早めの予約でお得に GO TO THE WORLD

早めの予約でお得に  GO TO THE WORLD 海外旅行再開!渡航可能な国、日々増加中!
今すぐ 旅行を予約

エアトリでは、日本からの渡航緩和に関する 最新情報をお知らせしています!

海外旅行はいつ行ける?今これが知りたい!

新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、海外旅行再開の兆しが見えてきました。
エアトリでは航空券の手配だけではなく、新しく必要になった手続きや帰国後検査のサポートなど、
安心・安全な旅のお手伝いをさせていただきます。

ご予約についての注意事項

    海外旅行のプロセスについて

    出発前

    事前準備するもの

    事前準備するもの どこで?
    パスポート 都道府県のパスポート申請窓口
    航空券 エアトリ
    陰性証明書
    だいたい必要
    Tケアクリニック
    ワクチン接種証明書
    (ワクチンパスポート)

    アメリカは必須
    新型コロナワクチン接種証明書アプリ or
    紙:接種券を発行した自治体
    ビザ(査証)
    アメリカやカナダなど
    必要な国あり
    日本国内にある大使館・総領事館
    海外旅行保険
    万一の場合に安心
    エアトリの海外旅行傷害保険

    ◎必須 〇だいたい必要 △国による、なくてもよいことも

    ※2022/03/01 現在。情報は変更される場合がございますので、最新情報はご自身でご確認ください。

    ※渡航緩和に関する情報はこちら

    事前に必要なこと

    必要なこと どこで?
    PCR検査等
    だいたい必要
    Tケアクリニック
    渡航までの流れ

    おすすめのPCR検査クリニック

    PCR検査ならTケアクリニック

    帰国(入国)時

    帰国(入国)時に必要なこと

    検疫手続で必要な証明書 検疫所にて
    ①出国前72時間以内に受けた検査の結果の証明書の提示 「MySOS」アプリ or 書類
    ②誓約書の提出 「MySOS」アプリ or 書類
    ③スマートフォンの携行、必要なアプリの登録
    (MySOS、CoogleMaps等の位置情報設定、COCOA)
    検疫手続の際に確認
    ④質問票の提出 「MySOS」アプリ or
    質問票WEBより回答しQRコードを提出
    ⑤ワクチン接種証明書の提出
    待機期間の緩和等を
    希望される方
    「MySOS」アプリ or 書類

    ◎必須 △任意

    ※成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港より入国する方は、「ファストトラック」での入国手続きが可能です。

    「ファストトラック」とは、海外から日本に入国する前に、「MySOS」アプリ上で、あらかじめ検疫手続きの一部を済ませておくことができるものです。「出国前72時間以内の検査証明書、個人誓約書、ワクチン接種証明書等の書類」の確認手続きを入国前に済ませることができます。

    すること どこで?
    空港での検査等 検疫所
    検疫所が確保する宿泊施設での待機
    日本入国前に滞在した
    指定国・地域の場合
    検疫所が確保する宿泊施設

    ◎必須 △指定国・地域の場合

    ※2022年3月10日現在。情報は変更される場合がございますので、最新情報はご自身でご確認ください。

    帰国(入国)後

    帰国(入国)後必要なこと

    すること 必要アプリ
    1. ①現在地の報告、ビデオ通話への対応、健康状態の報告を随時
    2. ②スマートフォンの位置情報記録の保存設定
    3. ③接触確認アプリ「COCOA」の利用
    1. ①健康居所確認アプリ「MySOS」
    2. ②スマートフォンの「GoogleMaps等」
    3. ③接触確認アプリ「COCOA」

    ◎必須

    2022/03/01午前0時より、

    • ・指定国・地域からの帰国・入国の有無及びワクチン接種証明書の保持の有無により入国後の自宅待機期間が変更。
    • ・自宅等待機が必要な方について、入国後の自宅等への移動に限り、公共交通機関の使用が可能となりました。
    入国後自宅等待機期間短縮の流れ

    ※指定国:検疫所の宿泊施設での待機対象となっている国・地域
     非指定国:「指定国・地域」以外

    ※指定国・地域(2022/05/17現在)
    ロシア全土、エジプト、パキスタン、ブルガリア、南アフリカ共和国、ラオス

    有効なワクチン接種証明書とは?

    ワクチン接種証明書は以下の条件を満たすものに限り有効です。

    政府等公的な機関で発行された接種証明書であること
    ※日本で発行された接種証明書は、以下のいずれかに該当するものが有効です
    • ・政府又は地方公共団体発行の「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」
    • ・地方公共団体発行の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」
    • ・医療機関等発行の「新型コロナワクチン接種記録書」
    • ・その他同等の証明書と認められるもの
    以下の事項が「日本語」または「英語」で記載されていること
    • ・氏名
    • ・生年月日
    • ・ワクチン名 または メーカー
    • ・ワクチン接種日
    • ・ワクチン接種回数
    以下のワクチン(ワクチン名/メーカー)のいずれかを2回接種していることが分かること
    • ・コミナティ(Comirnaty)筋注 / ファイザー(Pfizer)
    • ・バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注 / アストラゼネカ(AstraZeneca)
    • ・COVID-19ワクチンモデルナ(COVID-19 Vaccine Moderina)筋注 / モデルナ(Moderna)
    • ・Janssen COVID-19 Vaccine / ヤンセン(Janssen)※こちらのみ1回接種をもって2回分相当とみなします
    • ・COVAXIN/バーラト(Bharat)
    • ・ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)
    以下のワクチン(ワクチン名/メーカー)のいずれかを3回目以降に接種していることが分かること
    • ・コミナティ(Comirnaty)筋注 / ファイザー(Pfizer)
    • ・COVID-19ワクチンモデルナ(COVID-19 Vaccine Moderina)筋注 / モデルナ(Moderna)
    • ・ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス(Novavax)

    ※「接種証明書」は、住民票を登録している市区町村の窓口で申請して書面で取得するか、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」から電子データを取得できます。書面でも電子データでも法的な効力は同等です。

    ※接種証明書に更新(訂正)があった場合は、再取得する必要があります。3回目接種の証明書が必要な場合も同様です。

    おすすめのPCR検査センター

    ピカパカPCR クイックセンター PCR検査が2,980円〜(税込) 2回目以降の利用ならさらにお得に!

    渡航情報

    日本から海外へ渡航の際に必要となる入国条件や必要書類については、各国・地域をご確認ください。
    ※国・地域は、五十音順で掲載しています。

      ※情報は変更される場合がございますので、最新情報は各国の入国条件をご確認ください。

      各国の陰性証明書取得の詳細を見る

      格安航空券 > 海外格安航空券 > 早めの予約でお得に GO TO THE WORLD