マレーシア観光情報

マレーシア旅行を検索する

DeNAトラベルが選ばれる理由

業界最大級の商品数

DeNAトラベルだけの
限定商品も充実しています。

コスパ抜群

格安商品が多数!
業界最安値に挑戦中です。

いつでも予約ができる

24時間予約が可能!
時間を気にせず探せます。

マレーシアの観光情報

マレー半島南部

マレー半島南部

世界遺産のマラッカや各地に散らばる古都など、この国の歴史に会いに行こう。経済都市シンガポールも目の前です。

見どころ

ババ・ニョニャ・ヘリテージ・ミュージアム

ババ・ニョニャ・ヘリテージ・ミュージアム

ババ・ニョニャとは、上流階級の中国人とマレー人の間に生まれた子孫の文化のこと。海上貿易によりこの地に入った中国人が生活習慣を程よく取り込み、独自に文化やライフスタイルを発展させてきました。

特にマラッカのスタイルは固有のものと言われ、当時の成功者たちが残した美術品や建築物は、一見の価値がある豪華なものばかり。じっくり見学するなら、ババ・ニョニャ・ヘリテージ・ミュージアムを訪れましょう。当時の邸宅を利用したホテルに泊まっても、その栄華に触れられますね。
忘れてはならないのが、ババ・ニョニャ料理。中華の見た目にスパイスの効いたエスニックな味わいが抜群です。おいしい文化融合の代表格ですね。

ポルトガル村

ポルトガル村

大航海時代、マレー半島もその影響を受けポルトガルに支配されていました。マラッカの東海岸には、その子孫が住む一画が今でも残ります。

この村の一番の目玉は、カトリック教徒たちが提供する新鮮なシーフードの屋台やレストラン。地元でも人気のグルメスポットとなっていて、アジアにいながらポルトガル料理が存分に楽しめます。エビ・カニ・魚・貝、さらにカブトガニの皿まで並びますが、売り切れ必死なのが激辛カレーのデビルカレー。海鮮料理ではないけれど、これは彼らの秘伝のレシピなんだとか。
味に自信がある店ほど客引きをしないそうなので、お店選びの参考に。海に沈む夕日を眺めながら、ポルトガル料理を味わうのもいいですね。

ジョホール・バル

ジョホール・バル

サッカー日本代表の歓喜の地でもあるジョホール・バルですが、ここはシンガポール国境であり、古くは王都であった街。19世紀に独自の国家を維持した歴史を、アブ・バカール博物館など当時の王宮を訪ねて見ることができます。

近年はシンガポール経由で訪れる街として知られ、その代表格とも言えるのが2012年にオープンしたレゴランド。おなじみブロックはもちろん、ウオーターパークやホテルなど巨大レジャー施設として人気を集めます。また市内は雰囲気抜群のおしゃれカフェが急増中で、シンガポールのビジネスマンが週末レジャーに選ぶことも多いそう。
シンガポール旅行に、国境を越える1日を追加して訪れても面白いでしょう。

ティオマン島

ティオマン島

マレー半島の東側は観光地化が緩やかで、特有の自然や文化がまだまだ色濃く残ります。沖合のティオマン島の見どころは、その海の美しさ。世界でも有数のダイビングスポットでもあり、水深30メートルでも見渡せるほどの透明度を誇ります。

滞在には、大型の高級ホテルやダイビングに最適なコテージが選べる他に、安いながらも十分な設備がそろう宿もあるので、とにかく海を楽しみたい人には一度訪れてほしい島です。この海に憧れ移り住んだ日本人が経営するダイビングショップもあるので、離島にもかかわらず困ったときの相談先があるのもうれしいですね。

世界遺産・自然遺産

マラッカ

マラッカ

「海のシルクロード」の中継地として古くから栄えた港町マラッカは、大航海時代以降はヨーロッパ列強の支配を受け続け、彼らのアジア進出拠点として、さまざまな様式を取り入れた豊かな街の表情をつくり出しました。中心地のオランダ広場には赤レンガ造りの建物が並び、朱色に染まった街並みは、世界遺産への登録もうなずけるほどです。

見逃せないスポットと言えば、博物館もあるスタダイス、撮影スポットして欠かせないサンチャゴ砦、日本に布教に訪れたフランシスコ・ザビエルの像がたつセントポール教会跡など。エリアをまたぐと違った国の風情に変わることも見逃せないポイントです。

その他の見どころ

  • カンポンフルモスク|
  • タマン・ミニ・マレーシア|
  • ガラスの寺|
  • チニ湖|
  • バトゥ・パハの旧日本人クラブ

マレー半島北部

マレー半島北部

古くから鉱山で栄えた街は東南アジアの現在進行形。避暑地の高原リゾートや世界最古の原生林へのエコツアーも大人気です。

見どころ

キャメロン・ハイランド

キャメロン・ハイランド

赤道近くに位置するマレーシアでも、過ごしやすい避暑地として親しまれるキャメロン・ハイランド。1500メートル以上の高地にあるため、年間を通して気温が20度前後と快適に過ごせるエリアです。19世紀にイギリス人調査官が訪れて以降開発されたこの高原リゾートは、野菜や果物、さらに紅茶の栽培でも有名な地。イギリス風の別荘も数多く点在します。

中心地のタナー・ラタやブリンチャンには、高級リゾートホテルが集まります。長期滞在者向けのロッジやコテージを選ぶのも良いでしょう。ここを拠点に、果物狩りやフォレストトレッキングへと出掛けませんか。

タマンネガラ国立公園

タマンネガラ国立公園

パハン州・クランタン州・トレンガヌ州にまたがる広大なジャングル。1億年以上前からの原生林とも言われ、250種以上の動物や300万種以上の昆虫が生息しています。この大自然は森をアクティブに楽しむための、開催されるさまざまなツアーへとエントリーしてみましょう。

朝早くから出発するジャングルトレッキングは、時にボートを駆使する本格的な冒険旅行。夜行性植物を観察しに行くナイトウオークもおすすめです。野生動物たちに会いたいなら、公園内の観察小屋ブンブンを利用しましょう。自然のままのサルやトラ、大型トカゲなどに出会えます。
他にも釣りやキャンプ、ラフティングなどのアクティビティが楽しめます。

イポー

イポー

19世紀以降の鉱山開発により、急速に富を得たイポー。効果は絶大で、旧市街地には駅舎を始めとする、多くのコロニアル調の建物を生み出しました。郊外には、石灰岩の洞窟を利用した仏教寺院が点在し、中でもサンポトン寺院などは国内でも有名なパワースポットです。

滞在に最適な新市街では、グルメとアートを楽しみましょう。特に水がきれいと言われ、おいしく育ったもやし料理が評判です。マレーシア全土に展開するホワイトコーヒーの本店がこの街にあるのも、水のきれいさの象徴と言えるでしょう。
あちこちの建物に描かれた巨大な壁画には、生き生きとしたイポーの人たちの表情が描かれ、この街のにぎやかさを表しています。

パンコール島

パンコール島

マレー半島西の沖合にあるパンコール島は、何よりもエメラルドグリーンの海と豊かな自然が特徴。北部のテロ・ベランガにあるゴールデン・サンド・ビーチと、南部のパジール・ボカクから見る夕日は、休日には対岸からわざわざ渡ってくる人もいるほどの美しさを誇ります。静かな漁村の風景とゆったりした時間の流れが、忙しい日常を忘れさせてくれます。

向き合うパンコールラウ島は、マレーシアを代表する最高級リゾートのパンコールラウリゾートが唯一入っている島。そのため完全なプライベート空間で、滞在者だけがその自然を味わえます。世界のビーチ100選に選ばれたエメラルドベイは、世界のセレブも感動するほどだとか。

レダン島

レダン島

マレーシア離島リゾートでも、最注目物件のレダン島。8つの無人島とサンゴ礁が囲む海域が広がり、特にビーチの透明度とホワイトサンドの砂浜は、マレーシア屈指の美しさと言われます。
島の周辺は海洋保護区に指定されていて、遊泳可能エリアにはダイビングなどのマリンアクティビティを目的に多くのダイバーが訪れます。ジンベイザメ、バラクーダなど大物と出会えるビッグマウント、サンゴが広がるリマ島などの主要スポットへ、ボートで行くのがこの島のスタイルです。

注意したいのがオフシーズンの雨季。環境保護を目的に、リゾートはすべてクローズします。きれいな海を守るためにも、渡航時期はしっかりチェックしましょう。

世界遺産・自然遺産

レンゴン渓谷の考古遺産

レンゴン渓谷の考古遺産

レンゴン渓谷の考古遺産は、200万年にも及ぶ世界最長級の初期人類遺跡群です。武器や壁画などの出土物はアフリカ以外では最古のひとつと言われ、また保存状態も非常に良いとされています。

旧石器時代の道具の製造場などの考古学的に価値の高い遺跡も多く、また東南アジアで最古の完全な人骨も発見された、貴重な考古遺産として世界に紹介されています。原人の骨や出土物は、レンゴン考古学博物館で展示されています。
この遺跡へはイポーからは車で約2時間、クアラルンプールからは車で約3時間の距離にあるので、主要都市からも日帰りで訪れることが十分に可能です。

その他の見どころ

  • シャー・アラム|
  • クアラ・セランゴール|
  • セレンバン|
  • コタ・バル|
  • タイピン

ボルネオ島

ボルネオ島

多様な生態の潜む熱帯雨林の入り口はこちら。不思議な動植物が待つ世界遺産をネイチャーガイドと探検!

見どころ

サバ州立博物館&遺産村

サバ州立博物館&遺産村

ボルネオ島にあるサバ州は30以上の民族が暮らしていると言われていますが、民族の伝統について知りたいならば、サバ州立博物館を訪れるのがおすすめです。熱帯雨林を生き抜いてきた民族を、ボルネオ島らしいその衣装や工芸品を通じて紹介しています。

特に目を引く展示が、ほんの100年前まで存在した首狩り族の歴史。武器や生活習慣の展示はリアリティーにあふれ、その迫力に目を奪われます。近くには伝統家屋を再現した遺産村も点在していて、こちらでは当時の生活や伝統の演奏やダンスの再現も行われているので、昔の生活をのぞいてみても面白いですね。

リバーサファリ

リバーサファリ

マングローブが生い茂るジャングルを、ボートに乗って冒険しましょう! 車で2時間ほどの距離にあるガラマ川でのリバーサファリは、ボルネオの自然を実体験できるアクティビティ。ジャングルの動物たちとの出会いが待つ、野性味あふれるツアーです。

木々のてっぺんに連なる固有種のテングザル、わが物顔で横切るワニ、ジャングルを飛び回るオオコウモリと、これぞジャングル! これぞ熱帯雨林! な風景が行き過ぎます。ツアーの終わりに見る、夕日にたたずむテングザルの姿は、まるで森の哲学者。歩き回らずに済むので、家族連れでぜひ体験してほしいサファリです。

「ネコの街」クチン

「ネコの街」クチン

東マレーシアの玄関と言われるクチンですが、この街はシンボルがネコであることでも世界的に有名ニャのです。その理由はクチンが「ネコ」の意味であることのようですが、街のあちこちで見かけるネコのモニュメントが、アジアな風景と妙にマッチしているのは気のせいニャのでしょうか?

中でも訪れなければニャらないのが、市庁舎内に設置された「ネコ博物館」。世界なら集まったネコの中には、日本代表として招き猫やアニメの世界からやってきたネコまでそろい、まさにネコの大行進。毎年8月の第1土曜日には、ネコの仮装パレード「ネコまつり」も開催されていて、ネコが好きな人なら行かない理由が無い街ニャのでした。

世界遺産・自然遺産

グヌン・ムル国立公園

グヌン・ムル国立公園

世界遺産のグヌン・ムル国立公園は、ボルネオ島北部のムル山域に広がり、はるか昔につくり出されたカルスト地形の大洞窟や不思議な地底世界が大きな見どころ。100以上の洞窟が発見され、その中でも大きな4つの洞窟を実際に探検できます。

世界最大級の地下空洞「サラワク・チャンバー」は、ジャンボジェットが40機も納まる大きさ。「クリアーウォーターケイブ」では澄んだ水が、全長107キロをとめどなく流れます。「ディア・ケイブ」には300万匹ものコウモリの潜み、夕方にエサを求め一斉に飛び立つ姿はドラゴンダンスと例えられます。
独自の進化を遂げた生物も多く、この貴重な自然に実際に触れられるのも大きな見どころです。

キナバル自然公園

キナバル自然公園

世界遺産のキナバル自然公園は、富士山よりも高い標高4095メートルのキナバル山を中心とした国立公園。特有の動植物が多く発見される、多種多様な動植物たちの楽園です。

直径1メートルもある「世界最大の花」ラフレシアや食虫植物オオウツボカズラ、絶滅の恐れもあるオランウータンなどが待つ森へは、数多くのツアーが設定されています。日帰りのものから2泊3日で山頂を目指すものまでありますが、登山道は整備されていてガイド同行も義務づけられているので、登山経験が無くても参加は比較的容易と言えるでしょう。周辺に滞在して、オランウータンの保護施設を訪ねるのもおすすめです。

マレーシアの名物グルメ

ナシゴレン

ナシゴレン

ナシゴレンはマレーシアの定番屋台メニューで、ピリ辛風焼き飯です。
日本でもアジア系料理の店で提供する場所が増えてきたので、有名で人気のあるメニューのひとつ。
オイスターソースや唐辛子、ニンニクなどでしっかり味を付けて炒めたご飯に、目玉焼きを崩しながら混ぜて食べるのがおすすめ。シーフードの入ったものがよく見られます。
マレー語でナシは「米」、ゴレンは「炒める・揚げる」の意味があります。

ご飯ではなく麺を炒めたタイプのメニューにミーゴレンがあります。

ラクサ

ラクサ

ラクサはマレーシアを代表とするスープ麺料理です。
香辛料の効いた東南アジアの麺料理がベースですが、地方によってレシピが異なるためスープも麺も違う各地方別ラクサが食べられます。
ココナッツミルクの入ったニョニャラクサや、魚の身が入った酸味のあるスープにうどんに似た麺の入ったペナンラクサなどバラエティ豊か。
ラクサ専門店もあるので、食べ比べてお好きなレシピを探すこともできます。

マレーシアの人気のお土産

バティック製品

バティック製品

バティックはろうけつ染めの手法で染められたマレーシア独特の布製品です。
松脂を溶かしたろうを流し込んで絵柄を描き染め付けているバティック製品には、パレオなどの衣料やテーブルクロス、写真立てなど色々な種類があります。
値段は商品によって変わりますが、ハンカチなどの小物は安価で手に入れられます。
クアラルンプールのセントラルマーケットなどでも手に入れられ、気軽なお土産に最適です。

ピューター製品

ピューター製品

ピューター製品は錫(すず)を主成分とする合金の加工製品で、世界有数の錫の産出国マレーシアならではの名産品です。すずは熱伝導率が高いため、冷たい飲み物を注ぐと冷たさがキープされやすいと言われており、ビアマグなどが人気です。少々値が張る場合もあるため、特別な人へのお土産としてもよいかもしれません。
シルバーとはまた違った趣があり、マレーシアらしさいっぱいのお土産です。

マレーシアの主要都市からツアーを探す

クアラルンプール

クアラルンプール

日本からの弾丸旅行でも楽しめる、お手軽な買い物と食がてんこ盛りの大都市、クアラルンプール。ブキッ・ビンタン通りにはショッピングセンターがいくつも集まり、世界のハイブランドから地元のこまごまとしたブランドショップ、さらに取り巻くようにローカルフードの屋台と、昼夜を問わず観光客や地元の人であふれています。

他にも、日本でもおなじみの店舗が入るペトロナスツインタワーや、アジアではおなじみのチャイナタウンなど、お買い物スポットが盛りだくさん。
郊外にはバトゥ洞窟やセレンバンなどの観光スポットも多く、少し休暇が取れたときのおすすめ海外旅行先です!

格安航空券+ホテルを検索

クチン(ボルネオ島)

クチン(ボルネオ島)

東マレーシアの玄関口は、ボルネオの多くの原住民族と海を越えてきたマレー人や華人たちが築いたメトロポリス。19世紀にイギリス人が王の地位を贈られたことで、イスラムと西洋が混合した特徴的な街並みをかたちづくっています。
現在は世界遺産の森への入り口として、絶滅危惧種が待つ国立公園への出発地となっています。

一説によれば、クチンとは「ネコ」という意味なのだとか。そのためでしょうか、街を歩けばネコのモニュメントがあちこちゴロゴロ、道を進めば市庁舎内の「ネコ博物館」へと到着。ここには世界のネコが集まっているから、日本人がよく知るあのネコたちもお出迎えします。

格安航空券+ホテルを検索

コタキナバル(ボルネオ島)

コタキナバル(ボルネオ島)

ボルネオ島の世界遺産「キナバル自然公園」を望むコタキナバルは、美しいリゾートシティー。50万人を超える大都市としての表情の中に、整備された街並みやモスクが醸し出す静寂をのぞかせます。沖には透明度の高い東南アジアの海が広がり、いくつもの高級ホテルが建つウオーターリゾートとして開発されています。

当地を拠点に目指すなら、キナバル自然公園。東南アジアの最高峰キナバル山へは、ツアー利用がおすすめです。世界最大の花ラフレシアをはじめ、多くの希少種、絶滅危惧種の動植物と出会う原始密林の旅が待っています。

格安航空券+ホテルを検索

ペナン

ペナン

「東洋の真珠」と呼ばれツーリストに絶大な人気を誇る、マレーシアきってのリゾートアイランド。老舗の高級リゾートホテルからバックパッカー御用達のドミトリーまで、旅人ならどんな人でも受け入れそうな懐の深さを感じさせます。

もともとはイギリスがマレーシアで最初に入植した土地で、東洋と西洋が交じり合う独特な文化が「マラッカ海峡の歴史的都市群」として、世界遺産に登録されています。中でもジョージタウンは見どころ満載、異国情緒にあふれていて、ペナン・ヒルから眺める街並みは納得の美しさです。

格安航空券+ホテルを検索

ランカウイ

ランカウイ

ペナン島と並んで人気の、世界が注目する最新リゾート。マレー半島随一の透明度の海を抱えるパヤ島など、ユネスコがジオパークに登録する豊かな自然が残されています。また北部に広がるマングローブの森は、まさに原始の森の表情そのもの。

20世紀末から開発された高級リゾートの数々は、世界的にも有名なスパを持ち合わせるホテルも多く、女子力磨きに訪れる人も多いのだとか。この島に残る悲運の妃の伝説も、女子のハートをわしづかみする理由に十分ですね。
島全体が免税地でもあり、思いっきりぜいたくしたい人にもおすすめしたい滞在先です。

格安航空券+ホテルを検索

マレーシアの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ