フランス旅行

フランスのナントを観光。華やかなアートと歴史の都市

フランスのナントは芸術の街、ワインの産地、ブルターニュ公国の歴史を誇る街など多くの魅力ある顔を持っています。街中にはブルターニュ侯爵城、ナント大聖堂、ナント美術館などの観光スポットが点在し、散策に飽きることがありません。

フランスのナントは、ヨーロッパでも人気の街

ブルターニュ半島南東部にあるナントは、ヨーロッパでは大変人気のある都市です。2016年には「旅行者が選ぶヨーロッパ最高の街ランキング」で第4位にランクインしています。ここではナントの魅力やおすすめのスポットをご紹介していきます。

ナントってどんな街?

ナントはフランスの北西部ロワール地方にある都市で、パリからTGVで約2時間半の距離です。街中の建物は真っ白な壁とグレーの屋根が統一感を醸し出し、美しい街並みを目当てに世界中から多くの観光客が訪れています。ブルターニュ公国の古い歴史の面影を残しながらも、現代アートや芸術も堪能できる街として注目を集めています。

ナントの観光スポット

1.ブルターニュ侯爵城

ナントの旧市街に位置する「ブルターニュ侯爵城」は、かつてのブルターニュ公の居城として知られています。かつては500メートルもの城壁に囲まれた要塞としての役割を果たし、一方内部はゴシック様式やルネサンス様式の融合した建築が今も残る貴重な建物です。

中には、ナント歴史博物館が併設されていて、ブルターニュ公国やナント都市開発の歴史などを学べます。

ブルターニュ侯爵城
  • 【住所】4 Place Marc Elder, 44000 Nantes
  • 【アクセス】トラム「デュシェス アンヌ」下車徒歩約1分

2.ナント大聖堂

1434年から1891年まで約450年以上もの長い年月をかけて完成したナント大聖堂は、正式名称を「ナント・サン・ピエール・サン・ポール大聖堂」と言います。真っ白に輝く美しい教会は、フランスの文化遺産として保護されています。内部にはかつてのブルターニュ公フランソワ2世の墓があり、豪華なステンドグラスは見るものを圧倒する美しさです。

ナント大聖堂
  • 【住所】Place Saint Pierre, 44000 Nantes
  • 【アクセス】トラム「デュシェス アンヌ」下車徒歩7分

3.ナント美術館

1804年に創設された歴史ある美術館には、13世紀中世から現代までのフランス絵画以外にも、現代作品などまで数多くの作品を収蔵しています。中でも、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの傑作3点やクールベ、シャガールなどのコレクションが有名です。2014年から行われている改修はまもなく終わり、コレクションも一堂にそろいます。

ナント美術館
  • 【住所】10 Rue Georges Clemenceau 44000 Nantes
  • 【アクセス】ナント駅から徒歩約6分

ナントで泊まりたいホテル

ナントを訪れたら宿泊先としておすすめのホテル「ラディソン ブル ホテル ナント」。かつて裁判所として使用されていた建物を改築してできた4つ星ホテルです。豪華で風格のある外観やネオクラシカルな内観、スタッフのサービスの良さなどから旅行者に人気のホテルです。開催される音楽会やイベントも見逃せません。

ラディソン ブル ホテル ナント(Radisson BLU Hotel Nantes)
  • 【住所】6 place Aristide Briand, 44000, Nantes, France
  • 【アクセス】ナント駅から車で約10分

ナントのお土産はコレ

ナントがあるロワール河流域は、ぶどうの栽培が盛んな地域です。特にミュスカデという白ワインの生産地として世界的に知られています。ミュスカデは果実味のあるフレッシュな味が特徴で、花の香りを楽しめる辛口の白ワインです。ワイン好きの人には喜ばれるお土産となるでしょう。

ロワール地方を代表する美しい街

ロワール地方には美しい田園風景に古城も多く残されていますが、ナントもその一つで、芸術や文化、歴史を体感できる貴重な街です。周辺の街も一緒に訪れることで、さらにロワールの魅力を感じてみてはいかがでしょう。

※本記事は2017年3月時点の情報です

フランス旅行を探す

更新日:2018/10/23

フランス旅行を検索する

フランスの海外旅行情報と格安航空券情報

ページトップへ