バンコク旅行

夜はこれから!バンコクのナイトマーケットで遊ぼう

バンコクの楽しみの一つと言えば、各地で開催されている「ナイトマーケット」ではないでしょうか。日差しの厳しい昼間と異なり、夜の屋外では心地よい風が流れ、一味違ったバンコクを味わうことができます。ナイトマーケットの楽しみ方と注意点、そして個性豊かなバンコクのおすすめナイトマーケットをご紹介します。

バンコク旅行探す

ナイトマーケットはここが楽しい!

買い物編

通常のショッピングモールとの最大の違いは店員さんとのコミュニケーション。おすすめのものを聞き出したり時には値切ってみたりと、店員さんとのやりとりを楽しむと、より満足のいく買い物ができます。あいさつだけでもタイ語でできれば楽しみ倍増です。

食事編

多くのナイトマーケットには、テークアウト用の屋台やアルコールが提供される場所があり、観光客や地元の人々でにぎわっています。見慣れない本場のタイ料理でもトライしてみましょう。

イベントも開催

ナイトマーケットでは有料・無料を問わず、音楽イベントなどが開催されていることがあります。バーでの生演奏から、小さなステージが用意されているものまでさまざまです。

場所によってはムエタイやニューハーフショーを楽しむこともできます。周りの人々と一緒に盛り上がれば、また一つ旅の思い出が増えます。

注意すべき点は?

衛生面

昔より改善されているとはいえ、日本に比べると屋台の衛生状態はあまりよくありません。おすすめの対処法は、ウエットティッシュの携帯。不安があるときには、皿や食器、瓶・缶入り飲料の口などをさっと拭いましょう。

また、生水は飲まないようにしましょう。水そのものだけでなく氷にも気を使う必要があります。

治安面

スリやひったくりが多いと言われるバンコクですが、混雑したナイトマーケットでは、その発生率が上がります。貴重品は持ち歩かない、ズボンの後ろポケットに財布を入れない、バッグは体の前に置くなどの工夫で、リスクを減らせます。

バンコクのおすすめナイトマーケット

1. アジアティーク・ザ・リバー・フロント

観光客だけでなく、地元の人々にも大人気のナイトマーケットです。もともとは19世紀後半にチーク材を輸出していた船着き場であり、今もトロッコ用の線路が敷かれたままになっています。

かなり大型のマーケットで、かつての木材工場の建物を活かしたエリアと、ロマンチックな雰囲気のウオーターフロントエリアに分かれています。

アジアティーク・ザ・リバーフロント
  • 営業時間:17:00から24:00
  • 住所:2194 Charoenkrung Road, Wat Prayakrai District, Bangkor Laem, Bangkok 10120
  • アクセス:サパーンタクシン・シェラトン船着き場発からシャトルボート

2. タラートロットファイシーナカリン

「鉄道夜市」として知られるナイトマーケット。レトロでアンティークな商品の取り扱いが多いことで有名です。タイだけでなく欧米のビンテージ品や、セカンドハンドの品物も多くあります。

タラートロットファイシーナカリン
  • 住所:Soi 51, Srinagarindra Rd., Bangkok 10250
  • アクセス:BTSウドムスック駅(Udom Suk)よりタクシーで約30分

3. JJグリーンナイトマーケット

木曜日から日曜日に開催されるJJグリーンナイトマーケットは、フリーマーケットとバーエリアに分かれています。建物内の各店舗では、中古の服や懐かしのLPレコード、古い車のミニチュアなどがぎっしりと並んでいます。

JJグリーンナイトマーケット
  • 住所:1 Kamphaeng Phet 3, Chatuchak, Bangkok

4. ART BOX

バンコクの若者に大人気のナイトマーケット、ART BOXは、移動式コンテナを利用して不定期で開催されています。「ART」の名前の通り、ディスプレーやレイアウトも他のマーケットとはどこか違った雰囲気があり、タイの「今」を感じることができます。

飲食店では、定番のタイ料理だけでなくタイ人に人気のお寿司や刺し身なども売られています。不定期開催で場所も変動するので、公式SNSを確認しましょう。

ART BOX
  • Facebook:https://www.facebook.com/Artboxthailand

バンコク旅行検索する

バンコクの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ