韓国旅行・出張特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

韓国旅行探す

韓国出張、ビザは必要なの?!

日本国籍の人が観光および短期商用目的(現地企業との商談、契約、アフターフォローの場合)などの理由で韓国へ入国する場合、90日間はビザなしで滞在可能です。

ワーキングホリデーの場合は観光就労ビザ(ビザ発給日より1年間有効、原則的に取得は1回のみ)
駐在の場合(2年)企業投資の場合(5年)
現地企業で働く場合(専門職業の場合5年、特定活動の場合3年)
語学学校講師の場合(会話指導ビザで2年)

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。事前に大使館、領事館などでご確認ください。

韓国出張に選びたいホテルのポイント

海外旅行ではなく海外出張の場合、ホテル選びのポイントは旅行に比べて増えて非常に重要になります。
ビジネスで宿泊するホテルは海外出張での疲れを癒す目的だけではなく、商談の場や出張時の活動拠点となるからです。ホテルのネット環境や、ビジネスセンターの有無など自分の利用するサービスは必ずチェックしておきましょう。
海外での滞在は、過ごし慣れた日本とは交通事情も習慣も違うため思わぬ部分で失敗を起こす可能性があります。日本ならタクシーや公共交通の利用で問題なく時間までに到着できるはずの訪問先に、様々な事情で間に合わないなど・・・すぐに再訪できず短期間で目的を果たす必要がある海外出張では非常に痛いミスになります。
重要な訪問先に間違いなくアクセスしやすいホテルを選ぶのは、海外出張でのマストのポイントとなりそうです。

日本から近い韓国でも、やはり出張時は上記のポイントは重要。
韓国出張でビジネスマンに人気の宿泊エリアは、江南(カンナム)です。
人気の理由は
1. 移動に便利、色々な所に行きやすい
2. 韓国の主要な大手企業の本社が江南(カンナム)に多い。
3. あまり煩雑なエリアではないため、落ち着いた滞在ができる。
この3点です。江南(カンナム)には備の整ったラグジュアリーホテルも多く安心して滞在できます。
もちろん目的の訪問先に近いエリアがよいですが、もし韓国出張時のホテルに迷っている場合、江南を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
江南にはWi-Fi環境の整ったカフェの数も多く、ビジネスの合間に打ち合わせを兼ねて休憩するのにも困りません。

入国カードの書き方について

韓国に向かう機内で入国カードの記入を済ませましょう。入国カウンター近くに記入する台もありますが、入国審査の時間短縮のために飛び立った後すぐに記載しておくのをおすすめします。宿泊するホテルとその電話番号をすぐ記入できるようにしておくと記入がスムーズになります。入国カードは1人1枚が必要です、鉛筆やフリクションペンなどではなく黒のボールペンで記載してください。内容に間違いがないか、ご自身のパスポートと照らし合わせて正確な内容を記載しましょう。

韓国への入国カードは漢字と英語の表記で記入する仕様となっています。予めどのような内容を書くか理解しておくことでスムーズに記入できるかと思います。以下、記入項目をご紹介します。
・漢字のフルネーム
・日本での現住所
・姓(ローマ字)
・名(ローマ字)
・職業(英語)
・滞在先の住所もしくはホテル名および電話番号(英語)
・性別(男もしくは女にチェック印)
・渡航目的にチェック印
・国籍(JAPAN)
・韓国入国時の便名
・生年月日(西暦・月・日)
・韓国に向けて出発した都市(英語)
・パスポート番号
・パスポートと同記の署名

そのほか税関申告書の提出もあります。

韓国旅行検索する

韓国の海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ