サンワン レジデンス

ホテルグレード
  • 4つ星
  • デラックス
所在地 台北市南京東路一段128号

美術館のようなこだわりホテル オーナー所持の芸術作品がたくさん!アートギャラリーのようにくつろげる

サンワン レジデンスは都心とは思えない緑豊かで美しい眺望が満喫でき、交通が便利な南京東路と林森路に位置する台湾で絶好のロケーションがポイント。広大な緑地公園、飲食街、ショッピングセンター、ビジネスエリアにほど近いのも人気の1つ。高さ5メートルの豪華なシャンデリアが迎える広々としたサンワン レジデンスのロビーには、現在台湾で最も注目されている楊英風氏の作品である“龍穴”をはじめ、台湾の現代作家の彫刻品、芸術品が飾ってあり、まるで美術館にいるような雰囲気が魅力です。

サンワン レジデンスの紹介

シンプルなダブルタイプ

スーツケースを広げても十分なスペースを用意。

リーズナブルなダブルタイプ

こちらもコンパクトながら広さを感じるスペース。

大きな窓が印象的なスタジオタイプ

重厚な木製ドアを開けるとそこは自宅のような落ち着き。

考え抜かれたアメニティ

木箱に入ったアメニティはちょっとした優越感。

無料でレンタル可能な携帯電話(通話は有料)。

ズボンプレッサーは忙しいビジネスマンの必需品。

また訪れたくなるワンランク上のアメニティがうれしい。

サンワン レジデンス イメージをみる

ホテル詳細

サンワン レジデンスは台湾の著名芸術家の作品からヨーロッパアンティークまで、幅広いジャンルの芸術作品が飾られている美術館のようなお宿。オーナーの持ち物とのことで、高い天井を見上げるとスワロフスキー製のシャンデリア、そして左右の壁にはさまざまな芸術作品が飾られており、まるでアートギャラリーのようでもある。客室は全81室と小ぶりで、団体予約は受け付けていないためか、建物内は静かで落ち着いた印象。ゲストの80%が台湾観光や、台湾へビジネスで行っている日本人ということもあって、日本語が堪能なスタッフが多いのもうれしい点。ほかと比べて高めに取られた天井と大きく解放的な窓などが部屋の狭さを感じさせず、広く感じるのもポイント。落ち着いた色合いで統一されたインテリアはいたってシンプルで機能的なのも重要な点です。サンワン レジデンス1階のレジデンスラウンジはまるで美術館。24時間開放されていて、無料で使用できるパソコンのほか、日、中、英の新聞、雑誌が準備。またフリードリンクとお菓子のサービスもありがたい。セキュリティも万全なので、女性だけの宿泊でも安心なサンワン レジデンス、オーナーこだわりのお宿と言えそうです。

サンワン レジデンス
神旺商務酒店

所在地 台北市南京東路一段128号
台北市南京東路一段128號
電話 02-2511-5185
http://www.swresidences.com/

※2014年4月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

ページのトップへ