海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  北米旅行  >  カナダ格安旅行の特価セール!

カナダ旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。カナダの観光、グルメ、お土産情報など、旅行におすすめの情報が満載!

カナダ 格安で行ける!お得なカナダ旅行情報が満載です。

カナダ行きの旅行を探す

カナダの観光情報

見どころ

カナディアン・ロッキー

カナダが世界に誇るユネスコの世界遺産であるカナディアン・ロッキーは、3,000メートルを超える山々と、複数の湖が作り出す雄大な自然を堪能できるカナダ屈指の観光スポットです。

中でも、溶けだした氷河によるエメラルド色に輝くレイク・ルイーズは、ロッキーの宝石と呼ばれるほど美しい湖です。そのほかにも、かつての紙幣にも描かれたモレーン湖、時の経過で違った表情を見せてくれるペイト湖など、カナダには自然の雄大さを五感で感じられるスポットがたくさんあります。カナダを訪れた際には、ぜひこれらの地に足を運んでその素晴らしさを確かめてください。

ナイアガラの滝

カナダの定番な観光名所「ナイアガラの滝」。世界でその名を知らぬ人はいないと言っても過言ではないほど、有名な滝です。
滝のすぐ側にあるテーブルロックという展望台からの眺めは、ナイアガラの滝の存在の大きさを我々人間に改めて実感させてくれます。夜になるとライトアップされたナイアガラの滝が、昼間とはまた違った神秘的な一面を見せてくれます。
また、季節によっても異なる表情を楽しむことができます。なかには、水量が減り、滝全体が凍りついた冬場のナイアガラの滝こそが絶景だと言う人もいます。

世界遺産・自然遺産

ルーネンバーグ旧市街

ルーネンバーグ旧市街はカナダの東海岸にある小さな港町です。18世紀ごろにイギリスからの入植が行われた当時の様子を感じられる街並みは、1995年に世界遺産に登録されました。
漁港に面して赤、青、黄といったカラフルな家が建ち並ぶ光景は、日本では見ることのできないもの。その美しさは北米一と称されるほどです。
イギリスでよく見られる格子状に区切られた街並みに、ビクトリア朝様式の木造建築の建物が並びます。また、ゴシック様式のセント・ジョン聖堂も建てられており、人気の観光スポットとなっています。

グロスモーン国立公園

グロスモーン国立公園では、カンブリア紀の大陸移動で現れた岩の層や、何億年もの地殻変動の痕跡を見ることができるため、地質学的に大変貴重な場所とされています。
その重要性から、1987年に世界遺産に登録されました。この公園のほぼ中央に位置するのが、公園の名前の由来ともなった標高806メートルのグロスモーン山。
この雄大な自然には、多くの珍しい生物が息づいています。運が良ければ、カリブーと呼ばれるトナカイの一種や、本来は標高2,000メートルに生息しているはずのユキウサギといった生物を見ることができるかもしれません。

名物グルメ

プーティン

プーティンとはカナダのケベックが発祥の地と言われている伝統的な料理で、フライドポテトにたくさんのチーズカードとグレイビーソースがかけられた料理です。
カナダのレストランやファーストフード店で必ず売られていると言っても過言ではない食べ物。お店によってチーズの種類や塩気の強いもの、甘いものもあり、トッピングも自由に選べるので、食べ比べて自分の好きなプーティンを探してみるのもよいでしょう。

チキンウイング

チキンウイングとは、日本での手羽先や手羽元。カナダでは定番のおつまみメニューです。
お店によっては100種類以上の味があるため、どれを頼めばよいか迷ってしまうほどです。迷ったときは、照り焼きやソルト&ペッパーといった日本人にもなじみが深いものを選ぶとよいでしょう。また、辛さも選ぶことができます。
なぜか、「チキンウイング半額デイ」を企画実施しているレストランが多いので、目当てのお店のチキンウィング半額デイを事前に調べておきましょう。

人気のお土産

メープルシロップ

カナダの定番のお土産といえばメープルシロップ。カナダ名産のメープルシロップは、サトウカエデの樹液を集め、煮た天然の甘味料です。
メープルシロップにはランクがあり、なかでもエクストラライト、ライトに位置づけされるメープルシロップは一級品に相当します。そのほか、ミディアム、アンバー、ダークがあり、一般的に市場に出回っているのが、ミディアムです。
カナダを訪れるのなら、ランクの高い高級なメープルシロップをお土産に選ぶことをおすすめします。日本の料理にも使えるので、喜ばれることでしょう。

カナダの旅行特集を探す

カナダの基本情報

カナダは北アメリカ大陸に位置し、アメリカ合衆国と国境が接した国です。
オンタリオ州オタワを首都とし、国土面積は日本の約27倍にあたる998.5㎢で、世界第2位の広さを有しています。世界三大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝や、カナダズ・ワンダーランドといったテーマパークもあり、自然と娯楽の両方を満喫することができる国です。

正式国名 カナダ
面積 998.5万㎢(日本の約27倍)
人口 約3,599万人(2015年10月加統計庁推計)
首都 オタワ
言語 公用語:英語、仏語
通貨 カナダドル
物価 ※1カナダドル=¥80(2016年6月現在)
カナダの物価は日本とほぼ同水準、もしくは少し高いぐらいでしょう。しかし、日本より安いものもあります。例えば、野菜や果物。日本の値段と比較すると安く、量り売りで買えるので無駄なく使うことができます。
旅行でよく使うものでいえば、乾電池やデジカメ用のメモリーカードなどは、日本の方が安く手に入りますので、事前に購入しておくことをおすすめします。
チップ カナダにはチップの習慣があります。大体の相場を控えておくと便利です。

【レストラン】
レストランでは支払い合計金額の15〜20%が相場とされています。団体客の場合には、サービス料が含まれていることもあるので、レシートを確認しましょう。

【タクシー】
タクシーのチップは料金の10〜15%となっています。荷物の量が多いときは、少し多めに渡しておくとよいでしょう。

【空港】
空港や駅のポーターには、荷物1つごとに$1を目安にしましょう。

【ホテル】
ホテルの部屋の掃除をしてくれるルーム・メイドには、ベッド1つにつき$1。ロビーから客室まで荷物を運んでくれるポーターには、荷物1つにつき$1が相場です。ルームサービスの利用時は料金の10〜15%ほどでよいでしょう。

※チップの料金はあくまで目安ですので、ご了承ください。
時差 カナダには6つの時間帯が存在します。
最東端(ニューファンドランド標準時間)と最西端(太平洋標準時間)では時差が4時間30分となります。グリニッジ標準時間(GMT)と比較すると、ニューファンドランド標準時間は3時間30分遅くなります。
東から西に移動するにつれ、1時間ずつ遅くなっていきます。
飛行時間 バンクーバーまで直行便で9時間〜
ビザ 【ビザ】
観光・商用目的なら、滞在日数が6カ月以内の場合はビザは不要。

【パスポート】
パスポートの残存有効期間カナダ出国予定日+1日以上必要。

※ビザ・パスポート等の情報は予告なく変更されることがあります。
気候 カナダは広大な土地のため、気候も地域によって大きく変わってきます。旅先の気候の情報は確認し、しっかりと準えておきましょう。

【山岳地域】
カナディアン・ロッキーがある山岳地域では冬になると積雪が多いので、完全防寒をしましょう。夏でも夜間や早朝は冷え込むので、厚手の服の準備が必要です。

【平原地域】
サスカチュワンなどの平原地域は、寒暖の差が激しいので、防寒対策を必ず行いましょう。

【北部地域】
オーロラで有名なイエローナイフがある北部地域は、1年を通して寒さが厳しく、冬場になると氷点下30度まで下がることもあります。

【太平洋沿岸】
バンクーバーがある太平洋沿岸は、夏は湿気が少なく、冬もほかの地域と比べると寒すぎず、積雪量も少ないです。降水量が多いため雨対策は必要です。
ベストシーズン 11月〜3月がベストシーズンと言われます。
この時期は乾季の為、雨の心配が無く、移動もしやすいです。
日本国内大使館 【住所】
東京都港区赤坂 7丁目3-38
【電話番号】
03-5412-6200
【URL】
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn
国際電話番号 1

カナダの日常会話

こんにちは Good aftre noon.
すみません Excuse me.
●●はどこですか? Where is the ●●?
●●で降ろしてください Would you drop me off at ●●?
チェックインします Check in please.
今晩空き部屋はありますか? Do you have any vacancies tonight?
これをください I'll take this one.
いくらですか? How much is it?
おすすめはなんですか What do you recommend?
お会計をお願いします Check,please.
荷物を預かってもらえませんか Could you keep my luggage?

カナダの主要都市を探す

カナダの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ