海外航空券/格安航空券  >  海外旅行  >  アジア旅行  >  マレーシア  >  ランカウイ格安旅行の特価セール!

ランカウイ旅行ならDeNAトラベルにおまかせください。ランカウイの観光、グルメ、ショッピング、ホテル情報など、旅行におすすめの情報が満載!

ランカウイ 旅行に便利なお役立ち情報が満載!あなたはどんな旅をする?

ランカウイ行きの旅行を探す

ランカウイの観光情報

見どころ

パヤ島

国立海洋公園に指定されているパヤ島は、マレー半島西海岸一の透明度を誇る青く澄み渡った海で知られます。サンゴ礁やトロピカルフィッシュに触れることができるシュノーケリング、ダイビングが人気です。

ランカウイから高速フェリーで1時間ほどの距離にあるため、日帰りでOK。時期によっては非常に込み合うので、日本出発前にご確認を。

オリエンタル・ビレッジ

入場無料のアミューズメントパーク。エレファント・ライドやフィッシュ・セラピー、3Dシアター、レストランや土産物店が並び、地元のファミリー層にも人気です。

観光の目玉ランカウイ・ケーブルカーは、パーク内の乗り場からどうぞ。約20分かけて海抜700mの山頂まで上昇し、ランカウイ島を360度のパノラマで見渡せます。

ジオフォレストパーク

ランカウイ島は2007年、ユネスコの地質遺産(ジオパーク)に登録されました。地質の世界遺産といわれるジオパークの認定は東南アジアで初となります。

ランカウイのジオパークは島北西部一帯のマチンチャン・カンブリアン・ジオフォレストパーク、島東側一帯のキリム・カルスト・ジオフォレストパーク、ランカウイ島の南ダヤン・ブンティン島南部とトゥバ島の中央部にあるダヤン・ブンティン・マーブル・ジオフォレストパークの3つ。

オリエンタルビレッジ内のジオパーク・インフォメーションセンターでは溶岩や鉱物の展示、パンフレットの配布が行われています。

マスリの墓

ランカウイ島の王子と結婚したものの、夫の留守中に不貞の疑惑をかけられ処刑されたマスリという女性のお墓。
マスリは死の間際、白い血を流して身の潔白を証明し、7代にわたって災厄が起こるよう島を呪ったという伝説が残されています。

敷地内に「顔を洗うと10歳若返る」といわれる井戸があり、観光スポットとして人気です。

グルメ情報

ランカウイのグルメ情報

マレー料理、中国料理、タイ料理が主流。海辺の町らしく、どのお店もシーフードメニューが豊富です。

価格も手ごろで日本語メニューを置いている店もあり、気軽に利用できます。クア・タウンの屋台は朝から営業しているところも多く、朝食にぴったり。

パンタイ・チェナンとパンタイ・テンガーのビーチ沿いには、水着のまま入れるお店もあります。

ショッピング情報

ランカウイのショッピング情報

ランカウイは、島全体がデューティー・フリーというショッピングのパラダイス。アルコールやタバコ、香水といった免税店の定番品から、電化製品や自動車まですべて免税になります。

特産品はバティックやピューター(錫)製品が有名でしたが、最近、ランカウイ土産として注目を集めているのが、ガマ(ナマコ)製品。ガマ石鹸をはじめ、オイルやクリームなど、ナマコを使ったスキンケア製品が人気だとか。

ホテル情報

ランカウイのホテル情報

せっかくのバカンス、「リゾート気分を満喫したい」という方には、島北西部のダタイ・ベイか北東部のタンジュン・ルーのホテルがおすすめ。

真っ白なビーチと豊かな緑に囲まれた高級リゾートホテルは、プライベートビーチやゴルフ場、スパといった施設が充実。ゆったり贅沢な時間を味わえます。

便利さ&機能性重視ならランカウイ島中心部のクア・タウン、観光客が集まるパンタイ・チェナンかパンタイ・テンガーへどうぞ。
手ごろな料金のビジネスホテルやゲストハウス、バックパッカー御用達の宿もあります。

ランカウイの旅行特集を探す

ランカウイの基本情報

アンダマン海に浮かぶリゾートアイランド、ランカウイ島。
ショッピングがすべて免税となるため、マレーシア国内の地域から訪れる人も多く、今やペナンに並ぶマレーシア随一のリゾート地となりました。

マングローブ樹林、東南アジア初の地質遺産に登録されたジオフォレストパークなど、豊かな自然が手つかずのまま残されている点が最大の魅力。
クルージングやマリンスポーツなどのアクティビティも楽しめます。

都市名 ランカウイ
言語 国語はマレー語。英語も通用する、その他中国語、タミル語。
通貨 マレーシア・リンギット(RM)
時差 マイナス1時間
飛行時間 乗継便で9時間30分以上
主なルート 飛行機の乗継便でランカウイ国際空港へ
最寄りの空港 ランカウイ国際空港

ランカウイの交通事情

ランカウイの交通事情

タクシー

タクシー乗り場から利用するか、チャーターすること。チャーターの場合、4時間でRM120から180程度です。

レンタカー

空港、ホテル、フェリー乗り場、レンタカーショップで手配可能。自分で運転する場合は、国際運転免許証が必要となるので要注意。

レンタサイクル、レンタバイク

ホテルによっては自転車の貸出しを行っています。パンタイ・チェナンやパンタイ・テンガーにはバイクや自転車のレンタルショップがあります。

ランカウイ国際空港から市内までのアクセス

タクシー

パンタイ・チェナン、パンタイ・テンガー地区なら約20分、ダタイベイへは約50分、タンジュンルー地区へは約30分で到着します。空港ロビーにあるカウンターでタクシークーポンを購入して、利用します。

ホテル送迎バス

ホテルによっては空港までの送迎を行っているところもあるので、あらかじめ確認を。

マレーシアの主要都市を探す

マレーシアの近隣の国を探す

DeNAトラベルのお得な海外旅行を探す

おすすめ旅行情報

エリアから海外旅行情報を探す

  • アジア
  • ヨーロッパ
  • 中米・カリブ
  • 北米
  • 南米
  • ミクロネシア
  • オセアニア
  • アフリカ
  • 中近東
ページトップへ