サイパン旅行

ダイビングといえばサイパン!その人気の秘密に迫る

サイパンのダイビング人気は衰え知らず。サイパン国際空港からプロペラ機で約10分のテニアンエリア、ダイビングスポットのB−29、サンゴが群生するナフタンなど、年間を通じて水温が高く、いつでも透明な海を楽しむことができます。

サイパン旅行探す

年間通して水温、透明度ともに最高!!

サイパンのダイビング人気は衰えを知りません。魅力ある海を目指すには、どのシーズンが良いのでしょうか。日本の春から夏時期は、サイパン国際空港からプロペラ機で約10分のテニアン島にあるテニアンエリアがおすすめです。水温が30度ほどになり、特にフレミングではまるで空を飛んでいるようなドロップオフになります。このエリアは12月から3月くらいまで船が揺れることが多いので、酔い止めの対策が必要です。
人気スポットであるグロットも同じ時期に船揺れが多いです。
サイパン北部は比較的一年中安定してもぐることができます。

11月から3月の冬場はマダラトビエイの季節なので、ダイビングに挑戦してみるにはもってこいです。このように季節によって多少は海の癖がありますが、年間を通じて水温が高く透明な海をいつでも気持ちよく楽しむことができます。

魅力がたっぷり、サイパンダイビングスポット

サイパンには特徴あるダイビングスポットが数多くあります。あまりの豊富さに何度もこの国を訪れるダイバーが後を絶ちません。ダイビングスポットのB−29には、約10メートルの水底に戦闘機のプロペラの残骸がいまだに残っています。ダイビングスポット名はB-29と呼ばれていますが、実は日本の川西二式大艇という飛行艇です。浅く明るいのでゆっくりと見学ができます。

テニアングロットは地形派ポイントで大変面白いダイビングになります。洞窟になっており中に入ると光が神秘的に差し込みます。この辺りはテニアンブルーと呼ばれる強烈な海の青で人気が高いです。

ナフタンはサイパン島最南端のポイントで、群生するサンゴを楽しむことができます。ただ岬に近いので流れが強く、ある程度中性浮力をコントロールできる方におすすめです。透明度はいつでも良い状態です。

ショップ選びは慎重に

サイパンのダイビングショップは家族で経営しているような規模ばかりですので、技術や料金に大きな差があります。自分の目的にあわせたショップ選びが重要です。

さまざまな独自サービスを持っているところも多く、水中で積極的に撮影してくれたり、特別なスポットへ誘導してくれたり、家族で楽しめるポイントを紹介してくれたりします。そういった点も考慮すると同時にホームページで施設写真を検索し雰囲気をつかんでおくのも重要です。

また料金に関しても、支払いのタイミングや価格設定をしっかりと打ち合わせしておかないと、思ったより高額の請求をされることがあります。口コミで評判を下調べしておくと良いでしょう。悪天候のためキャンセルしたが前払い分が返金されなかった、ということがないよう事前にしっかりとしたリサーチが必須です。

サイパン旅行検索する

サイパンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ