サイパン旅行

サイパンのおすすめグルメ! 伝統料理を食べつくそう

サイパンでは世界各国のグルメを楽しめますが、どうせなら伝統のチャモロ料理を味わってみたいところ。ほとんどのレストランはTシャツに短パンの軽装で気軽に入店でき、地元グルメを楽しめます。ただしホテルのレストランでディナー、という場合はご注意を。 海に沈む夕日を見ながらのサンセットディナーもおすすめです。

サイパン伝統グルメ、チャモロ料理を味わおう!

サイパン旅行・グルメ特集 | 東京発の海外ツアー・格安航空券・海外ホテル

サイパンの伝統的なグルメといえば、チャモロ料理です。北マリアナ諸島の先住民族チャモロ人に受け継がれてきたもので、現在でもサイパンの家庭料理として地元で愛されています。サイパンでは世界各国のグルメが楽しめますが、せっかく訪れるからには、ぜひこのチャモロ料理を味わってみることをおすすめします。

ケラグエン

なかでもぜひ食べたいのが、チャモロ料理の代表ともいえるケラグエンです。酢やレモンでしめた魚や肉を香味野菜と香辛料であえたメニューです。ビーフケラグエン、チキンケラグエン、シュリンプケラグエンなどメインとなる食材はさまざまです。さっぱりとしていて日本人にも人気のメニューです。ティティジャスというトウモロコシのパンで巻いて食べるのがおすすめです。

フィナデニソース

もうひとつ注目したいのが、チャモロ料理に欠かせないソースであるフィナデニソースです。しょう油にみじん切りのタマネギ、ホットペッパー、レモンまたはライムを加えたもので、サイパンの料理には必ずといっていいほどついてきます。ほとんどのレストランにこのフィナデニソースがあるので、各レストランの味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

サンセットディナーで優雅なひとときを

南国ならではのサンセットディナーを満喫しよう

サイパンでぜひ一度は体験したいのが、海に沈む夕日を見ながら夕食をとるサンセットディナーです。サイパンの美しい海がオレンジ色に染まるなかでの食事はとてもロマンチックです。旅の忘れられない思い出になることでしょう。レストランでは、海がより近くに見えるテラス席がおすすめ。浜辺でバーベキューができるレストランもあります。

地元で人気のレストランでカジュアルに楽しむなら

サンセットが見られるのは島の西側。特に、海岸沿いのビーチロードには飲食店が多くあり、サンセットが楽しめるお店もたくさんあります。例えば、カジュアルなレストランなら、サンホセにある「オレアイビーチバー&グリル」がおすすめ。ここは、地元の人々にも人気が高いオーシャンフロントのレストランです。

オレアイビーチバー&グリル(Oleai Beach Bar & Grill)
  • 【URL】http://www.saipan1.com/oleai/
  • 【住所】Beach Rd Pathway, Susupe, Saipan
  • 【アクセス】ワールドリゾートから徒歩約20分、車で約2分

一流ホテルでのサンセットバーベキューを楽しむなら

美しい夕日を見ながら極上の休日を

観光客にとって行きやすいのが、海沿いのリゾートホテルにあるレストラン。島南部にあるススぺのホテル「カノアリゾート サイパン」内のレストラン「ベアフットビーチバー&BBQ」や、島北部寄りのアチュガオにあるホテル「アクアリゾートクラブ サイパン」内の「サンセットビーチバーベキュー」などが有名です。どちらも一流ホテルのサービスとともにサンセットバーベキューを楽しむことができるのが魅力。サンセットタイムは人気があるので、ぜひ予約をして訪れてみてくださいね。

ベアフットビーチバー&BBQ(Barefoot BBQ)
  • 【URL】https://www.kanoaresort.jp/bbq-c1lt0
  • 【住所】Beach Rd, Susupe, Saipan(カノアリゾート サイパン内)
  • 【アクセス】ガラパン地区から車で約10分
サンセットビーチバーベキュー(Sunset Beach BBQ)
  • 【URL】http://aquaresortclub.premierhotel-group.com/saipan/restaurant/sunset/
  • 【住所】PO Box 500009, Achugao, Saipan(アクアリゾートクラブ サイパン)
  • 【アクセス】ガラパン地区から車で約10分

サイパンのレストランで気をつけたいこと

ドレスコートはある?

サイパンのレストランでは、ドレスコードがあるお店はあまりありません。

飲食店では、Tシャツに短パンといった格好で食事をとる観光客の姿が多く見られます。とはいえ、ホテルのレストランでディナーをするような場合は、ラフすぎる格好では断られる場合があるので注意してください。男性は襟付きシャツと長ズボン、女性はワンピースなどがあると困らないでしょう。

チップについて

また、レストランで気になるのがチップの習慣です。サイパンではチップの相場は料金の10パーセントから15パーセントとなっています。

テーブルで会計をしたときに、チップをテーブルの上に置くのが一般的です。ファストフード店やセルフサービス店ではチップは不要です。また、請求された料金にサービス料が含まれている場合があるので、明細をチェックしてからチップを払うようにしましょう。

サイパン旅行を探す

更新日:2017/11/19

サイパン旅行を検索する

マリアナ諸島のまとめ

サイパンの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ