チェンマイ旅行

タイ・チェンマイへ一人旅! 女性にもおすすめしたい癒やしの古都

タイ第2の都市・チェンマイ。旧市街やその周辺には格式高い寺院が点在し、郊外に行けば象キャンプや首長族の村など、見どころ満載の歴史ある旅の目的地です。もちろん、タイならではのマーケットやセンスのよい雑貨店、おいしいグルメスポットなど、魅力がいっぱい。一人旅にオススメしたい、観光スポットあり、さまざまなアクティビティありのチェンマイをご紹介します。

チェンマイってどんなところ?

タイ第2の都市・チェンマイ

バンコクから国内線で約1時間。タイ第2の都市・チェンマイは、その美しさから「北方のバラ」と呼ばれており、13世紀末にランナー王朝が創設されて以来の歴史ある古都としても知られています。

また、チェンマイの乾季(11月~2月)の平均気温は約24度とバンコクより涼しいので、避暑地としても人気があります。

ハズレなし! チェンマイのおすすめ観光スポット

国民の95%が仏教徒であるタイでは、あらゆるところに仏教思想が根付いています。寺院は信仰の場なので、訪れる際はノースリーブや短パンなど露出度の高い服は控え、靴や帽子を脱いで参拝しましょう。

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

ワット・プラタート・ドイ・ステープ

標高1080mのステープ山頂に建つ、チェンマイを代表する寺院です。1383年、当時のクーナ王によって建立された大寺院は、今も人々の信仰を集めています。

高さ22mある仏塔は、金色に輝く繊細な装飾が実に見事。人々はハスの花と先行を携えて仏塔の周りを3周して祈りをささげます。

ドイ・ステープへの階段

寺院へは、お寺の入り口にある306段もの階段を上って向かいます。階段を上る自信がない人は、ケーブルカーで上るのがおすすめ。チェンマイ市街を一望できる展望台もあります。

ワット・プラタート・ドイ・ステープ(Wat Phra That Doi Suthep)
  • 【URL】http://doisuthep.com/
  • 【住所】Su Thep, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
  • 【アクセス】チェンマイ市内中心部から車で約40分

ワット・チェディ・ルアン

ワット・チェディ・ルアン

1391年に建立されたワット・チェディ・ルアンは、旧市街内にあります。チェンマイ最大の仏塔があることでも知られています。現在の仏塔は1545年の大地震で先が壊れ、1993年に修復されたものです。

ワット・チェディ・ルアン本堂の裏では、観光客がお坊さんに英語で質問できる「モンクチャット(Monk Chat)」が行われています。仏教やタイの文化、お坊さんの生活に関することなどを質問してみましょう。ただし、女性は僧に触れてならないので、一定の距離を保って会話することをお忘れなく。

ワット・チェディ・ルアン(Wat Chedi Luang)
  • 【住所】103 Pra Pokklao Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
  • 【アクセス】市内からソンテウで数分

地元の人との交流を楽しむなら!

チェンマイの屋台

せっかくチェンマイに行くなら、地元の人との交流も楽しみたいという方も多いはず。それなら、ナイト・バザールやサンデーマーケット、市場などに足を運んでみましょう。

チェンマイ・ナイト・バザール、サンデーマーケット

チェンマイのナイトバザール

タイ屈指の規模を誇る、チェンマイのナイトバザール。一人旅でも地元の人と会話をしながら、買い物を楽しめるのが魅力です。

毎日18時頃になると、街の中心地・チャンクラン通りの約1kmにわたってぎっしりと露店が連なります。

地元の新進アーティストの工芸品や、山岳少数民族による色あざやかなテキスタイルなどをチェックしたい人におすすめ。路地を少し入れば、タイ料理やシーフードを食べられる屋台やレストランも充実しているので、ショッピングしながらおなかを満たすこともできます。

毎週日曜の17時頃から24時頃にかけては、ラチャダムヌン通りを歩行者天国にした「サンデーマーケット」が開かれます。チェンマイ土産やおいしい料理が多数並ぶ、ショッピングを満喫できるスポットです。

チェンマイ・ナイト・バザール(Chiang Mai Night Bazaar)
  • 【住所】145 Changklan Rd, Amphur Muang, Chiang Mai
サンデーマーケット(Sunday Market)
  • 【住所】Thapae gate, Ratchadamnoen Rd., Sriphum Muang, Chiang Mai
  • 【アクセス】チェンマイの「ターペー門」と「ワット・プラシン」の間

ワローロット市場

ワローロット市場

1868~1910年に王族によってつくられた、チェンマイ最大の市場です。食品や生活雑貨、伝統工芸品など約500件もの店が並びます。

地元の人はもちろん、タイ北部ならではの食品やお土産を探しにやってくる観光客も多数。チェンマイの人々の暮らしを肌で感じられる場所でもあります。

ワローロット市場(Warorot Market)
  • 【住所】Chang Moi Rd., Tambon Chang Moi, Amphur Muang, Chiang Mai
  • 【アクセス】国鉄チェンマイ駅からソンテウで約20分、中心部から約10分

象キャンプや首長族の村へ足を伸ばそう!

チェンマイ郊外のアクティビティを楽しむなら、ツアーを利用するのがおすすめです。

メーサー・エレファント・キャンプ

メーサー・エレファント・キャンプ

山々の自然に恵まれたチェンマイ郊外では、多くのゾウがゾウ使いとともに暮らしています。メーサー・エレファント・キャンプは1976年オープンのスポット。川に入って水浴びをするゾウの姿を見ることができるほか、ゾウに乗って川を渡り、起伏のある山道を散策できます。ゾウの高い背中に乗って眺める景色は、また違って見えることでしょう。

ゾウたちのショー

ショーも毎日行われており、ゾウたちによるサッカーやお絵描き、材木運びなど、盛りだくさんの内容で楽しませてくれます。

メーサー・エレファント・キャンプ(Maesa Elephant Camp)
  • 【URL】http://www.maesaelephantchamp.com
  • 【住所】101 Moo 9 T.Maelem A.Maelem, Chiang Mai
  • 【アクセス】チェンマイ市内から車で約30分

首長族の村

通称「首長族」と呼ばれるカレン族

タイ北部に住むさまざまな山岳民族の中でも最も有名なのが、通称「首長族」と呼ばれるカレン族。幼少期からいくつも首にはめていく真鍮(しんちゅう)コイルが特徴的です。

バーン・トン・ルアンという観光化された村では、タイ北部のさまざまな山岳民族の暮らしを見学することができます。

バーン・トン・ルアン(Baan Tong Luang Eco-Agricultural Village)
  • 【URL】http://www.royalchiangmai.com/
  • 【住所】236/10 Wua Lai Rd., Tambon Haiya, Chiang Mai
  • 【アクセス】チェンマイ空港から車で約45分

かわいくってハイセンスな雑貨を入手

チェンマイ雑貨も忘れずにチェック

チェンマイに訪れたなら、ぜひ雑貨もチェックしてみましょう。チェンマイ発の雑貨やブランドも、観光客の女性に人気を集めています。

ニマンヘミン通りは、チェンマイで最もおしゃれなストリート。おしゃれなカフェやインテリア雑貨、アロマキャンドル屋さんなどが並ぶエリアです。ゆっくりと歩きながらおみやげを選ぶもの良いでしょう。

チェンマイ発ブランド ジンジャー

チェンマイ発の雑貨・アパレルブランドで、カラフルな洋服やキッチュなアクセサリーが女性に大人気です。ジンジャーは国内外にセレクトショップを展開。ニマンヘミン通りにあるショップの3階はアウトレットで、昔のシーズンのアイテムを30~70%オフで買うことができます。一人旅の自分用のおみやげを買うのもいいですね。

ジンジャー(Ginger)
  • 【住所】 6/21 Nimmanhaemin Road, Chiang Mai
  • 【アクセス】ニマンヘミン通りのソイ1の向かい側

タラート・モン

「モン族」という、タイ北部の山岳地帯に住む少数民族が営む市場。ワローロット市場の裏手にあります。タラート・モンでは、華やかで色鮮やかな刺しゅう生地のほか、バッグやポーチ、洋服や小物などさまざまなアイテムが並びます。

バンコク市内や日本で売られているものと比べて安く買えるので、雑貨好きな友達へのおみやげ選びにもおすすめです。

タラート・モン
  • 【住所】Soi Mong, Off Kuang Men Road, Chiang Mai
  • 【アクセス】ワローロット市場の裏手

おいしくってヘルシーな、おすすめカフェ&レストラン

カフェやレストランでひと休み

チェンマイ観光やショッピングで疲れたら、カフェやレストランでひと休みしましょう。チェンマイを訪れる女性におすすめしたいお店をご紹介します。

リストレット

ニマンヘミン通り、ソイ3入り口の南側にある、リストレット。チェンマイで2011年にオープンした本格コーヒー専門店です。オーストラリアでバリスタの修行をしたのち、ラテアート世界選手権で6位になったバリスタがいることでも知られています。

一人旅でも気軽に立ち寄れる、カジュアルかつシックな雰囲気が特徴。ニマンヘミンでのショッピングで歩き回ったあとは、リストレットで至極のコーヒーを飲んでひと休みしましょう。

リストレット(Ristr8to)
  • 【住所】15/3 Nimmanhaemin Road,Tambon Suthep, Amphoe Mueang
  • 【アクセス】ニマンヘミン通りソイ3と5の間

ザ・ハウスフード&キッチンバー

チェンマイ発の雑貨ブランド「ジンジャー」が経営するレストラン。ジンジャーの雑貨と同様、北欧とアジアのテイストが絶妙にミックスされた空間のお店です。タイ料理やパスタやサンドイッチなどの西洋料理、スムージーなどをいただくことができます。

隣にはジンジャーのショップがあり、ザ・ハウスフード&キッチンバーで使われている食器も購入できるので、お店に行った記念に買ってみてはいかがでしょうか。

ザ・ハウスフード&キッチンバー(THE HOUSE food & kitchen bar)
  • 【住所】199 Moommuang Rd. Tambon Sriphum, Amphur Muang, Chiangmai 50200
  • 【アクセス】ターペー門より北方向約550m

異国情緒を満喫しよう

チェンマイの旧市街

チェンマイの旧市街などでは、ランナー王朝時代の威風堂々とした建築美を目にすることができる5つの寺(ワット・チェディ・リアム、ワット・チェット・ヨート、ワット・ローク・モーリー・ワット・パンタオ、ワット・チェン・マン)を巡ってみてはいかがでしょうか。

タイならではの自然を楽しみたい方には、チェンマイを南北に流れるピン川を下るクルーズがおすすめ。季節の果物と飲み物をいただきながら、約1時間30分の船旅を楽しめます。カクテルを飲みながらのナイトクルーズや、昼食つきのクルーズなどもあるので、気分にあわせてチョイスしてみましょう。

※本記事は2017年6月時点の情報です

チェンマイ旅行を探す

更新日:2018/10/19

チェンマイ旅行を検索する

この記事のキーワード

チェンマイの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ