バンコク旅行

ショッピングを楽しむバンコク! ご当地マーケットめぐりで買い倒れの旅

バンコクでは日替わりで常に開かれているマーケット(市)。観光客に大人気の水上マーケットからギネス認定の世界最大マーケットまで、独特な熱気が漂うマーケットは、見ているだけでもワクワクするもの。この機会にバンコクのマーケットを制覇してみませんか?

バンコク旅行探す

バンコク発!日帰りで楽しむ人気の三大水上マーケット

バンコク旅行・ショッピング特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

バンコクを訪れる観光客に人気なのが、ショートトリップで行くバンコク郊外の水上マーケットです。水上マーケットは、元来運河付近で暮らす人々の物のやりとりに使用されていましたが、近年はタイの伝統的な食事や雑貨、衣服などが購入できる、観光客に大人気の観光スポットとなりました。

タイで一番有名なのは、ダムヌンサドゥアック水上マーケットであり、英語や日本語を話せるスタッフが多いため、はじめての観光にはおすすめです。そのほか、土日限定で開催されるタリンチャン水上マーケットや、地元のタイ人が多く訪れるアムパワー水上マーケットも人気です。バンコク市内からはツアーやタクシーで行くことができます。気をつけたいのは、水上マーケットでの食事です。マーケットのフードエリアには、おいしい匂いが立ちこめており、値段もお手ごろなのでつい食べてみたくなりますが、食事や食器洗いは川の水を使用していることがほとんどです。そのため、加熱した料理でも食中毒をおこす可能性があるので、常備薬の持参はもちろん、お腹を壊しやすい人は水上マーケットでの食事を控えたほうがよいかもしれません。

バンコク市内のマーケットを楽しむ!世界最大のマーケットも!

一年中街のどこかでマーケットが開かれている、マーケット天国のバンコクですが、そのなかでも観光客に人気のマーケットを3つお伝えします。

まず、1つ目にギネス公認の世界最大マーケットが土日開催のチャトゥチャック・ウィークエンド市であり、地元ではJJの愛称で呼ばれています。衣服から食事まで、伝統的なものから最新のものまで、すべてがそろうマーケットです。

2つ目に、衣服を主に扱うマーケットが、王宮近くにあるバンランプー市場です。観光がてらに立ち寄ることができるので便利です。

3つ目に、マヒドン大学の近くにあるため学生を多く見かけるのがワンラン市場です。ここも、衣服や雑貨、タイ料理など、なんでもそろっています。

バンコクのショッピングモールで楽しくお買い物!

バンコクのショッピングモールといえば、まずはアジア最大規模を誇るサイアムパラゴンです。広大な敷地には、映画館、水族館などショッピングだけではなくさまざまなエンターテインメントが集まっており、一大テーマパークのような造りとなっています。

電化製品を多く取り扱っているのが、マーブンクロンセンター(MBK)であり、洋服や雑貨類のショップも軒を連ねているため、旅行者に大人気です。

最後にご紹介するのは、小さなお店が並ぶターミナル21です。空港のターミナルをイメージして造られており、世界中の都市をモデルにデザインされた内装も面白いためぜひ訪れたいモールです。

バンコク旅行検索する

バンコクの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ