アメリカ観光情報

アメリカ旅行を検索する

DeNAトラベルが選ばれる理由

業界最大級の商品数

DeNAトラベルだけの
限定商品も充実しています。

コスパ抜群

格安商品が多数!
業界最安値に挑戦中です。

いつでも予約ができる

24時間予約が可能!
時間を気にせず探せます。

アメリカの観光情報

東海岸

東海岸

ニューヨークやワシントンと、世界の注目する街が集まります。アメリカの歴史や文化に触れるならここに来なければ始まりません。

見どころ

セントラルパーク

セントラルパーク

ニューヨーカーの憩いの場セントラルパーク。年間3,000万人以上が訪れる公園は、四季折々の表情も楽しい自然豊かなエリアで、これだけのものが街の真ん中にあるだけでも驚きです。散歩がてらまわっても面白いのですが、名物のジョギングコースは1週なんと約10キロもあるのでご注意を。

ちょっとだけ楽しむコースなら、公園中央部西側の72丁目から入りましょう。

ジョン・レノンをしのんで名づけられたモニュメント・ストロベリーフィールズが見つかります。南側には人々がのんびり過ごす芝生のシープメドウが広がり、日中には多くの家族連れが集まります。大道芸人も出てくる、水の天使像がある噴水で有名なベセスダテラスは東へ歩いてちょっとです。

リンカーン記念館

リンカーン記念館

アメリカの政治の中心ワシントンには、歴史に名を刻む大統領のために建てられたいくつかの記念館があります。その中でも特に有名なものが、巨大な像と神殿風の建物が印象的なリンカーン記念館でしょう。第16代大統領エイブラハム・リンカーンの名を冠するこの建物は、暗殺された当時の州の数と同じ36本の柱で支えられ、合衆国議会議事堂を眺めるように建っています。

ボストン

ボストン

アメリカ開拓の初期に多くの移民が住み着き、早くから独立への道を歩いた街ボストン。ダウンタウンには古い建物が残されていて、反対側には新しいボストンを築き上げています。街の象徴的な観光スポットと言えば、全米で有数のコレクションを誇るボストン美術館。ゴッホやモネなどの名作以外に、貴重な日本美術品も収蔵します。


現在のボストンは学生の街としても知られ、ハーバード大、マサチューセッツ工科大、バークリー音楽院と世界の俊英が集います。彼らは大抵はレッドソックスファンであり、ライバル関係にあるヤンキースとの一戦をパブで熱く観戦する姿は、ここではいつもの光景です。

フィラデルフィア

フィラデルフィア

アメリカの首都はもともとフィラデルフィアでした。ニューヨークとワシントンの中間に位置するこの街は、世界遺産に登録される歴史を学ぶ場が有名ですが、現在の街にも多くの観光スポットを抱えます。中心部にある市庁舎タワーから街の全容を確認したら、フィラデルフィア探訪へ出掛けましょう。

目玉となる博物館や美術館の中でも、バーンズコレクションの名作の数々は圧倒的。20万点以上の収蔵品を誇るフィラデルフィア美術館では、日本語パンフレットを忘れずにもらいましょう。もうひとつ忘れてはならないのが、映画ロッキーにも登場した美術館前の階段。アメリカンドリームの象徴的な光景とも言えますね。

世界遺産・自然遺産

自由の女神像

自由の女神像

おそらく世界のほとんどの人が知っている、ニューヨークの自由の女神像。リバティ島にあるため上陸にはフェリーで行きますが、チケット売り場はいつも混雑しているので、早めに予約を済ませておきましょう。

像の名称は「世界を照らす自由」と言い、王冠の7つの角は7つの大陸と7つの海を、たいまつは移民たちの自由と希望を表す、アメリカの自由と民主主義の象徴です。

1886年に、アメリカ独立100周年を記念してフランスが友好のしるしとして贈ったもので、展望台となっている王冠部分までは階段でのぼれます。
島へ上陸せずに眺めるツアーもおすすめで、中にはクルーズ船やヘリコプターを使うツアーも探せますよ。

独立記念館

独立記念館

アメリカ独立宣言が行われたペンシルベニア州フィラデルフィアの独立記念館は、1749年に州議事堂として建てられました。第3代大統領トーマス・ジェファーソンにより起草された独立宣言が採択された場であり、自由の国アメリカの歴史が始まった場所として、世界遺産に登録されています。

1800年まではこの建物が合衆国議会議事堂の機能を果たし、隣の展示館にある自由の鐘などと合わせ、アメリカ史の重要な証人としてそこに建っています。ちなみにアメリカの議会で使う「上院下院」の呼び名は、この建物がきっかけなのだとか。2階部分を使っていた元老院を、そのまま上院と呼び続けているそうです。

五大湖

五大湖

湖の水の豊かさに支えられ発展する街が湖畔に広がります。中心都市シカゴは力に満ち、市民の熱で寒さをふっ飛ばします!

見どころ

ナイアガラ

ナイアガラ

世界三大瀑布のひとつのナイアガラ。カナダとの国境にもなっていて、アメリカからのアクセスならニューヨーク州バッファローからが便利です。アメリカ側よりもカナダ側のほうが滝の規模が大きくて迫力も違いますが、遊覧船の霧の乙女号に乗船すればどちらの滝にも近づいてくれるので、国境を越える必要は無いでしょう。

ずぶぬれになる覚悟がある方は、風の洞窟ツアーがおすすめです。黄色いポンチョだけ渡されてエレベーターにのり、水しぶきがかかる場所にあるデッキまで歩いていけます。ここではスマホやデジカメも、防水性能が必須ですね。

シカゴ

シカゴ

全米第3位の街シカゴは、摩天楼が生まれた街として有名。1871年の大火をきっかけに建設ラッシュが始まり、超高層ビルも古いヨーロッパのようなデザインの建築物も多く建てられていき、いつのまにかビジネス街を歩くだけでも面白い街並みを形成していました。

その中には、海外ドラマで何度も登場したビルも見つかるでしょう。

この街のスポーツ愛も半端ではありません。リグレーフィールドを本拠地とするカブスは、2016年ついにワールドチャンピオンの称号を得ました。呪いが解けたと喜ぶ市民も多いのですが、オバマ元大統領に代表されるライバルチームのホワイトソックスのファンはどんな気持ちなのでしょう?

ミシガン湖

ミシガン湖

果たしているのがミシガン湖です。ビーチでの日光浴やヨットでのクルージングは、世界第5位の広さの湖のそばに住む人たちの特権。大都会シカゴから飛び出して、水着でマリンライフを楽しみましょう。

湖畔一の観光地と言われるのがネイビー・ピア。遊覧船やシアターに博物館と、さまざまなアクティビティを備えています。目印は巨大観覧車、湖を上から眺めましょう。なおミシガン湖は風が強く、冬には湖面が凍るほど寒くなります。こんな時期は、ほとりのアイススケート場がおすすめです。

マキナック島

マキナック島

ヒューロン湖に浮かぶマキナック島は、周囲10キロそこそこの小さな島。車社会のアメリカにありながら、島内では自動車の使用が一切禁止されており、代わりに馬車がポクポクまわる、とても牧歌的な島なのです。

街も映画のセットのようなアーリーアメリカンなかわいい雰囲気で、夏のリゾートシーズンには全米から多くの観光客を迎えます。

もともとは独立戦争時にとりでが築かれた場所で、島には大砲などのモニュメントも残ります。宿泊先には名門のグランドホテルを選びましょう。ここは一流ホテルのためにディナー時にはドレスコードがあるので、最低限のドレスとアクセサリーを忘れずに。

ミネアポリス

ミネアポリス

メキシコ湾まで流れるミシシッピ川のはるか上流にあるミネソタ州は、かつては交通の要所として栄え、現在では経済や芸術が非常に発展しています。

代表的存在のミネアポリスにあるがスリーシアターは、時には実験的な舞台を上演するばかりでなく、建物自体も奇抜だと評判です。

さらに来場者と驚かせるのが、NFLバイキングスのホームグラウンドUSバンク・スタジアム。

外観の派手さや入場後スマホで受けるさまざまなサービスなど、最新のスタジアムとして注目されています。2018年に行われる頂上決戦・スーパーボウルの開催も決定し、ハーフタイムショーとあわせて今から楽しみです。

世界遺産・自然遺産

マンモス・ケーブ国立公園

マンモス・ケーブ国立公園

五大湖からメキシコ湾を目指して走った中間に位置する世界遺産は、毎年多くの観光客が訪れる国立公園で、世界最大級の洞窟の長さは分かっているだけで600キロ近く。最大6時間かけて決行される探検ツアーは、要予約の人気ぶりです。トンネル内に開けた巨大な空間はマンモスドームと呼ばれ、ライトアップされ幻想的な光景が広がります。


封鎖された空間には独特の生態系が成立し、洞窟おなじみのコウモリ以外にも、目の見えない魚などここにしかいない生き物たちに出会えます。洞窟内は外気と遮断されていつも15度前後なので、外がどんなに暑くても上着を持っていきましょう。

フロリダ・メキシコ湾

フロリダ・メキシコ湾

暖かなメキシコ湾に、アメリカンビーチリゾートのフロリダ半島。Tシャツや水着がよく似合う、自然のリゾート満載のエリアです。

見どころ

ジョンソン宇宙センター

ジョンソン宇宙センター

宇宙を身近に感じたいなら、テキサス州ヒューストン行きを日程に追加しましょう。宇宙開発の最先端を走ってきたジョンソン宇宙センターは、オーランドにあるケネディ宇宙センターと連携して、アポロやスペースシャトルなどで宇宙旅行という夢を現実のものにしてきました。

敷地の一画が博物館になっていて、宇宙開発の歴史を楽しく学べます。アトラクションはどれも人気で、週末はアメリカ人が家族連れで遊びに来るほど。普通は立ち入り禁止のエリアへと走るトラムツアーが特に人気ですので、できれば平日などに近くのホテルを予約して訪れたいですね。

キーウエスト

キーウエスト

フロリダ半島の南に浮かぶ島キーウエストへと続く橋「セブンマイルブリッジ」は、誰もが映画やCMで見たことがあるでしょう。突き抜けるような空と海の間には橋しか見えない、そう快な風景が広がります。たどり着く先はヘミングウェイも愛した自然豊かな島。キューバのほうが近いくらいの場所にあるので、マリンスポーツにトロピカルフルーツと南国気分で過ごしましょう。

写真を撮るなら夕暮れ時も忘れずに。メキシコ湾に落ちていく太陽もロマンチックですてきですが、涼しくなったこの時間に登場するパフォーマーの演技も楽しみましょう。ジャグリングのシルエットが夕日に映える、とびっきりの1枚を狙ってください。

デイトナ・ビーチ

デイトナ・ビーチ

自動車大国アメリカの乗り物へのこだわりは強く、古い車をレストアしていつまでも乗っていたり、最新のマシンをとことんチューニングしたりと、自分で整備・改造することさえ珍しくありません。当然のように日常的にカーレースを楽しみ、中でもストックカーレースの聖地デイトナ・ビーチのサーキットは、数々のビッグレースでアメリカの歴史を彩ってきました。

ここにあるどこまでも続く白い砂浜の海岸線は、全米から大学生が春休みに遊びに集まることでも有名です。ビーチパーティーを覗けばどこも大盛り上がりですから、思いっきり遊ぶのが目的ならアメリカではここが一番かも。

アトランタ

アトランタ

「風と共に去りぬ」の舞台となった南部の街アトランタ。作家マーガレット・ミッチェルのベストセラーは映画も世界的なヒット作品となり、古き良きアメリカに恋と人間模様が渦巻くストーリーで「聖書の次に売れた本」とまで言われます。

作品の世界に触れるなら、かつて作者が住んだマーガレット・ミッチェル・ハウス博物館へ出掛けましょう。

世界中どこの国でも売っているコカ・コーラ。本社があるアトランタには、コーラの博物館ワールド・オブ・コカ・コーラがあります。製法の秘密や歴史はもちろん、世界のコーラアートなどとにかくコカ・コーラのすべてが集まっています。

ニューオリンズ

ニューオリンズ

メキシコ湾に面したニューオリンズでは、本場のジャズに触れてみましょう。ストリートで腕前を披露するプレーヤーもいますが、しっかり聴きたい場合はジャズクラブがおすすめです。純粋に音楽を楽しむお店から、食事やお酒を一緒に楽しむお店まであり、一般的にドレスコードも厳しくは求められません。

ジャズミュージックにはニューオリンズ料理がよく合います。

タバスコ発祥の地らしくスパイスの利いたクレオール料理やケイジャン料理はどれも絶品、本場のジャンバラヤもぜひお試しください。そんなニューオリンズがもっとも盛り上がるのが、謝肉祭最終日のカーニバル・マルディグラ。リオのように大きな山車が街にあふれます。

世界遺産・自然遺産

グレート・スモーキー山脈国立公園

グレート・スモーキー山脈国立公園

アパラチア山脈にあるグレート・スモーキー山脈国立公園は、広大なエリアに2000メートル近い高低差が育む独自の生態系が有名なエリア。訪れる人が全米でもっとも多い公園で、豊かな森にはトレッキング楽しむ人の姿を多く見ることでしょう。

ここに生きる動植物の中には、氷河期をも生き延びた独自の種もいて、生物学的な観点からも世界遺産に登録されています。豊富な雨量に支えられる森の奥には、クマが全米一密集して生息していて、夏場は遠くからでも木登りクマさんを見つけられるでしょう。あなたもキャンプ用具を一式整えて、森へのハイキングへ出掛けませんか。

西部・山岳部

西部・山岳部

ロッキー山脈や砂漠地帯には、世界でもここでしか見られない景色が広がっています。人工の街ラスベガスの夜景も見逃せません。

見どころ

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

ユタ州とアリゾナ州にまたがるパウエル湖を中心に、絶景ポイントを数多く有する一帯をグランドサークルと呼びます。グランドキャニオンなど多くの国定公園や世界遺産を抱えますが、中でもアンテロープキャニオンの絶景ポイントは最近特に注目を集めるエリアです。

現地ナバホ族の言葉で水が岩を流れる場所という意味のこの土地は、風と水の力で浸食された岩肌が荒々しくも繊細な造形美をつくり出します。

地下回廊にあるビームと呼ばれる日が差し込むエリアは、好条件で見るためには太陽が真上に来るタイミングを見計らって出発しなければなりません。突然の鉄砲水により立ち入り禁止になることもあるので、気象条件は十分なチェックが必要です。

ホワイトサンズ国定公園

ホワイトサンズ国定公園

見るからに真っ白い世界が広がるのは、寒い地域だけではありません。ニューメキシコ州のホワイトサンズ国定公園は、石こうがつくり出した砂丘。近くに水の無いこの地域では、地表に石こうの砂が残ったままになり、その広さはなんと東京23区と同じほど。この白い砂丘は、風に乗って絶えず移動をしていて、1年で10メートルほど南西へと動いているそうです。

ここへ来るための公共の交通機関は無いため、ツアーへの参加やレンタカーを活用しましょう。きめ細やかな砂質のため、スキーやスノボを持ち込んで遊ぶ人も多いそうです。ウインタースポーツとの大きな違いは、いつも非常に乾燥していること。水分補給は忘れないように。

セドナ

セドナ

アリゾナ州のセドナは、ネーティブアメリカンの聖地としても知られる、世界的に有名なパワースポット。赤土色のごつごつとした岩山がむき出しで、荒涼とした光景がとても印象的です。地球の磁力が集まる場所、という意味のボルテックスがいくつもあり、神秘の世界に迷い込んだような感覚に襲われます。

この地では、エアポートメサ、ボイントンキャニオン、ベルロック、カセドラルロックの4大ボルテックスめぐりは欠かせません。感じるエネルギーはそれぞれ違うらしいので、訪れて感覚の違いを楽しみましょう。街では現地に根付くアートやカルチャーを紹介する施設もあるので、お土産にもネーティブアメリカングッズを選ぶのがおすすめです。

世界遺産・自然遺産

グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園

アリゾナ州北部のコロラド川沿いにあるグランドキャニオン国立公園は、アメリカでもっとも人気のある自然観光スポットとも言われます。人間では想像もつかないほどの長い期間をかけてこの景観はつくられ、どこで撮っても絶景写真になってしまいます。

公園内はサウスリムとノースリムに分かれ、特に開発されているサウスリムは観光に最適です。時間と度胸のある方は、床がガラス張りのU字橋スカイウォークへ行ってみませんか。1000メートル以上も下にある谷底への眺めは迫力満点! 朝日のマーサポイント・夕日のヤバパイポイントと合わせてまわると良いでしょう。

イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園

ワイオミング州など3州にまたがるイエローストーン国立公園は、アメリカでも最大の火山帯にある世界遺産。地下に大量のマグマを抱えるこの公園には、地球にある温泉の源泉や間欠泉の半数以上が集まっていて、噴き出した熱水による泉の不思議な色や生態系が、人類が犯してはならない聖域のように広がっています。

有名なグランド・プリズマティック・スプリングの7色の泉の秘密は、生息するバクテリアや鉄分。淵は黄色く変色し、中心部は熱水の影響で鮮やかなコバルトブルーに光り、絵の具をこぼしたような風景を描いています。60メートルも吹き上がる間欠泉も見どころです。

サン・アントニオ伝道施設群

サン・アントニオ伝道施設群

2015年に世界遺産に登録されたばかりのサン・アントニオ伝道施設群。テキサス州南部のサン・アントニオ川のほとりに、この地の開拓のために建てられた宗教施設や住居、川の流れを生かした街の成り立ちが評価されています。その中のひとつアラモ砦は伝道所として建てられ、アラモの戦いの舞台となったことでも知られます。

遺跡は入植したスペイン人の文化と先住民のコアウィルテカ文化が融合する、ここにだけで見られる独特のデザインが印象的です。川の最下流にある遺跡はそれ以外とは30キロ以上も離れており、2つの文化の融合が深く根付いたことを感じさせます。

西海岸

西海岸

日本から最初にたどり着くアメリカ大陸は、楽しいアメリカが詰まったエリア。自然やビーチにおいしいグルメまでついてます。

見どころ

ハリウッド

ハリウッド

ロサンゼルスの見どころの中でも「映画の都」ハリウッドの存在は特別です。迷ったら大型モールの、ハリウッド&ハイランドセンターへ行きましょう。ここへ来れば映画や演劇にショッピングまですべて楽しめて、しかもハリウッドサインと言われる「HOLLYWOOD」の看板も最もよく見渡せます。

メトロレイルも乗り入れているので、ここでホテルを予約すれば移動も楽になりますね。

ドルビーシアター・TCLチャイニーズシアター・ウォークオブフェイムは、必ずまわりたい定番スポット。プレミア上映会の日に重なれば、ハリウッドセレブが目の前に表れることもあります。特にアカデミー賞シーズンは絶対外せないスポットです!

ロデオドライブ

ロデオドライブ

ロサンゼルスまで来たんだから、ビバリーヒルズでセレブ気分を楽しみましょう。おすすめは高級ブランドショップいっぱいでウキウキな、ロデオドライブでのとびきりリッチなお買い物。シャネルにグッチにプラダ… すっかり映画のプリティ・ウーマン気分です。

おサイフを少しだけ緩めてカワイイドレスを買って、トゥーロデオの階段で1枚パチリ!

おいしいレストランもたくさんあるから、ちょこっとグルメにも挑戦しましょう。見るからに高級そうなジェラートに、なぜか自動販売機で買うカップケーキ。こだわり多めのオーガニックなコールドプレスジュースもあるので、片手に持ってウインドウショッピングなんてステキ!

ウォルトディズニーファミリー博物館

カリフォルニア州サンフランシスコには、ディズニーの生みの親ウォルト・ディズニーの博物館があります。ゴールデンゲートブリッジからすぐ近くにあり、思ったより小さめの敷地でつい見落としてしまいそうですが、ディズニー好きがここまで来たら絶対見逃さないでほしいスポットです。

内部にはディズニー本人とディズニースタジオに関するさまざまな展示があり、昔のセル画やポスター、いろんな表情のミッキー人形と、試行錯誤の中にも夢にあふれた当時を思わせます。構想の中のディズニーランドのジオラマも展示されていて、当時からディズニーの夢は大きかったんだなぁと感慨深くなることでしょう。

サンタモニカ

サンタモニカ

温暖な西海岸には多くのビーチがあり、特に南部のロサンゼルスにはイメージどおりの白い砂浜のビーチがそろいます。高級住宅街に近いマンハッタン・ビーチやマリブ・ビーチなどではビーチでスポーツを楽しむ姿に、郊外のロングビーチやラグーナビーチまで行けば泳いだりサーフィンしたりする人々に出会えるでしょう。

中心部のサンタモニカは、若者が多く集まるビーチ。浜辺には外国人観光客も多く、いつもにぎやかで安心して楽しめるエリアです。近くにはサンタモニカ・ビアという遊園地もあり、ピクニック気分で訪れるなら最適でしょう。あわせてチェックしたいのがシーフードレストラン、名物のロブスターを堪能しましょう。

世界遺産・自然遺産

ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園

西海岸沿いに連なるシエラネバダ山脈に広がるヨセミテ国立公園。アメリカを代表する観光スポットであり、氷河に削られて形成された力強い景観と、クマも数多く生息する豊かな自然が織り成す世界遺産です。中央にひらけたヨセミテバレーは、名所エルキャピタンやハーフドームが見渡せる絶景ポイントとして有名です。

水の豊かな土地のため多くの滝が点在し、中にはヨセミテ滝のように落差がナイアガラよりも大きな滝もあります。マイナスイオンをいっぱい浴びたら、滝の先にある川辺でラフティングに挑戦してみましょう。キャンプ場でテントを借りて1泊するのもおすすめです。

レッドウッド国立及び州立公園

レッドウッド国立及び州立公園

セコイアの巨木の森が広がるこの公園は、映画スター・ウォーズのロケ地としても有名です。このあたりにだけ自生する世界で最も高い樹木レッドウッドは樹齢1,000年、高さ100メートルにもなる巨木で、恐竜がこの星で生活していたころは北半球のどこでも見られた植物でした。この貴重な森林が、世界遺産に登録されています。

高層ビル30階の高さにもなる木々の立つ公園内は、豊かな自然を楽しめるトレッキングコースが整備されています。かつての乱伐から少しずつ以前の姿を取り戻している森では、シカの一種エルクの群れにも出会うでしょう。森は雨が多いので、雨具を持っていけば安心です。

アメリカの名物グルメ

ハンバーガー

ハンバーガー

多様な食文化を持つアメリカですが、代表的なものは何と言ってもハンバーガー。
アメリカのハンバーガーはとにかく豪快!
たっぷり盛りつけられたお肉と野菜にお好みでケチャップ・マスタードをかけ、バンズに挟んでがぶりと一口!

同じくパンに挟むメニューでは、ホットドッグも代表的なメニュー。大リーグ観戦時には必須の食事です。

エッグベネディクト

エッグベネディクト

アメリカの温泉卵料理。イングリッシュマフィンの上にポーチドエッグをのせて、卵黄やレモン汁などを合わせた濃厚ソースをかけて食べる料理です。ハムやベーコンのソテー、サーモンなどを乗せて食べても美味しく召し上がれます。レストランや地域により色々な種類があるので、食べ比べてみても面白いかも?

アメリカの人気のお土産

ハニーローストピーナッツ

ハニーローストピーナッツ

一粒食べたらもう止まらない。ニューヨーカー達の定番おやつ。
こんがり焼いたピーナッツにくせになる独特の甘味が、たまりません。
カロリーは高めなので食べすぎにはご注意を!

アメリカの主要都市からツアーを探す

ニューヨーク

ニューヨーク

世界の流行の発信地ニューヨーク。アメリカのシンボルでもあるリバティ島の自由の女神像のともしびに照らされて、24時間活発に動き続ける、世界経済の中心であり最先端の都市です。人種も職業もさまざまな人があふれ、いつもはバリバリと働き、ホリデーシーズンともなれば一気に街の装いを変えてしまいます。

観光の中心としては、マンハッタン島をおさえましょう。特にダウンタウンはいわゆるNYの下町で、市民たちの生活の場。世界ナンバーワンと言われるこの街のグルメを背負うかのように名店が多く、店のにぎわいもあわせてとことんアメリカを味わえるでしょう。

海外ツアーを検索

格安航空券+ホテルを検索

ワシントン

ワシントン

アメリカの首都は世界の最重要人物であるアメリカ大統領が居る場所。アメリカの政治の中心としては、ホワイトハウスや合衆国議会議事堂を擁し、また国際情勢の震源地としても世界からの注目を集めます。

実はアメリカの州のどこにも属さないこの街は、訪れると思ったよりも落ち着いた雰囲気に驚くかもしれません。

日本の地下鉄ように正確に運行するきれいなメトロ、政府機関や記念館の並んで建つ博物館や美術館、郊外にあるアメリカの歴史を振り返る国立の墓地など、どちらかと言えば静かな観光スポットが多く存在します。派手に盛り上がりたいなら、人気メジャー球団の野球場まで行ってみませんか。

格安航空券+ホテルを検索

ロサンゼルス

ロサンゼルス

アメリカ第2の都市は、太陽さんさんの西海岸の人気都市。女子旅で訪れるなら、テーマパークめぐりがテッパンです! ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、実際の映画撮影も行われるテーマパーク。迫力のアトラクションと、映画の世界が楽しめるスタジオツアーは要チェックです。

郊外のアナハイムにあるディズニーランドリゾートは、家族連れでも行きたいですね。キラキラのエンターテインメントショーで思い切り盛り上がりましょう。他にも有名人の手形がいっぱいのチャイニーズシアターなど、とにかくエンタメづくしで遊ぶ街なのです。

海外ツアーを検索

格安航空券+ホテルを検索

ラスベガス

ラスベガス

砂漠のど真ん中にアメリカがつくった最高の大人のバカンスと言えばラスベガス。ネオンサインのギラギラ輝く、眠らない街の代表格です。ギャンブルのイメージが強いかもしれませんが、びっしり並んで建つ大型リゾートホテルやショッピングモールと、カジノだけがその魅力ではないのです。

ラスベガスらしいド派手なショーも見逃せません。シルクドゥソレイユの常設劇場もあり、おなじみの演目もラスベガス特別バージョンで披露されます。ホテルが上演するアトラクションには無料で楽しめるものまで用意され、訪れるだけでエンタメの入り口が開いているようです。

海外ツアーを検索

格安航空券+ホテルを検索

シアトル

シアトル

おなじみスターバックスコーヒーの1号店は、ここシアトルにあります。自慢のパイクプレイスローストがシアトルのパイクプレイスマーケットから名づけられたことからも分かるように、シアトルは水と自然に恵まれた豊かな食文化を持つ街なのです。

SNSにアップする写真を撮るなら、カフェご自慢のラテアートと、シアトルセンターに建つスペースニードルで決まりでしょう。建物の先端はまるでUFO、未知との遭遇の気分です。実は内部が展望台になっていて、遠くオリンピック国立公園の豊かな自然までを見渡せます。夜景まで楽しみたい場合は、24時間有効なチケットを購入してみませんか。

格安航空券+ホテルを検索

サンフランシスコ

サンフランシスコ

坂の街サンフランシスコと言えば、映画にも登場するアンティークなケーブルカーが有名ですね。この落ち着いた街並みは、アメリカ人も一度は住んでみたいと憧れる光景のようで、年間を通して穏やかな気候でいつでも観光客を暖かく迎え入れてくれます。

そんなサンフランシスコでのおすすめの過ごし方は、地元でも人気のナチュラル志向。目覚ましをいつもより早めにセットして、ファーマーズマーケットへ出掛けませんか。優しい味の新鮮野菜やオーガニックなベーカリーをまわって、心も体も健やかになりましょう。そのまま丘陵地帯のツイン・ピークスまで足を伸ばして、新鮮な空気もいっぱい吸い込んでください。

格安航空券+ホテルを検索

アメリカの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ