
過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。出国用航空券要。海外旅行保険の加入が望ましい。
出国時3カ月以上、旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
カザフスタン共和国 × 30日以内の観光、業務等は査証不要。
無査証滞在は2017年1月1日から2017年12月31日までの予定で導入される制度。
出国時6カ月以上、旅券の未使用査証欄は見開き2頁以上必要。
キプロス共和国 × 3カ月以内の滞在は査証不要。
入国時3カ月以上必要。
ギリシャ共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から6カ月間に合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。
過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。海外旅行保険の加入が望ましい。
滞在期間+3カ月以上必要。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
キルギス共和国 × 60日以上の滞在の場合は事前に査証の取得が必要。
出国時まで有効なもの。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 × 6カ月以内の滞在は査証不要。
出国用航空券、滞在費用証明が必要。
帰国時まで有効なもの。
クロアチア共和国 × 180日間の期間内に合計90日以内の観光は査証不要。
出国時3カ月以上必要。
サンマリノ共和国 × 90日以内の滞在は査証不要。
入国時90日以上必要。
ジブラルタル(英国) × 短期間の観光は査証不要。
滞在期間は入国審査官判断。入国時に出国用予約済航空又は乗船証、次の訪問国の査証、十分な滞在費用要。
その都度確認する。
ジョージア × 入国日から1年間の滞在は査証不要。
海外旅行保険(滞在期間をカバーするもの)への加入が必要。
入国時6カ月以上。ただし、帰国時まで有効なもの。
スイス連邦 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
スウェーデン王国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
スペイン × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。入国時に往復航空券、滞在費用および滞在目的の証明(日程表、ホテル予約証明書等)が必要。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
スロバキア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
スロベニア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
セルビア共和国 × 180日間で90日以内の滞在は査証不要。
出国時90日以上必要。
タジキスタン共和国 観光査証の滞在日数は申請通り(45日以内)。
出国時6カ月以上必要。旅券の未使用査証欄 2頁以上必要。
チェコ共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。滞在期間をカバーする海外旅行保険の加入(治療・傷害・死亡各EUR3万以上)が必要。
チェコ出国時3カ月以上、旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
デンマーク王国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。出国用航空券要。海外旅行保険の加入が望ましい。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上あることが望ましい。(航空会社によりシェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上の旅券残存を求められる場合あり。)
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ドイツ連邦共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
トルクメニスタン 滞在可能日数は、入国管理局発行の招聘状記載内容による。
現地入国管理局からの招聘状(現地関係機関を通じて申請)を所持していれば在日大使館で査証取得可。
入国時6カ月以上(招聘状申請機関と入国管理局の間の取り決めにより異なる)。旅券の未使用査証欄は出国時1頁以上。
ノルウェー王国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時90日以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
バチカン市国 × イタリアの入国条件を満たしていれば査証不要。
イタリアの入国条件(旅券残存はシェンゲン協定加盟国出国時90日以上)を満たしていること。
ハンガリー × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
フィンランド共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。出国用航空券が必要。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
フランス共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。旅券の未使用査証欄は見開き2頁以上必要。出国用航空券要。海外旅行保険、滞在費証明持参が望ましい。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ブルガリア共和国 × 最初入国日から6カ月間で90日以内の観光は査証不要。
出国時3カ月以上必要。海外旅行傷害保険の加入が必要。入国時に提示を求められる場合がある。
ベラルーシ共和国 観光査証の滞在可能日数は申請日数通り(30日以内)。
10日まで滞在の場合、バウチャーまたはホテル予約確認書(コピーでも可)が必要。
11~30日滞在の場合、現地旅行会社からの手配確認書が必要。
上記詳細は大使館に要確認。
観光・商用・知人訪問目的に限り、 条件付きで入・出国含む最大5日以内の無査証滞在が可能。
  1. ミンスク国立空港より入出国する場合のみ適用
    • ロシアからの入国、ロシアへ出国する場合は、ミンスク国立空港を利用する場合でもベラルーシ査証が必要。
  2. 一般旅券所持者のみ。
    • 外交・公用等特殊な旅券は適用外。
  3. 出入国を含め最大5日以内。最大1年間で90日までの滞在。
  4. 入国の際に以下が必要。
    • 旅券:残存はベラルーシ出国日+6カ月以上
    • 滞在費用:1日あたり25EUR(相当額のベラルーシルーブルも可)の現金。銀行のキャッシュカードとその口座の英文残高証明書でも可。
    • 海外旅行保険:死亡保障金額が10,000EUR以上、滞在期間をカバーするベラルーシで有効なもの。
    • 入国カード
査証申請時6カ月以上必要。
ベルギー王国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。旅券の未使用査証欄は連続3頁以上必要。出国用航空券、宿泊証明、滞在費証明要。海外旅行保険の加入が望ましい。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ポーランド共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。十分な滞在費として、滞在3日以内はZL300以上、4日以上は1日につきZL100以上必要。
ポーランド出国予定日+3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ボスニア・ヘルツェゴビナ × 90日以内の観光は査証不要。
出国時3カ月以上 必要。
ポルトガル共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。旅券の未使用査証欄2頁以上必要。往復の予約済み航空券または予約内容証明要。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
マルタ共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から6カ月間に合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。復路航空券が必要。
入国時3カ月以上。ただし、航空会社によってはシェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上の旅券残存を求められる場合あり。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
モナコ公国(フランス) × 90日以内の観光は査証不要。
入国時3カ月以上必要。
  • 訪問するシェンゲン協定加盟国の残存に要注意。
モルドバ共和国 × 最初の入国日より6カ月間で90日以内の滞在は査証不要。
その都度、現地や利用航空会社等に確認する。
ラトビア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。滞在期間をカバーする海外旅行保険(治療・救護の補償額がEUR30,000以上)への加入が必要。
シェンゲン協定加盟出国時3カ月以上。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
リトアニア共和国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。海外旅行保険の加入義務

リトアニアを旅行するすべての外国人、一次滞在許可証の取得を希望する外国人およびその家族(未成年を含む)は、事前に海外旅行保険への加入が必要。入国時に加入証券オリジナルが必要。クレジットカード付帯保険の場合も、口頭での説明または保険会社からの加入証明書の持参が必要。証券はリトアニア語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語のいずれかで以下の内容が記載されていること。
  1. リトアニア滞在期間をカバーするもの
  2. 保険適用地域(渡航先)にリトアニアが含まれていること
  3. 保険会社の連絡先および契約番号
  4. 補償金額(1人最低EUR5,795)
  5. 緊急移送を含む医療サービスが含まれているか
  • 保険の未加入者は入国を拒否されることがある。
出国時3カ月以上必要。旅券の未使用査証欄は2頁以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
リヒテンシュタイン公国(スイス) × 180日間で90日以内の観光は査証不要
シェンゲン協定加盟国。無査証滞在の条件はスイスに準ずる。
シェンゲン協定加盟国出国予定日から3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ルーマニア × 90日以内の観光は査証不要。
出国時3カ月以上必要。
ルクセンブルク大公国 × 最初のシェンゲン加盟国の入国日から180日間で合計90日の無査証滞在が可能。
すべての加盟国での滞在日数が合計90日以内であること。過去の渡航歴も確認する。
シェンゲン協定加盟国。
シェンゲン協定加盟国出国時3カ月以上必要。
  • 他のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合、訪問国の査証・旅券残存条件にも注意。
ロシア連邦 観光査証の滞在可能日数は29泊30日
  1. 24時間以内の同一空港内での航空機乗継ぎの場合は査証不要。ただし、トランジットエリア外に出ることはできない。以下の場合、24時間以内でも入国を伴うため通過査証が必要。
    <1>空港内ターミナル間移動で入国を伴う場合
    <2>ロシア国内の空港間移動を伴う乗継の場合
    <3>ベラルーシに渡航するためにロシア国内で乗継ぐ場合
    <4>アエロフロート・ロシア航空を利用し、シェレメチェボ空港を経由してカザフスタンへ渡航する場合
    シェレメチェボ空港で乗継の場合、利用ターミナルによって査証要否が異なるため、その他の航空会社を利用する場合、利用航空会社にその都度確認する。
    現地での査証取得も可能だが、詳細は現地入国管理局に問合せる。
  2. フェリー、クルーズで観光訪問する団体旅行の場合、72時間以内の滞在は査証不要。ただし、正当なライセンスを持つ船会社の船舶で、指定の港から入出国する。事前に入港予定の港の当局に書類の提出が必要。詳細は大使館・領事館に確認する。
ロシア出国時6カ月以上必要。旅券の未使用査証欄 見開き2頁以上必要。