台湾一人旅

台湾一人旅に行こう

台湾は親日の国ですので、初めての一人旅にも最適。気ままに屋台を回ったり、観光地を回ったりと、そのときの気分で行動しちゃいましょう。食事も日本人にはなじみやすく、おすすめなポイントの一つです。

台湾一人旅に行こう

ワタシを磨く一人の時間

台湾は過去、日本統治下にあった経緯もあり、日本との関係が密接です。とはいえ、これほどの親日国となったのはなぜなのか旅の中で理由を探すのもよいでしょう。観光とは別の視点で行動できるのも一人旅の魅力です。

ワタシを磨く一人の時間

まだ見ぬ出会いを求めて

一人旅には旅先での出会いという楽しみもあります。立ち寄った食事処で、泊まったゲストハウスで、隣の人と言葉を交わしてみましょう。治安が良い台湾ですからこそ、一人旅での出会いを楽しむことができます。

まだ見ぬ出会いを求めて

旅のスタイル

弾丸

台湾は、日本から最も行きやすい海外旅行先のひとつです。利用する空港にもよりますが、片道2時間30分~4時間程度で行くことができます。ふらっと弾丸旅行も可能です。

弾丸

週末旅行

台湾は近場ですから、1泊2日の週末旅行にもピッタリです。さらにハッピーマンデーやプレミアムフライデーを利用すればゆったりとした旅行になるのでおすすめです。

週末旅行

一人旅Q&A

台湾って女性が一人で行っても安全?
台湾は比較的治安が良い国です。治安レベルに関しては夜でも日本と変わらないくらい落ち着いています。ただし、スリや置引などは海外であればどこでも危険性はありますので、最低限の注意は忘れずに。
どんな移動手段があるの?
台北の様な都心部ではバス、MRT(地下鉄)、タクシーなどが利用できます。タクシーは日本と比べて格段に安く、半額以下で利用できますので困ったらタクシーを利用しましょう。流しのタクシーも豊富です。
夜出歩いても大丈夫?
夜でも子連れのお母さんが歩いている程治安は良いですので、女性の一人歩きもそれほど問題はないでしょう。しかし深夜は人通りのない場所もありますので、深夜帯の移動にはタクシー移動を心がけてください。
宿泊場所の注意点は?
台湾にはさまざまなクラスのホテルがあります。サービスの良い施設も多く、予算によって選んでもよいでしょう。しかし、値段で選んだらドミトリーだったという場合もありますので、予約時に詳細を確認しましょう。
いくらくらいかかりますか?
台湾行きのLCCは豊富で、時には数千円の往復航空券が発売されています。宿泊施設についてもゲストハウスなら1,000円程度からありますし、ビジネスホテルでも3,000円ほどで1泊できる場所もあります。
荷物はどうすればいいの?
2、3泊程度の短期旅行であれば国内旅行に出掛ける程度の荷物で十分です。また、台湾のコンセントの電圧は110v、周波数は60Hzですので、電化製品はそのまま使えます。そのため、変圧器もいりません。

役立つ中国語

「中国語はできないけど大丈夫?」

台湾の公用語は「中国語」ですが、数日間の一人旅ならしゃべれなくても大丈夫。台北では日本語をしゃべれる人が多いのと、交通案内に漢字が使われているので移動時にも困りません。ただし、台北以外のエリアでは中国語しか通じない事も多いですので、ご注意ください。

「便利なトラベル例文集」

ザオ、ニイハオ
おはよう、こんにちは

おはようは「ザオ」こんにちはは「ニイハオ」です。これは知っている方も多いのではないでしょうか。なお、「さよなら」は、「ザイチェン」ですが、「バイバイ」が通じますし、実際に使っている人も多いです。

ドーシャー、トゥイプチー
ありがとうございます、ごめんなさい

「シェイシェイ」より丁寧にお礼を述べる場合は「ドーシャー」と言います。また、「ごめんなさい」は「トゥイプチー」です。現地の人と会話するのも一人旅の醍醐味ですから、積極的に使用しましょう。

ブーハオイース―
すみません

「Excuse me」の意味合いで使用します。また、レストランで店員を呼ぶ際は、性別によって違う言葉を使用します。女性店員の際は「シャオジエ」、男性店員の際は「シエンション」となります。

ドゥオシャオチェン、ウォヤオチェーゴ
これいくらですか?、これください

買い物で使う「これいくらですか?」は「ドゥオシャオチェン」、「これください」は「ウォヤオチェーゴ」です。慣れてきたら「安くしてください」という意味の「チンスンビェンイーイーディェン」も使ってみては。

オススメのエリア

台北

台湾観光の拠点になる台北駅があるため、どこに行くにも便利です。
市内の観光名所も多く、有名な「孔子廟」、「保安宮」などの歴史的建造物から、「士林夜市」などのグルメスポットまでさまざま。台北観光だけでも一日では到底巡りきれません。

台北

淡水

淡水は台湾の北北西に位置する港町で「台湾のベニス」という異名を持つほど美しいスポットです。淡水河周辺の遊歩道は常にカップルがデートを楽しんでいます。サンセットは特に美しく、フォトジュニックでSNS投稿用の写真撮影にぴったりです。

淡水

九份

「千と千尋の神隠し」に登場した旅館をほうふつとさせる建物があることで、人気の観光スポットとなっています。街全体がとてもノスタルジックですが、特に夕方から夜にかけては美しく、夕暮れが終わる頃、街中につるされたちょうちんに灯がともると一気に街が輝きます。

九份

花蓮

花蓮は台湾東部最大規模の都市です。面積のほとんどを山岳地帯が占めており、台湾随一の景勝地「太魯閣(タロコ)渓谷」があります。また花蓮沖は水深2,000メートルから3,000メートルもあり、イルカやクジラを見物するホエールウオッチングの名所としても人気があります。

花蓮

テーマ別のオススメ

グルメ

夜市

夜市とは夕方6時頃から深夜にかけて開くお店で、いわゆる屋台村です。夜市といえばグルメの印象が強いですが、お土産屋や占いなどさまざまな店があります。夜市はいたる所で開催されており、地域ごとに特色がありますので、一人旅の際にはローカルな夜市を訪ねてみては。

夜市

阜杭豆漿

阜杭豆漿(フーハンドゥジャン)は台湾で人気の豆漿(ドウジャン)屋さんです。特に朝食が人気で、朝6時頃から行列ができ始めます。豆漿とはおぼろ豆腐のような食感の豆乳スープで、台湾式揚げパンを浸して一緒に食べます。優しい味で、過食気味の胃も喜ぶ味付けです。

阜杭豆漿

神社・仏閣

行天宮

行天宮は台湾に数ある廟の中でも商売運アップのご利益があるということで有名です。台北市内のビジネス街に比較的近いこともあって、台湾人も多く参拝しています。
三国志の「関羽」が祭られていることも有名で、三国志好きなら外せないスポットですね。

行天宮

孔子廟

孔子廟は台北にもありますが、より古い歴史を感じられるのは台南にある孔子廟です。建設は1665年で、台南は当時政治の中心的地域であったため、日本の奈良や京都のように現在は「古都・台南」として趣のある景色が見られます。

孔子廟

買い物

西門町

台北の西門町は台湾の若者が憧れるファッションエリアの代表格です。MRT西門町駅周辺には、ファッション系商業施設が集まっており、とてもにぎやかな場所となっています。また、それ以外にもカフェやタピオカドリンク屋なども充実しています。

西門町

五分埔

「とにかく洋服を安く買いたい!」と言う人におススメなのが、五分埔服飾広場です。いわゆるファッション系問屋街で、普通の店で買うよりも随分安く買うことができます。MRT松山駅から徒歩2分と交通の便が良いことも魅力のひとつです。

五分埔

温泉

北投

台北からMRTに乗って約40分で行ける「新北投」。ここには「白硫黄泉、青硫黄泉、鉄硫黄泉」の3つの泉質の温泉が楽しめる温泉街があります。昭和レトロな雰囲気で、そこかしこに温泉の案内があります。台北からのアクセスも良いので日帰り温泉も楽しめますよ。

北投

烏来

台北から行ける温泉地といいますと、 烏来(ウーライ)も候補にあげられるでしょう。 烏来は台北からバスで約1時間30分の山奥にあり、過去には台湾の原住民タイヤル族の定住地となっていたといわれる場所です。現在では、緑豊かな自然やきれいな川から湧き出る温泉などが名物で国内外から観光客が訪れています。

烏来

他にもこんな過ごし方

故宮美術館

「故宮美術館」には中国の古代から伝わるさまざまな宝物が収蔵されており、その数は約70万点あります。展示物は頻繁に入れ替わっていますが、人気のある宝物は常設されているものもあります。台湾と中国の歴史を感じることのできる美術館と言え、多くの観光客が訪れる場所になっています。

故宮美術館

予算別オススメホテル

ホテルは寝るだけ!価格重視の方に

グリーンワールド中華

MRT西門駅から徒歩5分で、近くには商業ビルが多くあるため買い物に便利です。また、旅行者にはうれしいWi-Fiが無料で使えるうえ、料金も比較的リーズナブルであるため、「宿泊代にはあまりお金をかけたくない」という人にはピッタリのホテルです。

ホテルでの時間も大事。コスパ重視の方に

ミラマーガーデン

MRTの「忠孝新生駅」から徒歩5分の場所にあり、客室内は暖色系のインテリアを採用してて落ち着いた雰囲気です。バスルームがセパレートタイプなのでゆっくりとお風呂に入って疲れを癒やすのも良いでしょう。

非日常の時間をホテルで過ごしたい方に

レスイーツ台北

非日常を味わいたい方にはレスイーツ台北がおすすめです。部屋はシックな色合いで統一され、オーダーメードの調度品を使うこだわりのホテルです。また、ルームキーとMRTなどで使えるプリペイドカードが一体となったキーを使えるなどもうれしい点です。

台湾ツアーを検索する