海外航空券/格安航空券TOP > 

世界のイベント > 

燃灯(提灯)祝祭&パレーを見にソウルへ行こう

世界のイベント vol.4 毎年5月開催! 降り注ぐ光が幻想的燃灯祝祭・パレード 5月のソウルは街が提灯の灯で埋め尽くされています。
お釈迦様の誕生日である『旧暦の4月8日』の時期に燃灯祝祭(ヨンドゥンチュッチェ)というお祭りが開催されるのです。
燃灯とは供養の為に灯される灯の事。
燃灯祝祭では昔話をモチーフにした大型提灯から小型提灯まで色とりどりに立ち並び、その光景は思わず時を忘れるほど幻想的です。

歴史あるお祭り燃灯祝祭・パレードに行こう!!

燃灯祝祭の由来・その①燃灯祝祭の起こり

仏教は韓国で最も一般的な宗教です。その総本山は仁寺洞(インサドン)のすぐ隣にある曹渓寺(チョゲサ)。
曹渓寺では朝鮮戦争を経て1954年からお釈迦様の誕生を祝う事を始めました。またその翌年1955年には曹渓寺付近で提灯行列をして市内を巡るという行事が行われるようになりました。それが燃灯祝祭のはじまりとなっています。

ソウル行き航空券を見る

ソウルツアーを見る

燃灯祝祭の由来・その②提灯の役割って?

提灯は仏教では世界を明るくする「知恵」に由来しています。
そのため昔から提灯はお釈迦様を尊ぶ、重要な神具の一つでした。燃灯祝祭の際には曹渓寺境内には多くの提灯が吊り下げられます。
よく見ると提灯には何かが書かれた短冊がヒラヒラと・・・。
これは信者によって書かれた心願成就であったり信仰心を表す祈りの言葉なのです。知恵に由来する提灯にふさわしいですね。

ソウル行き航空券を見る

ソウルツアーを見る

ソウル行き航空券・ソウルツアーを探す

見て、体験して大忙し!燃灯祝祭の見どころ遊びどころ♪

仁寺洞には燃灯祝祭以外にも見所たくさん!

韓国初心者から上級者まで気軽に楽しめるのが燃灯祝祭

海外観光客が多いソウルだから、イベント1つも万人が楽しめるように作られています。
美しい景色に心を癒される事も、非日常を思う存分体験する事も、ソウルの文化に触れる事も、5月のソウルなら全てを叶えてくれるでしょう。
日本から一番近い国、韓国へ気軽に行ってみませんか?

→韓国旅行情報

※2015年3月現在の情報です、現地事情により内容が異なる場合がございますので、ご了承ください

世界のイベントをもっとみる 世界のイベントをもっとみる