グランド 台北

ホテルグレード
  • 4つ星
  • デラックス
所在地 台北市中山北路四段1号

台北のランドマーク的存在 建築家・楊卓成氏の手による中国建築様式を用いた集大成的施設

1952年に建てられたグランド 台北は、台湾の観光名所の中でも特に有名なお宿。建築デザインに、20万以上の龍の彫刻が施され、別名“龍宮”とも呼ばれ台湾庶民に親しまれています。特に有名なのは、レストラン金龍庁の前にある“三爪盤龍”という彫刻。グランド 台北は外交など、各国の賓客を台湾へ招待するときにも使われています。

グランド 台北の紹介

豪華なダブルタイプ

世界10大ホテルの名に相応しい豪華さ。

オリジナルのアメニティ

細かな心遣いを感じるチョイス。

ニュータイプのダブルルーム

より洗練された雰囲気。ゴージャスさは変わらない。

大きなバスルームも用意

忙しい朝にうれしい2つタイプ。

ゆったりと浸かりたい大きなバスタブも魅力。

各客室にはセーフティボックスも。

ニュータイプのダブルには広いテラスも用意。

グランド 台北 イメージをみる

ホテル詳細

グランド 台北は、日本統治時代、剣潭山という山の上に建てられた台湾神宮の跡地を利用して、1952年に創立されたお宿。数多くの著名人が宿泊し、政府が国家元首を招待する場としても、台湾でよく知られている場所です。アメリカの雑誌で、世界10大ホテルにも選ばれたことがあるというこのグランド 台北、一番の特徴は何と言っても宮殿のようなその中国建築様式。龍や獅子、梅の花などをふんだんに用いられたデザインは、あの故宮博物院や中正紀念堂などを手がけた建築家・楊卓成氏の手によるもの。グランド 台北の広大な敷地の中には、1952年オープンの金龍廳、1973年にオープンの麒麟廳、本館の建物があり、グランド 台北の中でも金龍廳は低層階で、山側に面しており静かに長期滞在をするのに向いているということで、欧米のゲストに人気。グランド 台北 本館は、より中国風の雰囲気でベランダからは台北市内が見渡せ、日本人に人気があるとのこと。台湾花蓮産の大理石があしらわれた壁や、広すぎる廊下、そして中国の清朝時代風の調度品で飾られている客室など、何から何までこだわりの宿、グランド 台北と言えそう。ベランダからの眺望も素敵です。

グランド 台北
圓山大飯店

所在地 台北市中山北路四段1号
台北市中山北路四段1號
電話 02-2886-8888
http://www.grand-hotel.org/

※2014年4月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

ページのトップへ