バンコク旅行

バンコクとチェンマイ、それぞれの魅力と2都市間の移動手段を解説!

タイ随一の大都会・バンコクと、歴史と趣のある古都・チェンマイ。それぞれの都市に異なる文化が息づいており、タイ旅行の際はどちらも訪れてみたいもの。ここでは、それぞれの都市の魅力と、2都市間の移動手段を紹介します。

古今の歴史が調和する首都、バンコク

タイ随一の大都会、バンコク。1782年に、ラーマ1世によってバンコクに遷都されて以来、タイの政治・経済・教育・文化の中心となり、今日に至るまで発展を続けてきました。美しく荘厳な王宮やワット・ポーなど、タイ仏教の代表的な観光地も数多くあり、ショッピングやグルメ、エンターテインメントやリラクセーションを満喫するにも事欠かないバンコクには、世界中から観光客が押し寄せて華やかににぎわっています。

また、都心部には近未来的な建物や高層ビルが立ち並ぶ一方、一歩通りへ入れば現地の人々の暮らしが垣間見えるような、露店や昔ながらの住宅がひしめき合っています。そんな古今の歴史や文化が調和している魅力的な都市でもあります。

文化と芸術が息づくチェンマイ

バンコクから北へ約700km、ピン川のほとりに広がるチェンマイは、1296年から約600年の間、タイ北部一帯を治めたランナー・タイ王国の首都として栄えました。美しい自然に囲まれたチェンマイには、当時の栄華を物語る寺院や遺跡などが数多く残り、その優美さから「北方のバラ」と称され、訪れる人々を魅了し続けています。

また、チェンマイではインドやミャンマーから影響を受けた「ランナー文化」と呼ばれる独自の文化・伝統が育まれてきました。この文化は建築や仏像の様式、言葉や料理、工芸などの分野にわたり、各国の特色を取り入れながら独自のスタイルを形成していったチェンマイの寺院は特に一見の価値があります。

チェンマイ周辺は、タイ最高峰である「ドイ・インタノン」(標高2565m)をはじめとした山々が連なる緑豊かな山岳地帯となっており、観光客には山岳リゾートホテルも人気を集めています。

バンコクからチェンマイへの移動手段

バンコクからチェンマイで移動するには、いくつかの交通手段があります。ここでは、代表的な交通手段を紹介します。

飛行機

バンコクとチェンマイ間は、タイ国際航空とその他の格安航空会社を合わせると、1日40便以上運航しています。所要時間はわずか1時間15分程度と、空の便ならではの利便性を誇ります。

季節や路線によっては非常に混み合うので、予定が決まり次第、早めに予約をするようにしましょう。なお、航空券の予約は、各航空会社のオフィスか、旅行会社やサイトなどから可能です。またバンコクの空港は、利用する航空会社によってスワンナプーム国際空港かドンムアン空港にわかれるので、チケットを購入したらどちらの空港を利用するのか事前に確認を。

バス

バンコクからチェンマイまでバスを利用する際は、北バスターミナルが発着点となります。北バスターミナルは、最寄り駅であるBTSモーチット駅から歩ける距離にはないので、タクシーを利用すると良いでしょう。朝は5:30から夜は22:20まで、約40分間隔でチェンマイ行きのバスが運行していますが、所要時間は約10時間とかなり長いため、体力に自信がある方には夜行バスがお勧めです。

鉄道

バンコクのフアランポーン駅からチェンマイまで、1日5本の鉄道が運行しています。座席も1等から3等まであり、距離や予算・目的に応じて使い分けることができます。所要時間は12-15時間と、かなりの長時間の移動となってしまいますが、寝台車を利用すれば時間のロスを減らすことも可能です。1等の寝台車であれば、エアコン付きの2人用の個室となっているので、プライベートも守られます。寝台車は人気が高いので、早めに予約をすると良いでしょう。

参考:公式サイト内時刻表(Origin=Bangkok、Distination=Cheng Maiと入力)
  • 【URL】http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng

※本記事は2017年1月時点の情報です

バンコク旅行を探す

更新日:2017/09/24

バンコク旅行を検索する

おすすめのまとめ

タイのまとめ

バンコクの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ