サイパン旅行

サイパンの治安は良い?犯罪にあわないための手引

サイパンは比較的治安のよい観光地ですが、凶悪犯罪が少ないというだけで、軽犯罪がないというわけではありません。調子にのって羽目を外しすぎると、危険な目に遭うかもしれません。特にひったくりやスリ、車上狙いなどが多いため、しっかり対策をしておきましょう。

サイパン旅行探す

困ったことが起きないように

サイパンは、世界中から観光客が集まる、比較的治安のよい場所だといえます。しかし、日本と同じように過ごせるわけではありません。観光地では観光客を狙った犯罪があると考え、どのような防犯対策をしたらよいかについて解説します。

リゾート地でも油断は禁物

いくら比較的治安のよいリゾート地でも、まるっきり油断して過ごしてはいけません。日本と同じ感覚でいると、油断していることが周りにバレてしまい、観光客を狙った犯罪者のターゲットとなってしまいます。

空港や繁華街はスリやひったくりに注意

空港や繁華街では、スリやひったくりが目立ちます。スリ被害は繁華街や観光スポットで遭いやすいので、ズボンなどのポケットに財布などの貴重品を入れて歩くのはやめましょう。ひったくりに遭わないためには、奪われやすい形でバッグを持たない、車道側に荷物を持って歩かない、などを意識する必要があります。

車の中に置きっぱなしはダメ!

日本にいるときの感覚で物を置きっぱなしにすると、置引にあいます。短時間でも危険です。特に車の中に物を置きっぱなしにするのは厳禁です。観光地でレンタカーを借りるのはほぼ観光客ですので、荷物の中の貴重品を狙った車上荒らしに遭いやすくなるからです。

水着でフラフラはNG!

女性が水着で街中を歩いていたら、男性を誘っていると勘違いされても文句は言えません。露出度の高い服装もNGです。開放的な気分で羽目を外したくなっても、性犯罪などに巻き込まれないために、いかにも観光客だとわかるような行為は避けた方が賢明です。

凶悪犯罪は少ないけど

サイパンがいくら治安のよい観光地だといっても、軽犯罪が発生していないというわけではありません。あくまでも外国ですから、日本にいるときと同じ感覚で羽目を外すのはやめましょう。

※本記事の内容は、2016年11月時点の情報です。

サイパン旅行検索する

サイパンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ