台湾といえば観光、グルメ、エンタメ、美容と、楽しみには事欠かない場所。東京(成田)からはおよそ4時間、時差も1時間と、週末を利用して気軽に向かえるところが魅力です。DeNAトラベルの台湾旅行で、役立つ情報をチェックして自分なりの台湾旅行を満喫しよう。

超サマーセール

台湾卒業一人旅

成田国際空港発 【台北】≪成田発≫おトクに行くならLCC♪スクートで行く☆お好きなホテルにアレンジ可能♪送迎なしの現地完全フリープラン! 3日間 ツアー番号:179170
‐00659‐54185

VIP ホテル

  • VIP ホテル
    部屋指定なし(ベッド台数指定なし)
    ホテルグレード:1つ星 エリア:その他

    3.5/5 クチコミを読む

    224位 - 568ホテル中(クチコミ数111件)

    アレンジ可

  • スクート
  • 往路: 東京 12:15
    復路: タイペイ(台北) 06:40
  • 滞在時間目安:1日15時間(39時間)
  • アレンジ可

このツアーのポイント

  • 送迎無し完全フリー
  • 話題のLCC
  • 出発時間確定

詳細ページで、出発日、ホテル、オプションなどのアレンジが可能です! 気になるリストに追加

台湾基本情報

台湾の正式名称は中華民国です。台湾は国の中央を北回帰線が通っており、北半分が亜熱帯、南半分が熱帯という土地柄です。台湾は面積は九州とほぼ同じです。偏西風と貿易風の境界域にあって、雲が発生しやすく、夏から秋には台風が来襲しやすい地域です。台湾旅行には、東京(成田)〜台北間はおよそ4時間のフライト。台湾旅行の際に、日本旅券で入国する場合、台湾からの帰国便の予約済み航空券、乗船券を所有している場合は、無査証で90日以内の観光目的の滞在が可能です(台湾渡航時に旅券の残存期限が3か月以上であること)。パスポートの準備と少しの休暇ができたら、早速台湾旅行へ出かけましょう。

正式国名

中華民国・台湾 Republic of China,Taiwan

首都

台北 タイペイ Taipei

台湾の言語

台湾の公用語は中国語(華語、マンダリン)。

台湾の通貨

台湾元(略称は元、NT$、ニュー台湾ドル)、圓(塊クァイ)

台湾の気候

台湾は長い夏と短い冬が特徴で、年間を通して湿度が高め。5月から6月までは梅雨もあります。また8月から10月は台風が来襲することもあるので旅行のタイミングは要注意。台湾の春や秋は寒暖差が大きいので、台湾旅行の服装には気をつけたいところ。

台湾の時差

台湾と日本との時差は-1時間。日本の正午12:00が台湾の午前11:00になります。

台湾旅行のフライト時間目安

東京→台湾:約3時間30分。
名古屋→台湾:約3時間30分。
大阪→台湾:約3時間10分
福岡→台湾:約2時間10分。
※所要時間は目安です。使用機材や往路・復路で若干異なります。

台湾旅行での両替

通貨は台湾元です。両替は日本国内でするとレートがあまりよくないので、旅行に出てから台湾の空港内の銀行で両替するのがレートや安全面でオススメです。ツアー参加の方は、ガイドさんが送迎バスの中で両替してくれる場合もあります。街中の銀行でも両替できますが、開いている時間帯が決まっているのと、時間がかかることもあるので注意。またホテルでの両替は銀行よりもレートが悪いことが多いです。また最も手軽なのが海外旅行で利用可能な銀行のキャッシュサービスや、クレジットカードの海外キャッシングの利用です。台湾旅行は、屋台や小さなお店でクレジットカードが使えないことが多いので若干の台湾元のご用意を。

為替レートと物価

為替レートは1台湾元3.77円です(2015年11月現在)。
台湾元の価格を4倍にすると日本円に置き換えることができます。 物価は日本円と同程度で大差ありませんが、物によって多少の差があります。
■日本より物価が安い
交通・・・電車/バス/タクシーなど、日本と比較して半額以下で乗車できます。
外食・・・外食文化の台湾では外食が安く、こちらも日本の半額程度で楽しめます。
■日本より物価が高い
食費・・・外食費は安いが、自炊用の食材やミネラルウォーターなどは割高です。
服飾・・・日本ブランドのファストファッション商品は、日本と比較して1.5倍程度の価格となり割高です。

パスポート・ビザ

観光目的であること/90日以内の滞在である(3ヵ月では無いことに注意!)こと/復路、または台湾出国のチケットを持っていること/パスポートの残存期間が90日以上あること
※台湾旅行は上記の条件を満たしている場合、ビザの必要がありません。

台湾の電圧/プラグ

電圧:110V
周波数:60ヘルツ
プラグ形式:日本と同じ
台湾のモジュラージャックの形状は日本のRJ11と同じタイプのものが多く、アダプターなしで日本のものをそのまま使うことができるホテルが多いです。ただしスマートフォンやPC、デジタルカメラなどの精密機器は台湾でも変圧器を利用したほうが安心。携帯しやすいタイプの変圧器を準備しておくと便利。

台湾のチップ

台湾ではチップの習慣はなく、ホテル・レストラン・タクシーなどどの場面でもチップは不要です。

台湾のバーゲン時期

9月から11月ごろに行われる“週年慶”というイベントが最もお得な台湾のバーゲンシーズン。台湾旅行をこのシーズンに充てるのもおすすめです。11月頃は旬のマンゴーの季節は終わりですが、高温多湿の夏が終わり気候は過ごしやすく台風にも当たりにくいよい季節です。比較的ツアー料金も安めなのでトライしやすい時期です。

台湾での服装

春の台湾旅行には
晴れた日は30度近くになったり、かといえば10度まで冷え込むこともあるので、Tシャツに薄手の上着を台湾旅行時に持参したい。
夏の台湾旅行には
日中はおよそ35度。台湾旅行中は薄手の着替えを多く持っていきたいところ。ただ建物内は非常に冷房が効いており、羽織るものを持っていった方が賢明。
秋の台湾旅行には
昼間は30度、夜間は20度と寒暖差が大きく、旅行者はTシャツに薄手のカーディガンなどがオススメです。
冬の台湾旅行には
日本よりは暖かく、セーターを羽織るくらいで過ごせますが、暖房設備が整っていないところも多く、台湾旅行中は防寒着が1枚あると安心。
旅行では荷物をできるだけ減らしたいので、季節ごとに必要な服をチェックして余分なものは持っていかないのがベスト。旅行慣れしている人は、旅行の帰国前に不要な衣類などを捨てて帰ることも。基本的には夏服(もしくは薄手の長そでTシャツなど)に、シーズンごとに重ねるものを用意するのが汎用性が高い。

台湾の治安

治安の良さで知られる台湾は、旅行客も安心して夜まで楽しめるところが非常に充実しています。ただし海外旅行に付き物な旅行者ならではの犯罪被害も報告されており、台湾の夜市ではスリや置き引きが発生しています。台湾の夜は遊ぶ場所が多いのでつい出かけたくなってしまいますが、旅行中の女性のひとり歩きも避けたいところ。台湾をよく知って、楽しい台湾旅行にしましょう。

台湾のマナー

台湾では公共施設や屋内での喫煙は基本的にNGです、灰皿のある場所や指定の喫煙所を利用しましょう。もちろん旅行者にも違反した場合罰則罰金があるのでご注意を!
また旅行時は写真撮影も楽しみのひとつですが、台湾では軍事施設や空港、街中でも「禁止照相」と書かれた撮影禁止の場所がありますので注意してください。不要なトラブルを起こさないようにして、台湾旅行でよい思い出を作りましょう。

※2014年4月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページのトップへ