サイパン旅行

日本の電化製品はサイパンで使える?旅行前に電圧事情を確認しよう

サイパンのコンセントは形状が同じだから、そのまま使えるのでアダプターは要りません。また海外対応の製品ならば、サイパンで使えるものもあります。国内専用品の場合は変圧器が必要になるので、対応のものを調べて持参しましょう。

サイパン旅行探す

ささったらソレも使えるの?

スマホにデジカメ、ビデオにノートパソコンなどの、日本の電化製品は、そのまま使えるのでしょうか?サイパンで電化製品を使うために、知っておきたいことをお伝えします。

コンセントは日本と同じ!

スマホやパソコンは、旅行先でも使い慣れたものを使いたいですね。でもサイパンで日本の電気製品を使うには、事前の準備が必要です。

まずはコンセントの形状。国によってA・B・C型と形が違いますが、サイパンは日本と同じA型ですコンセントに3つ穴が空いていますが、問題なく使えます。

電圧は120V!短時間ならOK?

ただし電圧は違います。日本の電圧は100Vで、サイパンは120Vです。短時間ならそのまま使えることがありますが、それでも電化製品が故障する恐れはあります。

そこで製品が、海外対応しているかを確認しましょう。本体に「100-240V」などと記載されていれば、サイパンでも同じように使えます。

海外対応品か変圧器を持って

最近発売されている電化製品は、100-240Vの表示がある海外対応のものが多いので、サイパンでもそのまま使えます。ただしドライヤーやヘアアイロンの大半は100Vの国内専用品のため、持っていく場合は変圧器が必要です。

変圧器は、置いていないホテルもあるので注意が必要です。また消費電力により種類が異なるので、使いたい電化製品を調べてあらかじめ準備する方が良いでしょう。

電気ケトルや炊飯器はあきらめて!

トラベルショップで売っている変圧器では、対応できない製品もあります。特に熱を出す炊飯器や電気ケトルは、現地でレンタルするほうが無難です。サイパンで電化製品を使うなら、電圧のチェックなど安全に使用するための準備が必要です。

※本記事の内容は、2016年11月時点の情報です。

サイパン旅行検索する

サイパンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ