シンガポール旅行

シンガポールの宝物!可愛すぎるプラナカン雑貨のお店4選

『プラナカン』の意味は、「子孫」「末えい」。中国とマレーの融合に加え、ヨーロッパの影響を受けるプラナカン文化の可愛らしい雑貨は、お土産に人気です。カトン地区とシティ地区の、4つのプラナカン雑貨のお店がおすすめです。

シンガポール旅行探す

多民族・多文化・多宗教・多言語の国シンガポール。異なる文化の融合によって生まれた独自の色が魅力的な国ですね。中でも、15世紀後半ごろに生まれた『プラナカン文化』は、シンガポールを代表する文化といえるでしょう。

中国系移民と現地のマレー人が結婚し、中国・マレー・ヨーロッパの文化がミックスされた『プラナカン』はカラフルかつ華麗、繊細、可憐。パステルカラーの建築物は、ネオ・バロック様式などの影響も受けた瀟洒な作り。また、お土産品としても人気の民族衣装や陶器、食器小物などどれもが色とりどりで個性的。行く先々で私たちの目を奪うでしょう。今回はシンガポールの宝物と呼ばれる、プラナカン雑貨のおすすめショップを4つご紹介します。

カトン地区の老舗ショップ『ルマー・ビビ』

プラナカン雑貨の超有名店。プラナカン工芸家のビビ氏がハンドメイドしたカラフルな陶磁器、ビーズサンダル、プラカナン伝統の衣服やインドネシアの正装であるクバヤなど珍しい工芸品がたくさん並んでいます。店内はお土産価格のもの本格的な高級ハンドメイドまでいろいろですが、プラナカン好きなら一度は出向いてみたいものです。

なお、この『ルマー・ビビ』のあるカトン地区はプラナカン様式の建物が立ち並ぶ地区です。ショップハウスの外観はブルーでとても可愛らしく、プラナカン文化が隆盛した時代の面影を、町並みからも感じることができるのではないでしょうか。

ルマー・ビビ
  • 【住所】113 East Coast Road, Singapore 428803
  • 【アクセス】チャンギ国際空港からMRTユーノス駅へ向かい徒歩15分

お手ごろ価格の『ルマー・キムチュー』

同じくカトン地区にある『ルマー・キムチュー』もおすすめのショップです。『ルマー・ビビ』のすぐ隣の店舗なので便利ですね。

こちらのお店は色鮮やかな食器類がたくさん飾られてにぎやかです。お値段もお手ごろ価格なのでお土産におすすめですよ。店舗の1階にはプラナカンのお菓子も販売しています。

ルマー・キムチュー
  • 【住所】 111 East Coast Road, Singapore 428801
  • 【アクセス】チャンギ国際空港からMRTユーノス駅へ向かい徒歩15分

一緒に歴史も学べる『トゥルー・ブルーショップ』

プラナカンの歴史について学べるプラナカン博物館に立ち寄ったあとは、併設されたミュージアムショップ、『トゥルー・ブルーショップ』でお土産を買うのがおすすめ。実用的なアクセサリーやしおり、ポストカードなど厳選されたアイテムが並んでいます。

トゥルー・ブルーショップ
  • 【住所】39, Armenian Street, Singapore. 179941
  • 【アクセス】MRTシティ・ホール駅B2出口より徒歩約10分

シティ地区のアートハウス内『ザ・ショップ』

芸術にまつわる文化交流を目的に、かつて国会議事堂として使われていた建物で運営されている美術館『アートハウス』。シンガポールのクリエイターによる作品の展示を始め映画上映、コンサート、ダンスショーなどが楽しめます。

館内にある『ザ・ショップ』ではシンガポールの地元デザイナーによるインテリア雑貨や文房具、ポストカードやアクセサリーを買うことができます。プラナカンらしいデザインはもちろん、現代の感覚を織り交ぜたオリジナルの逸品をお探しならこちらがおすすめです。

ザ・ショップ(アートハウス内)
  • 【住所】The Arts House, 1 Old Parliament Lane
  • 【アクセス】ラッフルズプレイス駅より徒歩約7分、クラークキー駅より徒歩約10分

まとめ:独特の可愛らしいプラナカン雑貨が人気

プラナカン雑貨はビーズや刺繍製品、カラフルな陶器などを中心に独特の可愛らしさで人気です。プラナカン雑貨のショップはプラナカンの根付く街カトンやシティ地区で見つけることができます。

シンガポール旅行検索する

シンガポールの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ